« 人間ドック | トップページ | 映画の中のライカ »

2007年4月10日 (火)

桜の季節 その四

Sakura_01 今日、先程までハッセルを持ち出して終焉を迎えた住まい近くの桜を撮影して来た。写友 ritomo さんの web 上でハッセルで撮影した今年の桜をユーザーで掲載し合うコーナーがあるのですが、私も参加するためハッセルを持ち出したわけです。しかし今年は桜をライカデジタルばかりで撮影していたので、満開時にハッセルで撮影する機会を失してしまった。で、今日ムリムリにハッセルを持ち出したという次第。 Sakura_02ここに掲載している写真は一昨日コンパクトデで撮影したもので、今日は一分くらい花が残っている状況でした。逆一分咲きとでも言いましょうか(笑)。
桜前線は北上を続けるわけですが、知人からは青森県・弘前公園の桜は見事だから是非行ってみて下さいと、数年前から言われているのですが未だ行ってはいません。写真で見るとホント見事な桜のようで、いつか行ってみたいと思っています。例年、ゴールデンウィーク頃満開を迎えるようなので、タイミングが合えば行けると思うのですが、人出も凄いらしいです。旅行社のツアーも組まれているので、楽をしたければそれに参加すれば良いのですが・・・。
桜の後はこれまた住まい近くにチューリップを見事に咲かせている公園があるので、そこのチューリップも毎年のように撮影しています。春はやはり花の撮影ですね。

« 人間ドック | トップページ | 映画の中のライカ »

コメント

KONDOHさん、こんばんは。
ご無理を申し上げて申し訳ありませんです。
SAKURA_2007をどうぞよろしくお願いいたします。

仰せの如く春は花。何も染井吉野だけが桜ぢゃない。花はいくらでもあります。さう言った感覚で見ると近所の豪邸の庭には可也立派な花を咲かす木々があって、撮る分には盗ることにはならないでせう。

一寸オカルトっぽくて申し訳ないが心此処にありて花が囁いてくれます。

どんなカメラやレンズでも構はないから写すと花が微笑んでくれます。

これって、小生が殆ど狂ってゐるのかなあ。木々の囁きや微笑がわかるんです。わかるやうな気がします。

ritomoさん、こんばんは。
SAKURA_2007、ただ参加するだけになりそうですが、ご容赦を・・・。

くりちゃんまんさん、こんばんは。
これからの時期、いろいろな花が咲き誇りますから楽しみですね。
くりちゃんまんさんも撮影を楽しんで下さい。

ブログ知りませんでした。宜しくお願い致します。
展にはわざわざお越しいただきまして、ありがとうございました。

春の京都に行かれたのですね。羨ましい♪。わたしは、残念ながら、京都の春は、なぜか敬遠して来ました。
秋、冬が多かったのです。一度だけ夏の京都はたのしみましたから、後は春だけですね。

今から計画だと、初夏かしら?う~ん。

ラ・ペルラさん、お早う御座います。
写真展、素晴らしかったです。プリント技術も凄いですね、感嘆致しました。やはり銀塩は続けるべきだと再認識させられました。
京都はまだ昨秋と今春の二回しか行ってませんで、今度は初夏、蓮の時期に行ってみようかと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/14630871

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の季節 その四:

« 人間ドック | トップページ | 映画の中のライカ »