« 不運な HEXAR RF | トップページ | Planar 80mm F2.8 »

2007年4月 5日 (木)

桜の季節 その三

Sakura_3 私の住んでいる横浜では桜も満開を過ぎて散り始めています。桜ほどパッと咲いてパッと散る花は風情があると言えばあるのですが、なんかあっという間で毎年「あぁ、もう終わりか・・・・」と一抹の寂しい思いに捉われる。
桜の花は最盛期に撮影出来る事はなかなかないので、いつも地団太を踏んでいる。自由時間がたっぷり有れば年によっては可能かもしれませんが、生憎サラリーマンの身ではそうも行かない

Sakura_4 今年は初めて京都の桜を撮りに行きましたが、ソメイヨシノは四~五分咲きで少々もの足りなかった。まぁ、これは来年への楽しみとして残しておく事にしよう。
もっとも桜は京都だけではないわけですが、昨秋神社仏閣と絡んだ紅葉に感動していたので、桜も同じように撮りたいと思ったのである。どうやら今週末が最盛期を迎えるようで、さぞかし素晴らしい風景になるのでしょうね。

« 不運な HEXAR RF | トップページ | Planar 80mm F2.8 »

コメント

サラリーマンで時間的制約がある中でベストを尽くしてゐるのですから感心します。大変なもんですよ。大袈裟に言へば「一期一会」なのかもしれません。特に、小生にとっては「恨みの染井吉野」。つまり、どう撮っても、満足が行かないのであります。

染井吉野だけが桜ぢゃないはづ。池上の本門寺の境内に別の品種の桜がありました。確かに染井吉野とは違ってゐて花と葉が同時に出てゐるので違和感があります。万葉の頃、古今から新古今の頃の桜は絶対に染井吉野ではありません。唯、「散り際の美学」は我々の先祖と共有してゐるのかもしれません。散り際も愛でる感情(?)、感性を受け継いでゐるのかもしれません。

桜をメインに追っ駆けてゐるプロがゐたり、アマでもゐるはづ。

大昔、福島県のある場所に撮影旅行に行きましたが(連れて行ってもらった場所なので名前は失念。私有地ださうです)、桜桃杏里が一遍に咲く場所で、秋山庄太郎先生も何回か訪れたとか。桃源郷でしたね。(長野県にも似たやうな場所があるらしいのですが)。

都会の日常の中にある染井吉野を撮るのも乙ぢゃないですか。大岡川沿いの染井吉野も立派なもんですよ。 

くりちゃんまんさん、こんばんは。
福島県の私有地の名所だと、多分・・・花見山公園だと思います。私も一昨年行った事あるのですが、少々行くのが早過ぎた感じでした。近くの三春町の枝垂桜も有名ですね。これからは八重桜ですが、おっしゃるように桜はソメイヨシノだけではないですからね。

図星。流石。おかげさまで思ひ出しました。確かにあそこは一日ゐても飽きないですね。桃源郷ですよ。フィルム100本持参しても足らない位ですね。

近所に余り立派ではないけれども狙ってゐる八重桜があります。小生の好みでいふと染井吉野よりはこっちの方が好きですね。枝振りの良い山桜が職場の近くにあり、午前6時半頃に行って撮りました。

何だか今年は良く撮ってゐるなあ。少しく勘が戻って来たみたいです。

くりちゃんまんさん、こんばんは。
やはり花見山公園でしたか。あそこは綺麗ですよね。次週の休みは久しぶりにフィルムを使ってみます。

ライカぢゃなくてハッセルにフィルムを詰めて撮影は如何?

くりちゃんまんさん、お早う御座います。
おっしゃとおり、ハッセルを持ち出す予定です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/14568023

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の季節 その三:

« 不運な HEXAR RF | トップページ | Planar 80mm F2.8 »