« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

ワーグナーの毒

「ワーグナーの毒」という言葉が有る。ワーグナーの音楽の魅力に嵌り、そこから抜け出せないでいる事を言う。ワーグナーのような或る意味饒舌な音楽を嫌う人も当然おりますが、私は飽きない口である。ワーグナーと言えばなんと言っても大作「ニーベルンクの指輪」は欠かせない。上演に四夜を要するこの大作オペラ(楽劇)はバイロイト音楽祭の目玉でもあるわけですが、この四部作の中でも傑作は言うまでもなく「ワルキューレ」である事にクラシック音楽を愛する人にとって異論は無かろう。

中でも第三幕冒頭に演奏される「ワルキューレの騎行」はベトナム戦争を扱った映画「地獄の黙示録」で使われて以来、クラシック音楽に特に興味の無い方も知っているはずである。しかし「ワルキューレ」の中で最も感動的な音楽は「ヴォータンの告別と魔の炎の音楽(さようなら、勇ましい我が子よ)」である。ドイツの名指揮者、ハンス・クナッパーツブッシュが英デッカに録音したワーグナー・アルバムに残された演奏を私は永年愛聴している。写真の二枚の LP レコードがそうで、この二枚を合わせた CD を車の中で聴いており、もう何十回聴いているか分からない。何度聴いても素晴らしい演奏で、およそ聴き飽きる事がない。ヴォータンをバリトンのジョージ・ロンドンが熱唱している。嘗て 50年代から 60年代にかけてバイロイト音楽祭に欠かせないバスバリトン歌手、ハンス・ホッターほどの味はないが、これだけ聴いている分には何ら不満は無く、とても感動的な音楽になっている。

二十代の時にはワーグナーの楽劇を休憩無しにぶっ続けで聴いていたりしたが(レコードで)、さすがに今はその体力も気力も欠けてしまった。(笑) しかし、この CD、LP に収められている演奏は、さすがワーグナー指揮者の面目躍如という感じで、まったくもってケチのつけようが無い。「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死では、これまたワーグナー音楽のドラマティック・ソプラノとして一時代を築いたビルギット・ニルソンがイゾルデを歌っており、これも素晴らしい。
管弦楽だけの演奏では「ジークフリートの葬送行進曲」でクナッパーツブッシュらしい堂々たる名演奏が聴ける。ワーグナー聴くならやはりクナッパーツブッシュ・・・という思いを感じさせてくれる名録音である。

Wagner

クナッパーツブッシュ/ワーグナー名演集 (英デッカ/ロンドン)

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮  ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ジョージ・ロンドン(Br)
ビルギット・ニルソン(S)
キルステン・フラグスタート(S)
1956~1959年、ウィーンで録音

2007年6月28日 (木)

京都・二条城

今回の京都行きの二日目は朝から三千院に入って新緑と紫陽花を楽しんだ。帰りの新幹線は早めの京都駅発を選んでいたので、三千院を午前中見たらそのまま京都駅へ向かう予定であった。大原からバスに乗る際、バス会社の職員によると直接京都駅に向かうと交通混雑で時間が掛かるとの事で、国際会館駅前までバスを使い、あとは地下鉄にした。地下鉄車内で時計を見ると新幹線の時間まで少々間があるので、急遽途中で地下鉄を乗り換えて世界遺産に指定されている「二条城」に行ってみることにした。しかし、いざ入ってみるとそれほど写欲を刺激されるほどのものもなく、時計を気にしながらぐるっと周って来ただけで終った。春なら桜も見られるようですが、今の時期は生憎・・・という感じであった。

Nijojo_01

Nijojo_02

Nijojo_03

DATA : Canon PowerShot G7

2007年6月27日 (水)

京都 その四

先週の京都、初日は一日ほとんど雨。紫陽花の撮影目的だったので雨は歓迎していたのですが、残念ながら咲き誇る紫陽花にはお目に掛かれず、時期も少々早かったようだ。しかし雨中とはいえ、新緑は何処も綺麗だった。もし晴れている日、透過光で見たらさぞかし素晴らしい光景だったであろう。
しかし雨の中とはいえ、欲をかかずに一応撮影しておいた。今日は雨中の新緑を・・・。

Kaede_01

Kaede_02
以上、「哲学の道」で撮影。

Kaede_03

Kaede_04
以上、「真如堂」で撮影。

Kaede_05
南禅寺で撮影。

DATA : CONTAX T2 / Zeiss Sonnar T* 38mm/f2.8  Konica CENTURIA 400

2007年6月26日 (火)

Macro-Elmar-R 100mm/f4

現行のライカ R 用のマクロレンズでは 60mm/f2.8 と 100mm/f2.8 が用意されている。100mm は言うまでもなく Apo-Macro-Elmarit-R 100mm/f2.8 で、ライカ R ユーザー間では通称 AME で通っている優秀なレンズ。この AME の先代が表題の 100mm マクロレンズで、ベローズ専用の 100mm/f4 と同じもの。
私は AME を入手するまでは、この開放値 f4 のマクロレンズをずっと愛用していた。しかし AME を入手してからは f4 の方は一回も持ち出していない。可哀相である。(笑)

