« 室生寺 | トップページ | 街の人間模様 »

2007年5月18日 (金)

Canon New F-1 その二

先日、思わぬところからキヤノン New F-1 が手元に参りましたが、早速テストしてみました。レンズは New FD 50mm/f1.4 です。このレンズは昔 T90 を持っていた時に所有していましたので、懐かしい標準レンズです。
先ずはいきなりごちゃごちゃした写真を・・・。
Fd50mm_01
公園の中に植えられていたものを撮影。次も一緒。
Fd50mm_03
で、今度は・・・、下らない被写体です。(笑)
Fd50mm_07
公園の中の新緑を撮ってみました。
Fd50mm_09
母親に甘える子。
Fd50mm_12
自分にとっては久々に使うキヤノンの New FD 50mm/f1.4 でした。発色、ボケ、立体感は如何でしょうか? しかし標準レンズは面白いです。

補足 : ピントの山が掴みやすかったです。EOS になってからのキヤノンとは全然違う感想を持ちました。スクリーンの大切さを今のキヤノンは忘れているような・・・・。

DATA : Canon New F-1 + New FD 50mm/f1.4  (Fuji RVP100)

« 室生寺 | トップページ | 街の人間模様 »

コメント

こんばんは。
50ミリが50ミリで使えるというのが良いですね。
やっぱり銀塩回帰がが必要なのかもしれません。

ritomoさん、お早う御座います。
永年親しんだ焦点距離がそのままで使えるのは自分の眼の画角が慣れているので使いやすいのは確かです。デジタルのようにやれ 1.3倍は・・・1.5倍は・・・何ミリ相当だっけ・・・と考える必要がありませんので。
今、メーカーのレンズカタログにはデジタルで使った場合、35ミリ判で何mm 相当になるか、わざわざ表記してありますが、これってメーカー自身がフルサイズに拘っているようにも取れるんですけどねぇ・・・。

う~んまあ悪くないですよね(^^;)
色が少し乗ってるような感じですが、ベルビアだからですかね?
最近、周囲の若い方たちはポートラを使っておられていて、柔らかい淡いトーンが多いです。
私もいまならカラーだとネガでポートラですね。
ベルビアやブロビアは冷蔵庫で不良在庫と化しています(^^;)

クッチさん、おはよう御座います。
ポートラはブローニーで買い置きしてあります。135 のベルビア 100 は値上げの時にまとめ買いしたのが残っているのです。でも、残りわずかです。

いやはやアサカメの6月号はキヤノンMF党とか。貴殿のブログが予言したやうなのでおどろきです。もしや、アサケメ編集部と何かコネでも?

ライカはライカなんですが、85ミリのレンズは今の処ツアイスZF85ミリF1.4がトップの感じがします。尤も、小生所有のFD85ミリF1.2ASPHERICALも30年前の製作とは信じられません。撮り比べをやらなきゃよかった。

スクリーンの倍率だけだとFTやFTbが最高。一寸暗いのが玉に傷。

F-1は小生のやうな眼鏡使用者には良いが、ストレスを感じますね。

この辺は感応的な要素が強いので異常のやうな暴論になりました。悪しからず。

いえいえ私はアサカメとは何ら縁はありませんです。たまたまの偶然です。ゴールデンウィーク前は久しぶりにカメラ雑誌を買いましたが、普段は殆ど買いません。面白いものがないからです。特にアサカメ、日カメは編集内容もまったく同じで個性がないですね。内容も毎月同じ、巻頭のグラビアも感動するような写真が少ないし・・・。写真ほどプロとアマチュアの差が少ないジャンルも珍しいのかもしれません。いえ、自分の写真は棚に置いての話しですが。(笑)

昔のマニュアルカメラは普及機でもファインダー倍率は高かったですね。それに比べると昨今の AF カメラは情けないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/15109887

この記事へのトラックバック一覧です: Canon New F-1 その二:

« 室生寺 | トップページ | 街の人間模様 »