« 6bit コーディング | トップページ | Elmarit-R 135mm/f2.8 »

2007年5月 6日 (日)

Summilux-M 35mm/f1.4(非球面初期型)

L1001500私のゴールデンウィーク(10連休)は昨日で終わり。今日から仕事だ。3日に北九州へ行った事はすでに触れました。私は持参のライカ M8 でスナップ撮影を楽しんだ。リバーウォーク北九州からスタートして小倉城庭園から小倉駅周辺、北九州市立美術館、門司港・・・と、オフ会の皆さんとお喋りしながらのスナップ撮影。途中食事やお茶の時間を交えながらのひと時でした。で、休憩がてらお茶しようという事でお店に入り、しばし談笑の時間。その時私は L1001503 MP6 をお持ちになられた ritomoさんにカメラを見せて頂くと付いていたレンズが最近興味を持っている Summilux-M 35mm/f1.4 でした。爛々と眼の輝いた私はレンズをお借りして自分の M8 に装着し店内をパチリパチリ。万一レンズに傷を付けたりしてはいけないと思い、直ぐお返ししたところ ritomoさんからそのレンズのバージョンをお聞きしてビックリ!
その Summilux-M 35mm/f1.4 は非球面の初期型との事。初期の非球面 Summilux はライカファンなら承知の如く二枚の非球面レンズを使っている。その後、コスト削減か非球面は一枚に変更になっているので、非球面二枚の Summilux は市場に出た本数が少ない事もあり、かなりの高価なレンズとなっているのはご存知の通り。知らずとは言え、大変貴重なレンズをお借りしたものである。現在自分は M型レンズで一番欲しいものがSummilux 35mm である。現行品が欲しいのですが、高くて手が出ないのである。あぁ・・・(溜息)。写真はそのお借りした非球面初期型 Summilux-M 35mm/f1.4 で撮影したもの。絞り開放で撮影しています。
DATA : LEICA M8 + Summilux-M 35mm/f1.4(非球面初期型) WB 5200K  ISO 640  -1/3 補正

« 6bit コーディング | トップページ | Elmarit-R 135mm/f2.8 »

コメント

このレンズには思い出があります。
まだこのレンズが生産中の頃、どうしても皆手にはいらず、今のようにインターネットも中々普及はしていませんでしたから、銀座の某高級店では、88万円)という値段がついていました。
英国車好きなわたしは、英国のライカディーラーに問い合わせたところ、2個在庫有り、1個33万打とのこと、友人マニアに話しましたら、2個ともかってくれたら、1個は半年使っていい!というので、わたし、半年使った経験があります。ライカマニアな友人は1個の値段で、二個買えたと喜んでいました。
当時のシーベル正規価格はたしか42万だったと思いますが、何分、見入荷状態だったのでした。

懐かしい思い出です。

ラ・ペルラさん、こんにちは。
いや~・・・・、以前はライカをお使いだったのですか!どちらかというと「反ライカ派」と勝手に誤解しておりました。申し訳ありません。
シーベル価格で 42万円ですか・・・。多分、中古価格は今それ以上ではないでしょうか・・・。私は現行品で充分なのですが、今は手が出ないです・・・。

非球面の初代も現行品も所有してゐますが、写りにはノクチルックス初代と現行品の違ひほどの差は無い気がします。発色もわからないなあ。ボケ味もかなあ。

何故か現行のノクチルックスF1.0が3本ありますが、どれを使っても違ひは見つけられません。

げげ~・・・、ノクチを3本もお持ちなんですか?
むむ~・・・、ただただ驚愕ですぅ・・・。

その節はお疲れ様でした。

ちょうど現像液を切らしてしまって未だに未現像のフィルム達が恨めしそうに転がってます(^^;)自家調合なので試薬が届き次第、現像にかかります。

らおたさん、こんばんは。
先日はお世話になりました。使い込まれた黒の IIIf カッコ良かったです。現像が終りましたら Summicron 50mm の写真を是非掲示板で拝見させて下さい。

KONDOHさん、こんばんは。
くりちゃんまんさんが、おっしゃるように写りはかわりませんです。
個人的には僅かにある樽型の歪曲が気になり、余り好きじゃあありません。このレンズ・・・。

おっしゃるように上の写真を見ると微妙に樽型がありますが、充分許容範囲です。しかし現行品の価格は・・・。

この非球面ズミルックス35ミリ初代とノクチルックス50ミリF1.2はM型ライカ用のレンズとしては比較的新しいにも拘らず「珍品」なんでせう。あとは旧い所ではタンバール、ヘクトール73ミリ、125ミリ。ま、相場が高いと言ふ意味なんですが。

ノクチルックス50ミリF1.2はアサカメの1967年のどれかの号に木村伊兵衛先生の試用速報があり、「開放で使へる。F値競争よりも実用面を重視してほしい」(主旨)とのこと。伊兵衛節の極みでした。C社のF0.95やF1.2とかN社のF1.1との連想があったのかもしれません。

非球面初代ズミルックス35ミリの実物は見たことがありません。現行の35ミリASPHしか試用してゐません。

最近は実写の結果ではノクトン35ミリF1.2,ウルトロン35ミリF1.7の勝ちかな?

