« チューリップ | トップページ | HASSELBLAD SWA (1954-57) »

2007年4月18日 (水)

撮影ミス

このブログをお読み頂いているカメラがお好きな皆さんは写真撮影の際、どんなミスをされた事がお有りでしょうか?
実は私、つい最近ハッセルブラッドで桜を撮影して来たものの、現像上がりを貰って来たらフィルムが未露光でした。「えっ!」とびっくりして、カメラの故障か・・・と思ってしまった。今回持ち出したカメラは典型的電気カメラの 203FE です。このカメラは絞り優先オートが使える便利なカメラ。今更私が説明するまでもなく、500系のレンズシャッター機とは対照的なフォーカルプレーンシャッター機で、電気が無ければ動かない。500系のボディは単なる暗箱で、中ではミラーのアップダウンがあるだけ。対して 200系はすべて電気で作動させているので、故障は付きもの・・・と思われている。
今回の上がりを見ると一本目の一コマ目が半分露光、二コマ目が 1/3 露光、三コマ目からはすべて未露光でした。これはシャッターの故障で幕が開き切らないのだろうと思った。200系の修理は大変に高い金額を要求されると聞いているので「まいったなぁ・・・」と数日暗い気分に浸っていた。ところが・・・今日、今回使ったレンズ(CFE 80mm)を改めて見てみると、レンズシャッターの作動を止める「F ボタン」をロックしていない事に気付きました。「あぁ~・・・」となんともお恥ずかしい事をやっていました。撮影時、レンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターを同時に動かしていたのです。初めて使った組み合わせでもないのに、何故今回こんなイージーミスをしてしまったのか。まぁ、久しぶりに使ったので、うっかりなのでしょうが、やはりカメラはしょっちゅう使わなければいけない・・・という教訓を覚えた今回の撮影ミスでした。

« チューリップ | トップページ | HASSELBLAD SWA (1954-57) »

コメント

いゃ~良かったですね~
同じ203FEを使う者にとっても一安心です
だって同じ機種のカメラがどんどん壊れていったら
不安になっちゃいますもんね

私もボンミス時々やってます!!
でも私の友人が大変な思いをして二千五百メーターほどの山に登り必死で撮って来たカメラを帰ってから開けてみるとフイルムを入れ忘れていた
という笑えるボンミスよりましかな~
と何時も自分を慰めています(笑)

mukunohigeさん、お早う御座います。
久しぶりのミスをやってしまいました。仕事でもそうですが、後で振り返ると「何故あんなミスを・・・」と思う時があります。今回はそんなミスでした。
しかし2500メーターの登山をして折角の撮影がパーとは、これまたご本人には大変なショックでしょうねぇ・・・。

あははは・・・・・・・・(^^;)

ritomoさん、こんにちは。
返す言葉がないですぅ・・・・。

小生も久しぶりに500C/Mにフィルムを装填したら、装填ミス。素抜けのネガが2本。何と未露光でした。A-12のマガジンは昔から装填には注意しなければならないのが定説。俺としたことが、これがプロの仕事だったならば、即死ですね。

くりちゃんまんさん、こんばんは。
おお、未露光をやってしまいましたですか。皆さん、一度や二度・・・ミスはやはりあるんですね。昔、ニコン F3 にモードラを付けて使っていた頃、フィルム装填ミスで連写していた事があります。飛行機撮影で 10本くらい現像に出して、やはり二本未露光でした。未露光はそれ以来の出来事です。

203FEをお持ちなんですね。うらやましいです。あこがれのカメラでしたが、いつのまにやらディスコンに。
こういうミスもフィルムならではですね。デジタルだとすぐに結果が分かってしまいますから。

ビワさん、こんばんは。
200系はディスコンになってしまいましたね。やはりコストが掛かるからでしょうか。500系のメンテナンスは心配要りませんが、200系はちょっと不安があります。
フィルム撮影は現像上がりを見るまでは結果が分かりません。その点、デジタルは取り直しが出来るので、そういう意味では便利ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/14749858

この記事へのトラックバック一覧です: 撮影ミス:

« チューリップ | トップページ | HASSELBLAD SWA (1954-57) »