2018年12月24日 (月)

冬休み

2562
旭川空港

昨年夏、7月中旬から8月いっぱいまで拙ブログを夏休みさせて頂きましたが、今度は明日から1月いっぱい冬休みさせて頂く事にしました。再開は2月1日からの予定です。

今年は自然災害、事故等が非常に多い年でした。来年は少しでも自然災害の被害に遭わない事を願います。

ニュースで日本の原発輸出事業が頓挫している事が報じられていました。中止を余儀なくされた日立製作所が記者会見をしていましたが、福島の事故による日本の原発事業に対し、世界各国から不安視された事も頓挫の理由のひとつだとか。

安倍政権の最優先事項、「原発輸出事業が日本の成長戦略の基幹」が、世界各国からの開発中止、若しくは頓挫している事実をニュース番組で見て、個人的には良かったと思います。

以前ご紹介した池上彰さんの著書を読んで、つくづく原発は人類のためにならない事を感じています。拙ブログでは政治の事についてはあまり触れないようにしていますが、原発に関しては別です。

それでは少し早いですが、どうぞ皆様良いお年をお迎えくださいませ。本年も拙ブログ、お世話になりました。ありがとうございます。

2018年12月23日 (日)

政府専用機

2552
航空自衛隊 B747-400(20-1101)

羽田で撮影していると、政府専用機を時々見る機会があります。

2553

一度など自分が北海道に向かう際、離れた場所に駐機している飛行機までバスで送られた事があり、途中で政府専用機2機の横を通過した事があります。

その日は安倍総理がアメリカに飛ぶ日だったのです。

2554

来年3月で現在の政府専用機 B747は2機とも役目を終えます。約25年もの長い間世界の空を飛んでいた事になりますが、B747さん、お疲れ様でした。

2555

羽田第2ターミナルに東京オリンピックを見据えて現在国際線ターミナルが増設中です。第1ターミナル真向かいに国際線専用ターミナルは在りますが、オリンピック開催中は国際線を増便するそうで、そうなると現在の国際線ターミナルだけでは受け入れが間に合わなくなるのでしょうね。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2018年12月22日 (土)

ドラミング

2546
エゾオオアカゲラ♀(キツツキ目キツツキ科)

昨年五月、二年越しでようやくオオアカゲラを撮影出来て喜んだものの、その後はまったく出遭う事がありませんでした。

2547

それが今回、また出遭えたのです。嬉しい!

2548

場所は旭川の公園です。お友だちはもう何度も遭遇しているのですが、私は今回これが三度目の遭遇。

2549

で、こちらは翌日、別の場所でまたまたオオアカゲラに遭遇。滅多に見られなかったオオアカゲラに二日続きで出遭えるなんて・・・。

2550

そう言えばチョウゲンボウも過去一度も遭遇する事がなかったのに、先月都内の公園で出遭った直後、今度は神奈川県で遭遇するという、不思議なものです。

このオオアカゲラは♀でした。前日(冒頭からの3枚)も♀でしたが、昨年五月は♂だったので、これでオオアカゲラの雌雄を見る事が出来ました。

2551

公園を散策中のひとコマ。白い帽子をかぶったような様子が面白かったので。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2018年12月21日 (金)

北の鉄道

2540
函館本線・特急ライラック(札幌行き)

北の大地で、鉄道写真を少しやってみました。

2541

この色は綺麗ですねぇ・・・。

オリジナルを等倍で見ると、乗客の顔までハッキリ写っていました。

2537
函館本線(滝川行き)

運転士さんが私を見ています。

「このクソ寒い中、物好きもいるものだ」と、思われていたのかも。(爆)

2538
函館本線・JR貨物DF200形ディーゼル機関車

下り線を貨物列車(RED BEAR)が通過して行きました。

2539

トンネルに入って行きます。

この貨物列車は初めて見ました。ラッキーです!

2542

2543

以上2枚、宗谷本線(名寄行き)です。

2544

2545

以上2枚、富良野線(旭川行き)です。

Canon EOS 5D Mark IV
SONY α7R III(富良野線)
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2018年12月20日 (木)

Swan

2531
オオハクチョウ(カモ目カモ科)

春、数万羽のオナガガモがシベリア方面へ帰る前に羽を休めていたところでの撮影です。

八ヶ月ぶりの訪問になります。

2532

北海道各地の河川や湖沼には越冬のため、ロシア北部から沢山のハクチョウがやって来ますが、こちらもこれから更に増えて来ます。

2533

隊列の後方に幼鳥の姿も見えますね。

2534

オオハクチョウの羽ばたき音は大きいです。

2535
オジロワシ(タカ目タカ科)

カモを狙ってオジロワシがやって来ました。高いところから獲物を物色。

カモたちが大慌てでこの場から逃げ出したので、オジロワシの存在に気が付いたのです。

2536

ふわっと飛び出した瞬間をタイミング良く撮影出来、ラッキーです。少しトリミングしています。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2018年12月19日 (水)

美瑛雪化粧

2525

美瑛の丘、春夏秋もそれぞれ良いですけど、自分はやはり雪化粧された美瑛が一番好きです。

2526

お馴染みのケンとメリーの木。朝、9時過ぎの撮影です。

2527

そしてこちらはもう説明不要、前田真三さんの作品で何度も登場する美馬牛小学校。

2528

遠くに見える小屋、これは私にとって定番の被写体。美瑛の丘を訪れると必ず撮影しています。

2529

富良野線の線路です。

2530

晴れたり曇ったり。美瑛の丘もお天気がコロコロ変わります。

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2018年12月18日 (火)

海ワシの飛翔

2519
オオワシ(タカ目タカ科)

ここら辺りではワシたちの飛翔シーンを撮り放題。(^^)

2520

頭上近くを飛んで来る時もあれば、離れたところを飛んでいる様子も撮影出来ます。

2521

撮影時間は日帰りのため一時間ほどでしたが、到着時は青空も見えていました。しかし、間も無く雪に変わり、帰る時はまた結構強く降って来ました。

冬の北海道はお天気が短時間でコロコロ変わりますね。

2522
オジロワシ(タカ目タカ科)

少し離れたところをオジロワシ成鳥が飛んで来ました。

2523

こちらは成鳥に近い幼鳥だと思います。

少しピントが甘いです。たまたま後ろを振り返った時に私めがけて飛んで来るような感じで、慌ててレンズを向けて撮影したのですが・・・。この次のカットはもう翼が画角からはみ出しています。

そのくらい低空だったという事です。と言うより、ワシたちは皆低空飛行でした。それとレンズがテレ端になっていましたので。

2524

このオオワシの枝止まりが最後の撮影です。撮影距離20mくらいだったでしょうか。空間のあちこちに小さな点が見えますが、センサーのゴミではありません、雪です。(笑)

ところで昨日の写真四枚目、オオワシがサケを掴んでいる事に気が付きましたでしょうか?

ちなみにオオワシは国の天然記念物に指定されています。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

«ワシのなる木