Why Leica? それでもライカ。

今まで R ライカをメインにレンズも調達して来ました。M が手薄なので充実させたいのですが、先立つものは無し・・・。ノクチなんて、夢のまた夢であります。

現行のノクチルックス50ミリF1.0なら新品でe-bayの言ひなり価格(=Buy it now )でなら10本位はヒットします。そのあとクリックすると小生のやうに3本になります。初代は銀座で入手。あれ!4本で200万を超えてしまったのか?

今度65万程度に値上げとか。

ズミルックス35ミリも50万?程度になるのかも。今時値上げだなんてライカAEGは何を考へてゐるのかなあ。

どうも小生はDMRやM8に逝く直前でレンズに救助されて何とか此処まで生き延びてゐるやうです。

けふは498円(税込)のパレット特性の「写るんです」とズマロン35ミリF3.5の撮り比べをしたのですが、日中では区別が付きませんでした。日本の技術力はすごい。これぢゃライカは危ないわけだ。それと「写るんです」は最高のスナップカメラぢゃないかな。これで撮ってゐて殴りかかられたことはありません。HCBが存命なら喜んで試用するのかも?

でも、ライカには夢が、魂が、希望があってほしい。

Why Leica?  Because Leica. 

お早う御座います。
趣味で写真をやっているので、おっしゃるように夢がなければつまらないです。ただ写真を撮るだけなら一般的なズームレンズセットを購入すれば済むわけです。
でも私みたいに工業製品として秀でたもの、そういうものを好む人間にはズームレンズセットほどつまらないものはないわけです。誤解のないように申し上げますが、ズームレンズセットを貶しているわけでは勿論ありません。また写りが悪いという事でもありません。あくまで私の趣味としての拘りを申しているだけであります。製作者の拘りを感じる製品、職人気質を感じる「モノ」が大好きなだけであります。
ユーロ高でヨーロッパ製品は値上がる一方ですね。今の内に無理してでも買っておいた方が良いのか・・・。

同感至極。かつては屹度産業革命の英国がさうであったらうし、仏蘭西も、独逸も。

職人の何とかがといふのがあってほしいものですが、バーバリーですらUKの本国内の工場を全て閉鎖したとか。デモのプラカードに'Keep B urberry English!'といふのがありました。これも時代ですかねええ。

R&Rも工場があるのですかねええ。

Roverは?

ボルボは?

VWは?

’Keep Leica genuin German!’ だあああ。

大昔銀座のキヤノンサロンで一億出すから4sbを復刻してくれといふお医者さんがゐたさうな。

ニコンのS3とSPの復刻には脱帽。

今現在カメラやレンズに関しては例へ隙間とかニッチであらうとも、コシナは偉い。あの社長のライカ道楽はヨドバシカメラの社長のコレクションよりも意義があるのではなからうか。何故あそこまでライカやツアイスの真似以上のことができるのか?生きてゐて良かった。

セイコーだったか、機械式時計の再生産を始めたとか。NHKのニュースで放映してゐて涙しました。  

手作りとか職人芸の世界は大好きです。小生は今現在「和」を大事にしたい。普段着は着物。下着は褌。だから、変人扱いされます。特に母親にはね。それでもわが道を逝く。

デジカメもズームも否定はしません。どうぞ、どうぞ。それはそれ。でも、フィルムが何とか存続して欲しいものです。モノクロと大判が怪しくなってゐる感じ。まさか、ブローニーや135まで来るのか?

KONDOHさんとは「クルーズ・クルーズ」の湘南カメラ倶楽部主催のオフ会でお会ひしましたっけ?

最初にお断りして・・・、キヤノンを揶揄して言うのではないのですが、もし自分がプロカメラマンだったら間違いなくキヤノンの EOS システムを使っている事でしょう。あれだけズームレンズが揃っていて、オートフォーカスも世界で一番進んでいる(正確さは別にして)製品は恐らく仕事で使うには最高のシステムだと思います。便利この上ないシステムですね。
でも、キヤノンの製品からは職人気質や拘りは感じません。いえ、キヤノンだけでなく、国産メーカーの殆どに感じません。実用機以上の何も感じません。おっしゃるようにコシナは社長の趣味が高じて・・・という感じで、最近は拘りを感じる製品を作り続けてくれるので応援したいです。繰り返しますが、光学製品に限らず、職人気質、拘りを感じる工業製品が好きなんです。
「クルーズ・クルーズ」というのは存じ上げておりませんので、多分お会いしていないのではないかと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/14966930

この記事へのトラックバック一覧です: Summilux-M 35mm/f1.4(非球面初期型):

« 6bit コーディング | トップページ | Elmarit-R 135mm/f2.8 »