« CONTAX T2 | トップページ | 室生寺 »

2007年5月16日 (水)

風景写真

私が写真を始めた時の主な被写体は風景でした。あちらこちらの風景を撮影に泊まりで出掛けたりしたものでしたが、最近は以前ほど風景は撮っていないですね。一般的な風景写真は竹内敏信さんが撮られているような写真を言うのでしょうが、広く考えれば身近な街の景色を撮っているのも風景写真と言えなくもないような・・・。必ずしも山や森や滝の写真ばかりが風景写真だけではないような気がしている最近の私です。都市風景も風景写真と思うのですが・・・。そんな思いを感じた事が無い時に撮影した写真がこれ。
Fuji
撮影日は 2000年 1月 1日。20世紀最後の元旦に精進湖での初日の出を撮影後、白糸の滝を撮影したものです。少し前の写真なので、懐かしいです。
しかし、最近の私はストリートスナップ写真を撮るのが楽しくなっております。

HASSELBLAD 503CXi + Planar T* CF 80mm/f2.8

« CONTAX T2 | トップページ | 室生寺 »

コメント

白糸の滝ですか・・・10年以上前に行ったのが最後ですね。
いわゆる風景写真は下手なんでまるで撮らないです(^^;)
遠景や絞って撮るのがダメですね。
街中ばかり切り取っています。
そう言えば有楽町のまんぷく食堂の写真はよかったですね。
私も撮っているんですが、ローアングルの発想がありませんでした。

風景とかネィチャーとかカテゴリーを分類する事が日本人は大好きですがあまりその枠にとらわれては撮る行為も面白くないし作品も面白くはならないと思うのです、私も自分の撮る写真が思いっきり枠の中にはまっている事を気付いた時からなんとか自分の撮る写真を変えたいと思うようになりました
そんな頃からカテゴリー分けされているフォトコンや写真集などはぜんぜん興味が無くなり自由な発想で撮っている多くのブロガー達の写真の方に刺激を受けるようになりました「拘らないことの自由さや素晴らしさ」そんなところがたまらなく今の自分の刺激になっております
拘りを捨てるという事は今まで自分の受け入れられなかったものまで素直に受け入れられるようになるという事でもありその素直に受け入れたものがまた自分にプラスに働く事が多いんですよね~

長々失礼致しました

クッチさん、お早う御座います。
せっかく楽しんでいる写真ですから、やはり撮りたいものを撮る・・・、これが一番だと思います。クッチさんが撮られた街風景を拝見しているうちに、世間一般に言われている風景写真の捉え方に少々疑問を感じてしまいました。
まんぷく食堂の写真は自分でも気に入っている写真の一枚なんです。

mukunohigeさん、お早う御座います。
まったく同意見です。私の勘違いかもしれませんが、どうも日本の写真界・・・というか、写真好きな人は風景写真を一段高く見ているような節が感じられるのです。一枚の写真ですから、おっしゃるようにあまりカテゴリーに捉われる必要などないように思います。
私もフォトコンの入選作品よりネットやブログで拝見する皆さんの写真に大いに刺激を受けています。コメント、有難う御座いました。

KONDOHさん、今晩は。まずはT2ゲット!おめでとうございます。綺麗な個体ですね。メンテは、今年一杯が期限なので使い込んで保証期間中に修理するのが得策かと^^
ナショジオの写真家の本に「自分の近所の風景を綺麗に撮る事」と書いてあるのを読んで以来、私はひたすら家の周りを撮ってますが…
難しいですね。KONDOHさんと同じく街を撮るのが面白いなあ。

スカルピアさん、こんばんは。
お陰さまでいい個体と巡り会いました。アドバイス通り、保証の付いている半年内でガンガン使い込んでみます。購入後のテストではオートフォーカス、コマ間、露出、問題ありませんでした。
自宅周辺の写真を撮るのっていいですね。街風景も今の私には風景写真です。これからは T2 が活躍しそうです。

こんばんは。
自宅周辺の風景でブログとサイトを作っております・・。
意外に面白かったりしますが、何年もやっていると撮り尽くしてネタが尽きてしまうのが欠点ではあります(^^;)

