« ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ全集 | トップページ | Macro-Planar T* 50mm/f2 ZF »

2007年4月22日 (日)

花粉症

花粉症・・・。この言葉を聞くようになってから随分と年数が経っている。実は私は花粉症に罹るようになってからもう・・・30年くらいになるでしょうか・・・。私が花粉症に罹った頃は「花粉症」なる造語はまだ出来ていない頃で、或る春先、鼻水に悩まされて耳鼻科に行ってみると「アレルギー性鼻炎」という診断。初めて聞く言葉に「?・・・」となりましたが、それ以降毎年「春一番」が吹く頃くらいから鼻水グシュグシュになるようになった。それから大分経ってから「花粉症」という言葉が生まれた。「アレルギー性鼻炎」に罹る人が日本全国相当数の方が出て来るようになったからであろう。私も毎年耳鼻科に通って鼻の洗浄と投薬。最初の頃は眼にまではアレルギーが来る事はなかったのですが、その後眼も痒みが来ると同時に赤くなってしまう。毎年春は地獄の苦しみである。花粉症だけは罹った事がない方には分からない苦しさ。酷い時は集中心も無くなってしまう。ところが・・・、二年ほど前から症状が和らいで来たのである。二年前は耳鼻科に通うこと三回。昨年は僅か一回。で、今年はというと・・・、一回も耳鼻科に通う事無く済んでしまった。たまにくしゃみが出たり、眼が少し痒くなる事はありましたが、鼻水グシュグシュは無かったのである。もしかして花粉症には免疫になりつつあるのであろうか・・・?もしそうなら嬉しいのだが・・・。来年、今年と同じくらいの症状で済むようなら・・・むふふ・・・期待してみよう(笑)。

« ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ全集 | トップページ | Macro-Planar T* 50mm/f2 ZF »

コメント

30年ですか。先輩ですね。私は24年目ぐらいです。
 23年ほど前、耳鼻科で点鼻薬をもらい、使ったら症状は和らいだのですが、何ともいえないだるさがあり、天秤にかけて、点鼻薬はやめました。
 アルガードの目薬だけは使っていますが、他の薬は使っていません。
 一番ひどいときは、夜中に起こされ、喉が痛くて夜間にお湯を沸かし、湯気を喉にあてたことがあります。

 随分前に私よりも10数歳上の方に「花粉症いかがですが」と聞いたら、「最近いい。何もしてない。理由は、枯れてきたから」と言われました。

 これ、今頃になって私にボディブローのようにきいてきました。
 実は、私も特に何もしていないのに、比較的楽なんです。

 KONDOHさん、花粉の量が少なくなったからですよね。あるいは、写真を撮りたいという、写欲がスプリングアレルギーに勝っているんですよね。

昨年、今年と花粉の飛散量は減っているそうですが、その影響でしょうかねぇ・・・?
希望的観測なんですが、免疫になって来たと思いたいのですが・・・(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/14807848

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症:

« ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ全集 | トップページ | Macro-Planar T* 50mm/f2 ZF »