« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月21日 (土)

ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ全集

Backhausもう三十数年前に亡くなったドイツの名ピアニスト、ウィルヘルム・バックハウスのベートーヴェン/ピアノ・ソナタ全集の CD BOX です。よくバッハの平均律クラヴィーア曲集を旧約聖書に例え、ベートーヴェンのピアノ・ソナタを新約聖書と例える人がおりますが、なかなか上手い事を言うものだと思います。「鍵盤の獅子王」とニックネームを付けられた偉大なるピアニストで、ベートーヴェンのピアノ・ソナタを論じられる時に必ずや引き合いに出される。同じドイツ出身でレパートリーがほぼ重なるピアニストにウィルヘルム・ケンプがおりますが、ケンプが滋味深い解釈で聴かせるベートーヴェンに対し、男性的な骨太のタッチでバックハウスは聴かせてくれる。バックハウスやケンプ亡き後、本場ドイツからは両者を上回るようなピアニストはなかなか出て来ず、マウリツィオ・ポリーニのようなイタリア出身のピアニストが人気を博すようになっているような現在のクラシック・ピアノ界の現状。ポリーニはもの凄いテクニックの持ち主ですが、どうも私の嗜好とは水と油で、今まで何枚もレコードや CD を購入して来ましたが、結局イマイチ琴線に触れる事が無く中古ショップに売却してしまう事に。必ずしも本場主義者ではないのですが、指揮者、ピアニストはどうもドイツ系以外とは相性が悪いようである。そう言えばカメラ、レンズもドイツ製が好みなんですが、音楽も一緒みたいです(笑)。ピアノ音楽ではベートーヴェンのピアノ・ソナタ集は避けて通れない偉大なる作品ですが、今までブレンデル、ギレリス、ポリーニ、アラウ・・・等々いろいろなピアニストで聴いて来ましたが、結局は自分の場合バックハウスに帰って来てしまうのです。カメラがライカに落ち着いてしまったのと良く似ていますね(笑)。

2007年4月14日 (土)

光悦

Kohetsu最近自宅で音楽を楽しむ際、ほとんど CD ばかりでアナログディスクを聴く回数がめっきり減ってしまった。CD 時代になってから(と言っても随分と年数を経ているが)所有しているアナログディスクを随分と処分してしまったが、まだ 1,000枚ほど拙宅には残っている。昔はカートリッジを取っ替え引っ換えしながらアナログディスク・・・と言うよりレコードを楽しんでいた。クラシックを聴く時はこのカートリッジ、ジャズはこのカートリッジ・・・というように。更にはピアノはこれ、ヴァイオリンはこれ・・・と。
中でもお気に入りは写真の「光悦」です。クラシックを聴く時はこれを使う機会が多かった。その他では FR(フィデリティ・リサーチ)の MCX-5 もお気に入りでした。なんだかんだ未だにカートリッジは 20個近く所有している。「光悦」を購入したのはもう 20年近く前になると思う。クラシック音楽を愛好する方に好まれていたカートリッジで、最近雑誌でこれを製作した菅野さんはすでにご逝去され、今は息子さんが後を引き継いでいるという記事を読んだ。カートリッジは光学機器に例えればレンズになるのでしょうか?それぞれ音質に個性がありますが、同一製品のバラつきも結構有るもの。
しかしこの「光悦」は職人気質を感じる製品で、随分と愛用した。最近鳴らしていないので次の休み、久しぶりに使ってみようと思っている。

2007年4月12日 (木)

