« CONTAX T2 その二 | トップページ | 6bit コーディング その三 »

2007年5月22日 (火)

6bit コーディング その二

ライカ M8 のマゼンタ被りを回避する為にメーカーは UV/IR カットフィルターを装着し、カメラ本体のレンズ検出機能を UV/IR 対応にして撮影する事を薦めている。国産メーカーならリコール対象としてカメラを回収しているところではないかと感じていますが、そこはライカ。ユーザーも寛容なのか、メーカーに対し大きなクレームを付ける事無く使っている(自分も)。
カメラ本体に装着したレンズの焦点距離を知らせる為にライカ社はマウント部分に 6bit コーディングという「0」と「1」のコードを付ける事で対処したわけである。これは焦点距離を知らせる他に、このフィルターを装着して 35mm 以上の広角レンズを使用した際には画角周辺にシアンドリフトが発生してしまうので、これを防ぐ為にレンズの画角を検出し、カメラ内部のソフトウェアで対処しているようである。現行レンズはマウント部分に順次 6bit コードが付加されたものに変えられているが、過去に発売された膨大な数の M 型レンズについてはメーカーで 6bit 改造を受け付けているので、私も Summicron-M 35mm/f2 をお願いした。しかし一本1万数千円はかなりの出費になる為、あちらこちらのブログでも書かれていますが、6bit の「偽コード」をマウント部分に付加してカメラを「騙して」使う事がユーザーの間で広まっている。私も早速手持ちのレンズにフェイク・コードを付加してみた。これは油性ペンでコードを書き込む方法と、テプラのテープを貼り付けて使う方法の二つが使われているようである。私もブログ仲間の ritomoさん、Kazuさんのページを参考にしてやらせて頂きました。
これはメーカー純正の改造(マウント交換)を行った Summicron-M 35mm/f2 です。
6bit_1
これは「000110」というコードですね。で、先日思わぬ安価な価格で手に入れる事が出来た Summicron-M 28mm/f2 ASPH. は「011010」なので、油性ペンでこのように書いてみました。
6bit_2
こんないい加減なマーキングで M8 はこのレンズを認識してくれました。同様に現行の Summicron-M 50mm/f2 も同じようにマーキング。コードは「100001」です。
6bit_3
これで Summicron-M 50mm/f2 と認識してくれてます。で、サードパーティ製のコニカ M-HEXANON 28mm/f2.8 にも施してみました。このレンズはエレメントの構成が Elmarit-M 28mm/f2.8 type IV に良く似ているので、このコードでフェイクしました。
しかしこれで M8 もマゼンタ被りとシアンドリフトから回避して、「普通の」デジタルカメラとしてようやく使う事が出来るようになりました。手の掛かる子だ・・・、M8 は・・・(笑)。

« CONTAX T2 その二 | トップページ | 6bit コーディング その三 »

コメント

6ビットコーディング成功おめでとうございます。
こんなに簡単にできるとは私自身も分かりませんでした。^^;
50mmあたりでは、この方法がいいかも知れませんね。やはり改造出すと出費がかさみますし。ただ、マジックの場合、剥がれてしまうのが欠点でして、私は今ネットでテプラ・プロの黒テープ発注しています。どちらがいいかまた試してみたいと考えています。とにかく、これでマゼンタ被りの一件は落着してこれからは思う存分 写真を撮ってみたいと思います。
M8万歳!

M8はライカ・ジャパンで触っただけです(^^;)
なんか不思議な感じがしましたね。
6bitコーディングですが、ファーム・ウェアの変更では済まなかったのでしょうか?
しかもこんな簡単なことに1万数千円もかけなければいけないとは・・・
ライカだから許されるのでしょうが国産メーカーでしたらリコール対象ですよね(^^;)

Kazuさん、こんにちは。
テプラ・プロの黒テープですが、私も勤務先近くの某量販店に発注してありまして、昨日夜入荷の連絡が来ました。丁度マジックでコーディングしている最中でした。(笑)。
ホントは正規改造に出したいところですが、金額がねぇ・・・・。

クッチさん、こんにちは。
ファームウェアのバージョンアップとフィルターが必要なんです。ライカだから許されること(?)であって、国産メーカーだったら総攻撃を浴びるところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/15160890

この記事へのトラックバック一覧です: 6bit コーディング その二:

« CONTAX T2 その二 | トップページ | 6bit コーディング その三 »