2022年1月27日 (木)

ベートーヴェン/歌劇「フィデリオ」

6205

ベートーヴェン/歌劇「フィデリオ」全曲

レオノーレ(フィデリオ): クリスタ・ルートヴィヒ(ソプラノ)
フロレスタン : ジェイムズ・キング(テノール)
ドン・ピツァロ : グスタフ・ナイトリンガー(バス)
ロッコ : ヨーゼフ・グラインドル(バス)
マルツェリーネ : リザ・オットー(ソプラノ)
ヤキーノ : ドナルド・グローブ(テノール)
ドン・フェルナンド : ウィリアム・ドゥリー(バス)

カール・ベーム 指揮
ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団・合唱団

録音 : 1963年10月29日、日生劇場でのライヴ録音

ポニーキャニオン PCCL-00060(初出CD)

ベートーヴェン唯一のオペラ、「フィデリオ」は失敗作という評価を下す評論家がいらしたそうですが、私にとってはオペラ入門となった思い出深い作品です。言語はドイツ語ですから勿論分かりませんが、対訳を見ながら繰り返し聴いていましたので、今は言葉は分からなくても歌っている歌詞の内容は頭に入っています。

このベームのライヴ録音は本年1月7日の記事で採り上げた第九交響曲のライヴと同じく、日生劇場の柿落とし公演の演目です。もうひとつ、モーツァルトの「フィガロの結婚」も発売されていて所持しているのですが、まだそちらは聴いておりません。(^^;

さて、こちらのキャストは一線級の歌手が揃っている事と、ベームのメリハリのある緩急とダイナミクスによる指揮ぶりで、大変素晴らしい演奏となっています。であるのに、私はCD購入後ずっとほったらかしにしていたのですから情け無いですね。

声の全盛期とも思われるルートヴィヒのタイトルロールが見事な歌唱で、聴き惚れてしまいます。ハマり役とも思えるジェイムズ・キングのフロレスタンも素晴らしいです。

グスタフ・ナイトリンガーとヨーゼフ・グラインドルはバイロイト音楽祭では欠かせない歌手で、私も残されたいろいろなレコード、CDで感銘を受けて来ました。勿論ここでも憎々しいピツァロをナイトリンガーが、逆に憎めないキャラクターのロッコをグラインドルが素晴らしい歌唱を聴かせてくれます。

ヤキーノを歌っているドナルド・グローブはマゼールの英DECCA盤でも同じ役を担当しているので、私にはもうお馴染みの声です。リザ・オットーのマルツェリーネもそつがなく、この「フィデリオ」を聴いた(見た)日生劇場の聴衆の方たちが羨ましいです。

6206

ベートーヴェン/歌劇「フィデリオ」全曲

レオノーレ(フィデリオ) : エヴァ・マルトン(ソプラノ)
フロレスタン : ジェイムズ・キング(テノール)
ドン・ピツァロ : テオ・アダム(バス)
ロッコ : オーゲ・ハウグランド(バス)
マルツェリーネ : リリアン・ワトソン(ソプラノ)
ヤキーノ : トマス・モーザー(テノール)
ドン・フェルナンド : トム・クラウセ(バリトン)

ロリン・マゼール 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン国立歌劇場合唱団

録音 : 1983年8月5日、ザルツブルク祝祭大劇場でのライヴ録音

独Orfeo D'Or C 908 152 I(CD)

マゼールが指揮する英DECCA録音の「フィデリオ」でオペラ入門しましたので、マゼールの「フィデリオ」には格別の思い出がある事は以前申しております。ですから、ザルツブルク音楽祭でのライヴ録音によるこのCDを見つけた時は嬉しかったですね。即、ポチりました。(^^)

歌手陣で興味深いのは英DECCA盤で敵役のドン・ピツァロを歌っていたトム・クラウセが、ここではフロレスタンの窮地を助ける友人、ドン・フェルナンドを歌っている事。まぁ、こうした配役は映画でもある事ですが。

マゼールの指揮はここでもきびきびとしたテンポで歌手陣とオケを引っ張っています。やはりマゼールの「フィデリオ」は聴き応えがあります。ベームに決して負けていません。

レオノーレを歌っているのはエヴァ・マルトン。全盛期が短かった歌手というイメージがあるのですが、やや劇的な歌唱を求められるレオノーレには向いていると思います。

フロレスタンはここでもジェイムズ・キングが歌っていて、見事なフロレスタンです。ジェイムズ・キングはベームのスタジオ録音(独グラモフォン)でもフロレスタンを担当しておりますので、ジェイムズ・キングの全盛期にはフロレスタンで彼を超える歌唱を聴かせる歌手がいなかったのかもしれませんね。