前田真三さん

Maeda私が最も尊敬する写真家、前田真三さんの写真集です。私がそもそもハッセルブラッドに興味を持つ原因を作ってくれた方が前田真三さんです。と言っても前田真三さんから直接アドバイスを頂いたわけではもちろんありません(笑)。前田真三さんの写真を拝見しているうちに、ハッセルブラッドで撮影された真四角、スクエアな写真にとても興味が湧いたからである。数々の写真を拝見しているうちに、「あぁ、いつか自分もこのハッセルブラッドを使ってみたい・・・」と思うようになった。前田真三さんの風景写真を知る以前、それまで見て来た風景写真は「どうだ・・・、綺麗だろう・・・、凄いだろう・・・」と作者が言っているような感じを受ける写真が多かった。まぁ、私の思い過ごしかもしれませんが。ところが前田真三さんの風景写真は極めて自然体というか、誰もが普通に見ているような風景を普通に撮っているように見えたのです。だからと言って私が同じ場所にカメラをセットしても同じように撮れるとは思っていませんが・・・(当然ですね)。これらの写真集はそういった自然体の風景写真が見られるのである。このところ風景写真撮影はとんとご無沙汰していますが、私の中の風景写真は常に前田真三さんのような写真を撮りたい・・・という事なのですが、これが難しい・・・。

2007年4月 8日 (日)

Summilux-R 35mm/f1.4

Summilux_1ライカの一眼レフ用レンズ、Summilux-R 35mm/f1.4 です。手持ちのライカ R レンズの中で持ち出す機会が一番多い、最もお気に入りのレンズなのです。焦点距離 35mm で f1.4 ともなれば、近接撮影では結構ボケも大きくなる。フィルター径が 67mm あり、それなりにレンズも大きいのですが、大好きです・・・・このレンズ。
私が最初に 35mm/f1.4 の魅力に染まったレンズは京セラコンタックスの Distagon 35mm/f1.4 AEG でした。私は焦点距離 35mm が好きで、ニコンを愛用している時は Ai と AF 共に f2 のレンズを使っていた。その後ライカ M 型を使うようになってからも 35mm レンズは f2 の Summicron でした。初めて一絞り明るい Distagon 35mm/f1.4 AEG を使ってからはその魅力に嵌り、開放値が明るいレンズが如何に面白いかを知った。それ以降、明るい単焦点レンズに拘るようになってしまい、暗いズームレンズは徐々に敬遠するようになってしまったのである。もちろんズームレンズにも大きな長所があるわけですが、ズームの場合明るくても大体 f2.8 であり、単焦点の魅力を知ってしまった現在 f2.8 でも暗く感じてしまう。風景写真中心の場合ズームレンズは厳密なフレーミングをする意味で非常にメリットはあるのですが、現在の自分はスナップや花の撮影がメインなので、特にズームは必要としていないのです。スナップ撮影に出掛ける時は大体カメラ一台にレンズ一本。それも単焦点一本である。思い切り良く出掛けて、付けていたレンズでは撮れない被写体は諦める・・・・、そんな撮影を続けています。

2007年4月 6日 (金)

Planar 80mm F2.8

Planar ハッセル用の Planar 80mm F2.8 である。左から C 80mm、CF T* 80mm、CFE T* 80mm。現在ハッセル用の 80mm レンズを三本も所有している大馬鹿者です。嘗ては C 80mm の黒鏡胴も所有していた事がある。これに一部マニアの方達に人気がある 6枚玉の 80mm を加えたら標準 80mm が全部揃ってしまうが、何故か 6枚玉には興味が湧かない。自分にとってハッセルの 80mm はこのレンズで満足しているからであろう。私は Planar という言葉につい惹かれてしまうのですが、やはり Planar の王道はハッセル用のこのレンズだと自分は思っている。もっとも焦点距離が違う 100mm F3.5 の Planar の方が更なる完璧な写りをしますが、此処では 80mm でのお話し。
三本のうち C レンズはカラーでも充分な発色をしていますが、モノクロで撮った時のトーンの出方には惚れ惚れしてしまう。CF はさすがに新しいだけにコントラストも充分な文句のないレンズです。自分が最初にハッセルを手に入れた時、この CF レンズが付いていた。CFE は CF からいま少しコントラストが上がっているように思う。最近デジタルばかりでハッセルを使っていなかったので、次の休みには満開を過ぎた桜を撮ってみようと思う。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »