« UV/IRカットフィルター | トップページ | Planar T* FE 110mm/f2 »

2007年5月10日 (木)

Canon New F-1

言わずと知れたキヤノンのフラッグシップ機 New F-1 です。フラッグシップと言っても EOS-1 が登場する前のマニュアルフォーカス機ではありますが、1981年の発売ですから、もう四半世紀以上の年月が経過している。

Newf1_1
実はこのカメラ、十数年前から一度使ってみたい・・・・と思いながらも、何故か縁がなく時が過ぎてしまった。如何にも金属の塊・・・・という感じが私には好感が持てるのである。キヤノンが EOS を発売してから少し経った後、この FD マウントのマニュアルフォーカスカメラ、及びレンズの生産が完了された時、すべての在庫が5割引で投売りされましたが、その時も入手の機会を逸してしまった。いえ、ただ単にその時お金が無かっただけなのですが・・・・(笑)。新品が市場から無くなると New F-1 の中古価格が一気に高騰しましたが、最近は随分とリーズナブルな価格に落ち着いているようですね。
さて、この New F-1、ひょんな事から私の手元にやって来ました。キヤノンがニコンのプロ機、F2 や F3 に真っ向勝負を挑んだカメラだけあって、さすがに作りは良いですね。柔な感じを与える(デザインのせいですが) EOS とは違い、実に堂々たる重量感を感じるカメラで、こういう製品は私には堪らない作りなのである。巻き上げに関しては少々ゴリゴリして油切れかとも思わせる感触であるが、ひとつ前の F-1 はとても滑らかと聞く。まぁ、このゴリゴリ感も重戦車のご愛嬌として捉えている。シャッターの切れ、ブラックアウトの短さは特筆ものである。この点はニコンのフラッグシップ機に遜色ない。

« UV/IRカットフィルター | トップページ | Planar T* FE 110mm/f2 »

コメント

NewF-1は以前の彼女、そして大阪の知り合いのカメラマンが使っていた事もあり、複数台触った事がありますが皆一様にゴリゴリしています。minolta XEに慣れた自分にとっては、とても我慢ならぬ感触でした(^^;)

raotaさん、お早う御座います。
おっしゃるようにホントゴリゴリしていますよね。昔初めて写友の New F-1 を触らせて頂いた時に油切れかと感じました。当時私はニコン F3 を二台メインに使っていたのであまりの違いに驚きました。F3 は巻上げが非常に滑らかでしたから。
旧 F-1 は滑らからしいので、モデルチェンジで退化しちゃったのですね。ワインダー、若しくはモータードライヴを装着して使うのがデフォルトなのかもしれません。

KONDOH様、こんにちは。
いま防湿庫を見たら旧F1が2台、NEW F1は4台ありました(-_-;) まあいつもこんな感じです(^^;)
レンズもとりあえずライン・アップさせているんですが・・・しかしまるで使っていません。
いま久しぶりにNEW F1のモードラ装着機を動かしましたが、音が凄いです(^^;) F3+MD4の方が静かかも? それとミラー・ショックが結構とありますね。これですと私なんかでは高速側シャッター使用が前提ですね。
そういうシーンで撮ることは滅多にないので、EFあたりでまったりと撮る方が好きです。
EFの方が巻き上げ感触は旧F1よりも滑らかです。
ブログとHPの方のリンクさせていただきました。よろしくどうぞ。

クッチさん、F-1 計6台ですか! 凄過ぎ・・・(^^)
メインに使うわけではないのでレンズを充実させるつもりはないのですが、広角と中望遠をプラスしようかな・・・と。EF も好きなデザインです。なんかキヤノンはこの時代の方が充実してたような気がするのですが、そういう思いは私だけかな・・・?
リンク有難う御座います。私の方も夜、リンク致しますのでよろしくお願い致します。

リンクありがとうございました。
キヤノンはRF機が大好きで、こちらは○○台ほど持っています。
バルナックが趣味性が強く実用的にはキヤノンに軍配が上がったせいだと思います。その後ベッサが出てからは増やしていません。
NEW F1位までが良い頃でT90やEOSになってからはあまり・・・でも持っていますが(^^;)
基本的に私のスタイルですと28mmか35mm、50mm、85mmの3本あれば大丈夫ですね。

むむ・・・・、クッチさん宅の防湿庫にはいったい何台のカメラが入っているのだろう・・・?(^^;
New F-1、シャッターの切れがいいので撮影が楽しくなるカメラですね。EOS-1 になると金属的な音なので、あまり好みではないんですぅ・・・。

何故か若いときはニコンが嫌いでした。あんな威張った会社の製品は絶対手を出さないと。同級生で誇らしげにニコンFを持ってゐるやつが羨ましかったのです。こっちはキャノネットQL-19。

レンズの交換できるカメラが本当に欲しかった。望遠レンズで写してみたい。広角で撮ってみたい。判官贔屓でキヤノンのF-1をやっと入手。しかも、オリーブを2台。確かあの頃NC戦争とか言ってたっけ。キヤノンFDレンズは良かったなああ。理由は簡単。ニッコールよりも最大2割方は安かったから。

あのころのアサカメのカメラ診断室は実に辛口で、今なら営業妨害記事になるでせう。「亡者の三角巾」とニコンFのペンタプリズムカバーのデザインを酷評したらニコンの社員が朝日新聞社に乗り込んだとか。

F-1の診断室の記事の中ではピントが出なくてワッシャーを使用してゐるとか。驚いて暫くはF-1を診るのが嫌になりました。

FDレンズは不変とアサカメの談話記事の中でキヤノンの社員が言ってゐましたが、ニューFDになり、AFを機会にEFマウントになって見限られました。あのとき大英断でキヤノンがメーカーの責任としてFDマウントのレンズやボディを一定の期間を定めて下取りをすれば良かったのに。AE-1族だけだって1000万台は製造したのに。銀座のカツミ堂で聞いたのですが、アメリカではFDレンズの人気は依然として強いらしいのです。

最近は、一旦手放したFDレンズを中古カメラ屋にて買ひ漁って買ひ戻してゐます。80-200ミリF4.0が8,000円でした。135ミリF2.0が4万円弱でした。100ミリF2.0がカツミ堂ですら3万程度。100ミリのF2.8が1万5000円程度。

FDレンズをアダプターを使用してEOS5Dに装着するのが良いやうですね。他にもそのやう奈方法があるみたいです。

巻上げの感触の感応性としてはF-1Nが最高では?あのペイントの塗りの質は最高ですね。ライカフレックスSLの黒ボディー並みです。ライカとかキヤノンとかいふブランドに捕はれずに拘らずに眺めてみればキヤノンF-1が最高。ニコンF2が僅差の二位、その次にライカフレックスSLなのかもしれません。1972年ではこの三機種は現行機でした。価格はキヤノンF-1とニコンF2がほぼ同じでライカフレックスSLは其の三倍程度ではなかったかなあ。

今年は40年、35年掛って、然も入店禁止のカツミ堂に入店を許され、ノクチルックス50ミリF1.2とライカフレックスSLミュンヘン五輪記念番号111をゲットゲットゲット!序にF-1も。100ミリF2.0,ズマレックスF1.5、ズミルックス50ミリF1.4(黒)も。

新橋の大庭商会で85ミリF1.2ASPHERICALを可也の高額でゲット。是だって30年以上かかりました。

ライカの運び屋くりちゃんまんは「超」都会人ですので車は拒否。黒塗りの日本交通のハイヤーで機材は偶に運びます。普段は池上に参拝するときなぞはチョゴリザのザックとLLビーンのトーとバッグでふうふう言ひながらも(お土産の葛餅と蜜豆とトロ天の重いこと)、ウエイトトレーニングも兼ねて運び運びます。お陰で糖尿病は克服できたみたい。最高450まで逝って、体重は85キロ。いつ心でも可笑しくないとか。現在は28キロ原料できて血糖値も空腹時は80。口うるさい上司、俗称毒キノコが、何でそんなに痩せたのか気に入らないとか、早く死ねとか。おっとどっこい、こっちだって人権があるんだ。

小生のカメラワールドはライカ、ライカフレックス、キヤノン、ニコン、ペンタックスKとそれらに対応するレンズどもです。あ、あとはハッセルの500C/M。AFレンズは拒否。

勿論機材に可也依存してゐますが、今年は撮ってますよ。けふまでで300本は逝きました。コダクロームは最後のおわかれで50本入手。あんなに地味な色作りだったのかなああ。30年前のコダクロームは実に派手だった。尤も、これは自分の大変曖昧な記憶なんです。

