« カセットデッキ | トップページ | チューリップ »

2007年4月16日 (月)

DAT

Datまたまたオーディオネタになります。今日はポータブル DAT です。一応商品名は DAT Warkman となっていますが、Warkman として使ったことはほとんどなく、使う時は自宅オーディオ・システムに繋いで聴いていた。ボータブルとはいえそこは DAT である、カセットとは次元の違う音を聴かせてくれる。花王が DAT の生テープを販売していた時、キャンペーン応募で弦楽四重奏団の DAT ミュージックテープが当選した事がある。今でもそのテープは持っているが、これがまたいい音なんですね。弦楽器の柔らかい音が捉えられていて聴き惚れてしまった。「しまった」と過去形で書いたのは実はこのポータブル DAT も最近使っていないからである。二年ほど前に久しぶりに使おうとしたら自然故障しており、メーカーのサービスに持ち込んだらすでに一部の部品は払い底しておりますので、オーバーホール出来るかどうか分からないとの事。一応預けてみたら完了して帰って来た。オーバーホールが終わって手元に来た時に少々再生したものの、最近は使っていない。生テープも残っているのですが、録音の対象が無いですねぇ・・・。かつてデジタルチューナーのデジタル OUT から光ケーブルを繋いでクラシックの放送を録音していましたが、カセットテープのエアチェックと同じく、最近はまったくやっていないのである。もったいないなぁ・・・(笑)。

« カセットデッキ | トップページ | チューリップ »

コメント

DATですか、私はSONYのデッキの方をもっていました。当時エアチェックには最強のツールでしたが、ちょうどその頃、CDが出てきて、私はエアチェックをしなくなりました。でも音質は抜群でしたね。エアチェックという言葉も死語になりつつありますね、というかもう死語かな。FMレコパルとかはもう廃刊になっていますし、現代はインターネット時代、ネットでエアチェックする時代になったようですね。

KONDOHさん、私も持ってますよ、同じ物を。おまけに再生専用機もあります^^ゞ
部屋で音楽を聴くのはX5000改がありますから、テープなんて要りませんが、なぜかカセットテープを使いたくてしょうがないですね。休日の朝、車で聴くトップ5とか、編集したら楽しいだろうと^^/
パイオニアに現役の機種があるのでそれを買おうと思ってます。DATはもったいないけど部屋の置物に…^^;

Kazuさん、こんばんは。
私も据え置き型を最初考えたのですが、外で録音する事を考えポータブルにしました。FMfan を買っていましたが、懐かしいです。赤いサインペンでエアチェック予定に線を入れていました(笑)。

スカルピアさん、こんばんは。
おお、同好の士ですね。カセットデッキ、おっしゃるようにパイオニアに現行品(5万円前後)があります。私もパイオニアにしようとしたのですが、オークションでソニー製が安く手に入ったので、それが手元にあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/14700411

この記事へのトラックバック一覧です: DAT:

« カセットデッキ | トップページ | チューリップ »