« Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical | トップページ | 桜の季節 »

2007年3月30日 (金)

ライカのカタログ

Leica_r カメラ店のライカコーナーに「Leica R System The analog-digital system」という 37ページに及ぶカタログを見つけ、頂いて来た。ライカ一眼レフ、R のシステムを紹介しているカタログで、R ファンとしてはなかなかに良いカタログです。ボディ R9 のページではモータードライヴを装着したシステムと、DMR を装着したシステムを解説している。カタログらしく測光モードと露出モード、フラッシュの活用方法などが掲載されています。更にはレンズの紹介と解説。R ファンの私は最初のページからじっくり読んでしまった。ついでに「2007年 ライカ写真製品価格表」も頂いて来たのですが、価格を見るとため息が出てしまいますねぇ・・・・。(笑)
M 型ユーザーに比して R 型ユーザーは極めて少ないので R 型の存続を危ぶむ声がありますが、近い将来 R10 を出して頂いて R 型を引き続き販売して頂きたいものである。

« Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical | トップページ | 桜の季節 »

コメント

KONDOHさん、こんにちは。
Rの将来はいったいどうなるんでしょうね。
ところで、そのカタログは以下のURLでpdfがダウンロードできます。
http://www.leica-camera.co.jp/assets/file/download.php?filename=file_2185.pdf

ritomoさん、こんにちは。
pdf ファイルが有るのを知りませんでした。試しに見てみましたら同じですね。
一応、本として保管出来るので大切に持っておきます。

R型を愛用してゐるので将来が不安ですね。起死回生のR10が出ないかなあ。デジイチになっても仕方ない。レンズもどんどんディスコンになって。通常撮影は28みりー90みりと80-200ミリで済ましてくれと言ってゐるみたいです。

くりちゃんまんさん、こんばんは。
ホント R 型は先行き不安ですね。レンズも徐々にディスコンになっていますし・・・。
まぁ、現状持っているもので楽しんで行くしかないですね。

どうもR型はR9で終了し、フォーサーズのデジイチに志向して行くのではないかな。ライカ社は実態としては既に「ブランド」だけを具有してゐる状態では?
別に純独逸製には拘る必要はありません。何かのライカのムックで見たことがあるのですが、ライカフレックスの試作品の中にオリンパス・ペンFのやうなカメラがありました。撮像素子がこれだけ安定して来ればパナソニック製の中にライカ・デジルックスxxxといふのに転用できます。いや、既にさうですね。Rマウントのアダプターがあるやうです。絞りが実絞りになり、ピントは手動になりますが、何とか使用可能といったところでせうか。

くりちゃんまんさん、こんばんは。
おっしゃるように R9 で終る可能性もありますが、一部には来年のフォトキナで R10 の試作を発表・・・という情報もありますし、静かに待つのみですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/14457145

この記事へのトラックバック一覧です: ライカのカタログ:

« Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical | トップページ | 桜の季節 »