どうもここ20数年日本の写真界はジャンルごとに定型化、規格化が激しいやうです。誰でも風景、人物、花、などと撮っていいぢゃん。

小生は20代、30代前半までは狂ったやうに海外旅行、国内旅行、スキー、スケート、登山(と言ってもハイキング程度)などをし、写真も撮りましたが、最近は自分自身の健康問題と母親の介護がありて遠出はできません。でも、通勤途上とか買ひ物の序でにとか、カメラさへ携行してゐれば何とか絵にすべく可也の数を撮ってゐます。

近所でも豪邸が多く花は沢山あり、新緑は綺麗だし、商店街のスナップと題材はいくらでもあります。

小生は所謂コンパクトカメラには興味がありません。拘りを捨てるとすれば最近取引するやうになったフジのパレットの39枚撮りの「写るんです」が最高。フラッシュも付いてゐて498円。現像代200円引き。ま、これなんぞも33ミリF11100分の1秒でスーペリア・ビーナスISO400が入ってゐるので1メートルから3メートルの間ならズミルックスやズミクロンをF11に絞って125分の1秒で撮ったのをデジタルプリントのL判にして比較すると全く区別ができません。

小生は最近ライカのⅢgにカラースコパー21ミリF4.0で撮ってゐます。ライカビットも装着してゐるので、フィルムの装填の面倒臭さを除外すれば距離計も不要で大変快適。ライカビットで横向きの写真も撮れます。Ⅲ型ライカの良さがやっとわかって来ました。小生は手が大して大きくないのでⅢ型の方が手に馴染みますね。これを使ひ慣れて来るとM型ライカが大きすぎて重くて鈍重に感じます。

理想のコンパクトカメラは28ミリとか21ミリを装着したⅢ型ライカですぞ?!(冗談と本音と能書きのミックス。)

ritomoさん、こんばんは。
自宅周辺の風景写真、いつも拝見させて頂いてます。
私は自分が子供の頃に住んでいた周辺も撮ったりしていますが、まったく風景は変わってしまいました。まぁ、数十年も経てば変わりますね。(^^;

くりちゃんまんさん、こんばんは。
ご愛用はバルナックライカですか。しかし「写るんです」は39枚撮りなんですか、知りませんでした。私、未だ「写るんです」のような使い切りカメラを購入した事ないんです。でも、撮影したものをプリントで見た事ありますが、おっしゃるように良く写りますね。大したものです。

さうなんです。「写るんです」。最近フジのパレットといふチェーン店のパレット「特製」の「写るんです」が気に入ってゐます。だって、39枚撮りでフラッシュ付。498円。現像代200円引き。其の店の6PWの引き伸ばしはお値打ち品ですね。店が混雑してゐなければ10分以内に仕上がりますし、税込みで630円。デジタルプリントですが、そこそこの仕上がり。先日は6PWで3ミリの誤差があって焼きなおしさせました。ヨドバシのコダックのロイあるペーパーは750円。プラス消費税。2,3日待ち。

これは1米から3米で、フラッシュも同調。33ミリF11で100分の1秒です。つまり条件を整備すれば一個何十万円もするので撮ったのと大差は認められません。

悩みが増えました。

T2 のテスト撮影を一時間ラボでプリントしてもらったのも結構いいプリントでした。こういうお店は伸ばしてもらったのも割合安くやってくれますね。ネガは街ラボで充分かな・・・と感じました。ポジは量販店経由で・・・と。

全く全面的に同感。フィルムはそこそこのDP屋に任せて、貴殿ならデジカメの方にと分散できますね。

しかし、しかし、まだフジには職人がゐますよ。フジの横浜にもね。手焼きできる職人がね。6PWが一枚2,000円弱なんですが、プリンターの仕事も大変なもんですよ。原版以上に焼かれてしてやられました。ヨドバシカメラ経由でも手焼きは府中あたりに集中するやうです。

モノクロの職人も健在のやうです。

辛うじてとの感じはありますが、Press the button, we do the restの1898年?の広告のコピーは健在であります。

プリンターさんも人によって随分と腕が違いますね。随分前のことですが、写真展用に横浜に在ったプロラボで半切の手焼きをお願いしましたが、これがまったくダメ。
で、写真展に参加の方からのご紹介で別の場所にお願いしたら、素晴らしいというか満足の行く手焼きが帰って来ました。人によって変わるものだとつくづく思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/15086792

この記事へのトラックバック一覧です: 風景写真:

« CONTAX T2 | トップページ | 室生寺 »