« 二本の Summicron-M 50mm | トップページ | ブルーレイ・ディスク »

2007年3月17日 (土)

初めてのカメラ

私が生まれて初めて自分のカメラとして手に入れたコニカの EE・MATIC Deluxe です。手に入れたと言っても実際は母親に買ってもらったものです。中学の修学旅行(京都、奈良旅行)の際、カメラをどうしても持って行きたい。しかし拙宅にはカメラなどという高価(当時は)なものはなく、どうしても欲しいと親に強請った訳です。六畳一間に親子四人が暮らしていた、決して裕福とは言えない我が家の家計の事も考えずに私はカメラを強請った。ところが思いもかけず買ってあげるとの返事。中学生の私は有頂天になったものです。母は私を連れて横浜伊勢佐木町のカメラ店へと出向いたのですが、母が考えている以上にカメラの価格は高く、とても買えないという。私に諦めるよう説得して家路へと向かったのですが、そこはまだまだ子供の私です。自分のカメラが持てるというワクワクとした気持ちが一気に奈落の底に落とされたような心境になった私は、当然ダダをこねる訳である。「買ってよ〜、買ってよ〜」と半べそをかきながら母の後を追いました。「いい加減にしなさい!」と何度も何度も叱られながらもしつこく迫る私に、とうとう母は仕方ない・・・・という感じでまたカメラ店へと引き返してくれた。
そして買ってくれたのが写真のカメラである。驚喜するような嬉しさだった事は今も覚えている。当然修学旅行ではパチパチとシャッターを押しまくり、相当な本数のフィルムを消費した。実際に何本撮影したかは失念してしまったが、予め用意したフィルム本数では足りなく、現地の観光場所で何本かフィルムを買っていた。そして帰って来てからカメラ店に現像をお願いし、母と一緒に写真を受け取りに行ったものの、本数が多いので当然料金も高い。ここでまた母に叱られてしまったのである。(笑)
そのカメラも後年押し入れの中に長い年月仕舞っておいたままになっていた。二十数年経ってから出してみるとカメラケース(革製)もレンズもカビだらけという始末。どうしようかと思案の末、新宿のコニカサービスに持って行ったところ、オーバーホールは可能との事でお願いした。応対して頂いたコニカの方が「このカメラ、いいカメラなんですよ」と言われたのを今も覚えている。何しろ購入時の思い出がいっぱい詰まった、そして母の思い出が残っているこのカメラは今も大切にしている。ダダをこね、無理を言って困らせた母も、今は居ない・・・・。
Konica

« 二本の Summicron-M 50mm | トップページ | ブルーレイ・ディスク »

コメント

KONDOHさん、こんにちは。
いいハナシですね。今時、修理に応じるコニカもいいですね。私は、中学3年の時に、ねだりにねだりニコマートを購入してもらった記憶があります。すぐ、その後丹沢渓谷でバックから盗まれ、一晩中泣きべそをかいてました。(笑
私も、20代で父も母も亡くし、今では、いい思い出です。

MASAさん、こんにちは。
MASAさんも同じような思い出があるのですね。しかし盗まれたのはショックですね・・・・。私の思い出カメラですが、ほとんど母を撮影していなかった事が今は悔やまれます。

僕も高校の修学旅行のときにキヤノンのオートボーイを買ってもらいました。今もどこかにあると思うのですが。今度探してみようと思います。そういえば、僕も親の写真って撮ったことないですね。元気なうちに撮っておきます。

ビワさん、こんばんは。
やはり、皆さん思い出のカメラってあるものですね。オートボーイ、ベストセラーのカメラで人気が有りました。お元気なうちにご両親の写真を撮ってあげて下さい。

私が初めて撮ったカメラはアサヒペンタックスのハーフサイズカメラでした。その後、今は亡き父のライカフレックスSLでした。その後、M5に。ハーフサイズカメラはフルマニュアルでしたので今から思えば面白かったです。ライカ好きの父から感染したライカですが今は父の分まで撮っています。母は健在ですのでポートレートなんかを撮ってみたい思います。

Kazuさん、こんばんは。
Kazuさんはアサヒペンタックスのハーフカメラですか。でも、その後にライカの一眼レフとは凄いですぅ・・・。是非ライカでお母様を撮影してあげて下さい。

アサヒペンタックスにハーフ判のはあったかな。何かの間違ひでは?オリンパスぢゃないかな。
小生の父は54歳で死去したけれども、絶対に一眼レフなんぞに手を出すなとの遺言を残してこの世を去りました。ライカフレックスやM2,M3は買ってくれなかった。キヤノンデミとキヤノネットQL19だけ。「お前がこの45ミリF1.9のレンズでまともな写真が撮れなきゃ金輪際アサヒペンタックスやニコンFは買ってやらない。ライカだと。100年早い。」といふのが遺言だったのかなあ。でも亡父は当時2,000万円位競馬で損したし、洋蘭の実生に凝ってゐました。良い花が出来ると画家を呼んで描かせ、プロの写真家を呼んで(名前は失念)、撮らせてゐました。そのときその写真家はベローズのレンズの付いたニコンFで撮ってゐたかな。  

くりちゃんまんさん、こんばんは。
ベローズの付いたニコン F ですか。しかし良い花が出来たといってプロカメラマンに撮影させるなんて・・・、これもまた凄いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/14285809

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのカメラ:

« 二本の Summicron-M 50mm | トップページ | ブルーレイ・ディスク »