この一年の間に、NHK-BSでヨーロッパの歌劇場で上演された「フィデリオ」が二本、放送されました。そのうちの一本では映画「OO7/スペクター」と最新作でブロフェルドを演じていたクリストフ・ヴァルツが演出を担当していた事にビックリ。常時、ステージ全体に造られた階段状の上で演じられており、演出としては違和感大でしたが。

ちなみに「フィデリオ」はジングシュピールと言われる形式で作曲されたオペラで、セリフと歌で劇が進んで行きます。是非一度、お聴きになってみてください。

2022年1月25日 (火)

バックハウスのモーツァルト

6204

6203

モーツァルト
SIDE 1
ピアノ・ソナタ第12番 ヘ長調 K.332
ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330

SIDE 2
ピアノ・ソナタ第4番 変ホ長調 K.282
ピアノ・ソナタ第5番 ト長調 K.283
ピアノのためのロンド イ短調 K.511

ヴィルヘルム・バックハウス(ピアノ)

録音 : 1961年10月(SIDE 1)1966年11月(SIDE 2)

米LONDON CS 6534(英DECCAプレス ED2相当)

バックハウスと言えば、ベートーヴェン弾きとして名を馳せておりますが、私はベートーヴェンは当然の事としてモーツァルト演奏も大好きで良く聴いております。

第27番のレコードにカップリングされているK.331の「トルコ行進曲付き」は、過去聴いて来たあらゆる演奏の中でも一番のお気に入りです。

第10番はマリア・ジョアン・ピリスの演奏を好んで聴いているのですが、バックハウスの演奏もなかなかの名演です。出だしのところ、まるで様子を窺う感じで入る解釈がユニークで、徐々に調子が出て来るような演奏なのです。こういう演奏は現代のピアニストには考えられない解釈だと思います。

そういった独特な解釈はベートーヴェンでも聴く事が出来るわけですが、往年の名ピアニストはバックハウスに限らずそれぞれ個性を持っていて、そこが現代のピアニストと大きく違うところだと思っています。

現代の若いピアニスト、テクニックは素晴らしいものをお持ちですが、失礼ながらただ譜面を機械的になぞっているだけに聞こえたりします。聴いていて上手いなぁ・・・とは思いますが、感動はしないのですよねぇ・・・。

尚、私所有のレコードは米LONDONレーベルですが、プレス、ジャケット共々英DECCA制作です。ジャケットはヨーロッパレーベル特有の薄いペラジャケットで、オリジナルの英DECCA盤とは「DECCA」か「LONDON」か、商標の違いとレコードレーベルだけになります。

英DECCAのオリジナル盤はED2ですから、この米LONDONレーベルも盤自体は同一になります。盤は同じでも、商標が違うだけで中古市場価格は天と地ほどの違いがありますけど。

個性的で味のあるバックハウスのモーツァルトを今日はご紹介させて頂きました。

2022年1月24日 (月)

極寒に咲く

6198
ソシンロウバイ(素心蝋梅)

寒い日々が続いておりますが、

6199
ソシンロウバイ(素心蝋梅)

春に向けて、少しずつですが・・・、

6200
ニホンズイセン(日本水仙)

小さな花々が咲き始めています。

6201
ペーパーホワイト(白花水仙)

大寒から節分くらいまでが一番寒い時期と言われています。今暫くの辛抱ですね。

2022年1月23日 (日)

静謐な御苑

6194

静かですねぇ・・・。

6195

人の声が聞こえて来ない。桜の時期は、どうなるのか・・・。

6196

密にならなくて良いですね。

6197

ハシビロガモ(♀)も、のんびりと・・・。カモ類が例年より少ない気がする。

2022年1月22日 (土)

白昼の月

6191

横浜のポートサイド公園をお散歩。

6192

日中に見る月。

6193

未だ、これに乗った事が無い・・・。

2022年1月20日 (木)

マゼールの「フィデリオ」初版盤

6189

6190

ベートーヴェン/歌劇「フィデリオ」全曲

レオノーレ(フィデリオ): ビルギット・ニルソン(ソプラノ)
フロレスタン : ジェイムズ・マックラッケン(テノール)
ドン・ピツァロ : トム・クラウセ(バリトン)
ドン・フェルナンド : ヘルマン・プライ(バリトン)
ロッコ : クルト・ベーメ(バス)
マルツェリーネ : グラツィエラ・シュッティ(ソプラノ)
ヤキーノ : ドナルド・グローブ(テノール)

ロリン・マゼール 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン国立歌劇場合唱団

録音 : 1964年3月、ウィーン・ゾフィエンザール

英DECCA SET 272/3(ED1)
(マトリックス番号 1E/1E, 1E/1E 完オリ盤)

