« 花粉症 | トップページ | ご難続き・・・ »

2007年4月23日 (月)

Macro-Planar T* 50mm/f2 ZF

Mp50mmコシナから先月発売されたニコン F マウントのツァイスレンズ Macro-Planar T* 50mm/f2 ZF である。まったくの新設計レンズ。京セラコンタックス時代のマクロレンズは 60mm と 100mm の二本で、共に f2.8 であった。コシナツァイスからはこの二本の焼き直しではなく、50mm、100mm の二本を新設計で発売するようである。来月 Macro-Planar T* 100mm/f2 ZF が発売予定のようで、今回は共に f2 という一段明るい設計。京セラコンタックスを使っていた際、何故か Macro-Planar を入手しそびれてしまい、使用した経験がありませんでした。コシナツァイスは発売されるものをすべて予約購入して来たので、自分にとっては初めてのツァイス・マクロレンズ入手となった次第。しっかりした作りで、従来のコシナツァイスと何ら変わるところはない。マクロレンズだけあってピントリングの回転角も大きく、マニュアルフォーカスレンズとして大変使いやすい。使いやすい・・・と言いましたが、ボディに付けて操作を確認しただけで、実はまだ実戦に使っていないのです(笑)。間もなくゴールデンウィーク休みに入るので、その休み期間中に使うつもりです。ちなみにレンズ表記は ドイツ語で Makro-Planar です。

« 花粉症 | トップページ | ご難続き・・・ »

コメント

KONDOHさん、こんにちは!
マクロプラナーは、Y/Cの60ミリを一時使いました。良かったですねえ、これが。
最近はSL66でググッと寄り、普段はT2、Tix、T3、35Tiなどチタン軍団で遊んでます^^ゞ

スカルピアさん、こんにちは。
ヤシコンの二本はいずれも評判の高いレンズでしたが、どういうわけか使う機会を逸しました。
35Ti は昔使っていた事があります。この頃、T2 のお陰でチタンボディによる高級コンパクトが流行りましたね。懐かしい・・・。

僕は京セラコンタックスのは持っているので、逆にFマウントのを使ってみたいです。1絞り明るいのが魅力的ですね。

ビワさん、こんばんは。
今回のコシナツァイスは二本とも一絞り明るくなっています。そこが魅力ですね。
100mm/f2 マクロは特に魅力を感じています。お値段は魅力を感じませんが・・・(笑)。

プラナーZF85ミリF1.4は比較的安く手に入ったみたいです。あの「クルーズ・クルーズ」のオフ会のときご覧いただけたのでしたっけ?AME100ミリでも似たやうな写真も撮れた(けふならこれで撮ります)のかもしれませんが、写した本人がびっくりするほど新(?)プラナーは立体感が出てY/Cのプラナー85ミリF1.4を上回ってゐるといふ評判も約一名ありて、気に入ってゐます。
この50ミリも楽しみですね。100ミリF2.0が早く出ないもんかなあ。くどいやうですが、再び言ふと今現在小生の最優先のwatching listに入ってゐるレンズであります。50ミリはデジカメに装着すると75ミリ相当になるから使ひ勝手が良いのかもしれません。

Planar 85mm ZF は開放からシャープな像を結びますし、気に入っております。100mm/f2 も楽しみなんですが、現在資金不足でして・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/14815955

この記事へのトラックバック一覧です: Macro-Planar T* 50mm/f2 ZF:

« 花粉症 | トップページ | ご難続き・・・ »