やっと撮影の勘が戻って来たのかもしれません。1,000本撮れば何とか10カット位は自慢できるのが撮れるのではないのかなあ。 

くりちゃんまんさんの歴史を感じさせてくれますね。
キヤノンはニコンの独占だったプロの世界に割り込む為に必死にカメラを作っていた時代ですから、この頃のキヤノン製品は良いですね。ニッコールはレンズによって発色が違う・・・と言われていたそうですが、キヤノンの FD は発色が統一されていたとか・・・。
今のキヤノンは職人気質を感じさせる製品が皆無(私感ですが)ですから、余計 F-1 が良き時代のカメラ・・・・という感じを受けます。

其の通り。同感。

小生キヤノン党と自称してゐます。

T90は未だ動きますよ。F-1はF-1とF-1Nのことなんです。

new F-1 は 巻上げだけが失格ですね。

皆さん、旧 F-1n の巻上げは滑らか・・・とおっしゃるので、触ってみたいです。(笑)
デザインは New の方が私好みなんです。

デザインもF-1の方が良いのでは?当時「重戦車」との俗称あり。

また、あのペイントは大変質が良くて、今現在再現するとなると大変なことだと思ひます。

所謂ニューF-1は低速側が電子シャッターで正確だし、AEプリズムを装着すれば絞り優先のオートになりますが、オートの方はAE-1やらT70,T80,T90に任せておけばよかったのでは?
電池切れで低速側のシャッターが作動しないのはいただけないなあと当時思ひました。

デザインもF-1の方が良いのでは?当時「重戦車」との俗称あり。

また、あのペイントは大変質が良くて、今現在再現するとなると大変なことだと思ひます。

所謂ニューF-1は低速側が電子シャッターで正確だし、AEプリズムを装着すれば絞り優先のオートになりますが、オートの方はAE-1やらT70,T80,T90に任せておけばよかったのでは?
電池切れで低速側のシャッターが作動しないのはいただけないなあと当時思ひました。

F-1 をお使いのユーザーは皆さん旧 F-1 の方をお褒めになりますね。私はまだ触ったことないものですから感触が分からないのですが・・・。いずれにしてもこの時代のキヤノンのモノ作りは良いようですね。

さうですね。同時代の同格のニコンF2,ライカフレックスSLなどは全て手作りの極みなのではないのでせうか。

ひとつ提案。ライカフレックスSLを使用されたことがありますか?もしさうでないのならカメラ店で試用してください。一眼レフのM3ですよ。

キヤノンF-1は土台はR2000?だったかな。このR2000も半端ぢゃなく感応性が宜しいかと存じます。FT→FTbは勿論値段相応の普及機ですが、それでも手作りの良さは十分あります。QLといふフィルム装填の簡単さはキヤノンの一眼レフの中でも最高でせう。

ニコン F2 もいいカメラですね。ライカフレックスSLは残念ながら使った事ないです。ライカRはR4、R7、R8、R9しか使っていないんです。ライカフレックス時代はライツ社がコスト度外視でカメラ、レンズを作っていた時代でしょうから、どれも作りはいいですよね。キヤノンもF-1時代がピークでしょうか・・・。こんな事を言ったらキヤノン、キヤノンファンから叱られますね。でも、拘りを感じるのはEOS-1よりF-1です。

EOSからは、まう別会社になったみたいです。

寧ろキヤノンが機械式シャッター搭載のカメラを作ったことがあったといふ感じですねえええ。

時計と簡単には比較できないんだけんども、何故フィルムカメラであの真似ができないのかなあああ。

先日目黒の三宝カメラでFDレンズを大量に購入しましたが、数本購入しても総額で壱拾萬円まで行きませんっでした。ま、あれがライツのレンズなら屹度値段が三倍から五倍ほどになるのではなからうか?

不変のFDマウントがnewFDになったのはまだ許せます。

F-1時代のキヤノンにはひたむきさを感じます。ファンが多いのも頷けるような気が致します。今、FDレンズは結構リーズナブルなお値段で買えるようですね。でも、ニコンもF4、F5といった嘗ての名機が情けなくなるような中古価格です。銀塩市場は落ち込んでいますね・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/15017381

この記事へのトラックバック一覧です: Canon New F-1:

« UV/IRカットフィルター | トップページ | Planar T* FE 110mm/f2 »