昨秋、都内某店でマゼールが指揮した「フィデリオ」全曲盤のオリジナル盤と初めて遭遇したのですが、価格が確か6,600円という事で諦めました。以前も申したようにクラシックの中古レコードについては一枚 1,500円以上のものは買わない主義を貫いておりますので、目の前のオリジナル盤も泣く泣く見送ったわけです。

素晴らしき歌姫(4)でビルギット・ニルソンをご紹介した際、「フィデリオ」ハイライト盤の記事に記したように私にとってマゼールの「フィデリオ」は格別の思い出がある録音でした。ショルティの「魔笛」と共にそれこそ何十回となく聴き込んでいたレコードなのです。

ですからオリジナル盤と遭遇した時はいっその事 1,500円の縛りを破ってしまおうかと店頭で迷いに迷ったものです。しかし、一度破ると歯止めが効かなくなるのではと、我慢しました。暮れに改めて訪れる機会があったのですが、まだそのオリジナル盤は売れずに残っておりました。ですが、その時も買わずに見送っています。

ところが年が改まって今月の事です。偶々或るお店(前述のお店ではないです)の前を通り過ぎたのですが、少し時間に余裕があるから偶には寄ってみるか・・・と、少し戻ってお店に入りました。

やはり入るだけ無駄だったなぁ・・・と思いながらもエサ箱のレコードを見ていると、「!!!」という衝撃が。

その衝撃を受けたブツが今日ご紹介のレコードです。プライス表にはただ単に「英国盤」と表記され、価格が表示されているだけ。それだけではオリジナルのED1なのか、はたまた再プレスを繰り返した後期のED4なのかが分かりません。価格はめちゃ安ですが。

レジの人に「盤の状態を見ても良いですか?」と尋ねると「どうぞ、構いません」との事。ビニール袋から出してケースを開け、リブレットを取り出してみるとインナーの丸窓から見えたレーベルに、「あ、溝が有る!」

更には大きなDECCA文字、左上外周の「ORIGINAL RECORDING BY」という表記が見えた瞬間「え!? これって、オリジナル盤では?」と、それはもうびっくり仰天。

お店の方から「あ、価格間違いをしていました」なんて言われるのではないかと、慌ててそのままビニール袋に戻し「頂いて行きます」と言って精算を済ませました。検盤していません。(笑)

帰宅後に検盤してみると、やはりオリジナルのED1でした。それだけでなく、デッドワックスに刻印されているマトリックス番号を確認すると2枚の両面とも「1E」なのです。これはジャズレコード愛好家が言う「完オリ(完全オリジナル盤)」でして、要するに初版プレスのレコードだったのです。

ちなみにクラシックレコードの場合、この盤がED1であれば例えマトリックス番号が4Eでも12Eでも、中古ショップではオリジナル盤と表記されます。要するにマトリックス番号は無視されるのが常識になっています。拘るのは英DECCAのステレオレコードの場合、ED1かED2か、若しくはED3かED4かという事だけです。

新年早々、とんでもない物に出遭いました。いやいや嬉しかったです。この録音もCDメインに切り替えた昔、キングレコードの国内盤は売却し、輸入盤のCDを購入していました。で、そのCDはオーディオ専用NASにリッピングしてあると勘違いしてCDは一昨年だったか売却してしまったのです。ですから以後は英DECCAのハイライト盤を聴くしかなかったわけで。

今回、思わぬ出遭いからオリジナルの全曲盤を入手出来ましたので、これからまた全曲を楽しむ事が出来ます。中古レコードを購入すると必ずクリーニングしてから聴いているのですが、このオリジナル盤を入手した時は矢も盾もたまらずにそのままの状態で全曲を一気に聴き通してしまいました。そうしたら変なノイズも無く、盤の状態は極上です。スピンドル穴周辺にもヒゲは無いですし。

オペラ入門がベートーヴェンの「フィデリオ」という方はあまりいらっしゃらないと思いますが、私の場合クラシック入門が「運命」で、オペラ入門が「フィデリオ」なのです。ベートーヴェンは私にとって別格という事になります。

「こいつぁ春から縁起がいいわい・・・」と、言いたくなりますね。

今日は個人的に思い出深い録音のオリジナル盤入手の記事にさせて頂きました。ご容赦。

2022年1月19日 (水)

運河の光景

6186

神奈川の運河周辺を歩いてみました。

6187

人混みの中に行くのは徐々に躊躇われる感染状況になって来ましたね。

6188

その点、こうしたところは安心です。

«モーツァルトのピアノ協奏曲(3)