今日はこの Macro-Elmar-R 100mm/f4 で撮影したカットを掲載致します。 撮影場所は東京・調布、神代植物公園。
Me100_01

Me100_02

Me100_03

Me100_04

DATA : LEICA R7 + Macro-Elmar-R 100mm/f4  Fuji RVP100

2007年6月25日 (月)

横浜港大さん橋 その二

横浜港大さん橋については以前紹介しましたが、今でも時々行く事がある。豪華客船が入港すると見物客が大勢訪れる場所で、人気がある。船による旅行が一番の贅沢と言われているが、一度くらい経験してみたいものである。まぁ・・・自分の場合は一生無理ですが・・・。
溜息を吐きながら(笑)、イギリス船籍の豪華客船「オーロラ号 76,152t」でも紹介しましょう。

Aurora_01

Aurora_02

Aurora_03

Aurora_04

Aurora_05

DATA : LEICA R9 + Apo-Telyt-R 180mm/f3.4 (一枚目)、Elmarit-R 19mm/f2.8 (type II) (二枚目)、Summicron-R 50mm/f2 (type II) (三~五枚目) + DMR

2007年6月16日 (土)

朝比奈隆/シカゴ交響楽団

Asahina_01_21996年5月16日、アメリカ五大メジャーオーケストラのひとつ、シカゴ交響楽団に日本の指揮者界の重鎮、朝比奈隆氏が招聘された時の演奏会が DVD としてお目見えした。曲は朝比奈氏の十八番とも言えるブルックナー/交響曲第五番。この時氏は 88歳。

朝比奈氏とブルックナーと言えば朝比奈ファン、ブルックナーファンなら先ずは聴きたくなる好プログラム。ブルックナーの交響曲がまだまだ日本のクラシックファンにそれほど浸透していない頃から朝比奈氏は取り組み、曲の素晴らしさを日本のファンに教えてくれた第一人者。私も何度も演奏会に足を運んだが、氏の没後、ワクワクさせてくれる指揮者が居なくなり、演奏会へも最近はすっかりご無沙汰である。

さて、シカゴ交響楽団との演奏会。さすが世界を代表するオーケストラだけあって、見事な演奏を繰り広げてくれる。当時、朝比奈氏がシカゴ交響楽団を指揮した事はクラシック音楽界でも当然の事ながら話題になり、ファンとしてはライヴ CD として発売されれば・・・と、願ったものであるが、NHK から正規の DVD として発売された事には大感謝!
Asahina_02

Asahina_03

Asahina_04
シカゴ響は女性奏者が割と多く、日本人らしき奏者も顔が見えた。朝比奈氏らしく、ゆったりとしたテンポで一音一音を大切に指揮して行く。我々ファンは朝比奈氏の事を「オッサン」と呼んで親しんでいたが、もうオッサンの生の姿を見られないのは非常に寂しいことである。ここ二十年くらいの間に巨匠と言われるようなアーティストが次々に亡くなって行き、クラシック音楽界も豪傑が居なくなったような気がするのは私だけであろうか・・・。

2007年6月15日 (金)

中判カメラの時間

Tyuban
タイトルは藤田一咲さんの一連の著書「○○の時間」シリーズをもじって付けました。昨年暮れから今春まで、ライカデジタルを入手した事からデジタル撮影中心の写真ライフでした。そこでゴールデンウィーク休みは久々にフィルム撮影をするようにしていた。ところが弾みがついて最近はデジタル撮影よりフィルム撮影の機会の方が多くなっている。今更申すまでもなく、やはりフィルムはいいですねぇ・・・。特にフィルムサイズがそこそこ大きい中判が自分にはベスト。で、長い間に写真のように中判カメラが集まってしまった。中判ではハッセルで撮影する事が一番の楽しみですが、他のカメラも個性が有って手放せない。35ミリの方は CONTAX T2 の稼働率が最近高くなっています。
私の中判カメラ入門はペンタックス 645(初代)で、標準レンズ、ケーブルレリーズ等が同梱されている何かのメーカー製記念セットでした。もう大分前ですね。その後いろいろと変遷があって現在は写真の通り。RB67 を除くと 6x6 サイズのカメラばかり。正方形の画角が好きなんですね。ただライカ DMR 購入時、CONTAX 645 のセットを手放した事を今は後悔している。しかしこんなにボディを何台も持ってどうするの?・・・と思うのですが、同じ 6x6 でも仕様が違うから・・・と理由付けをしております。(笑)

2007年6月14日 (木)

T2 でコダクローム

お気に入り CONTAX T2 に初めてコダクロームを詰めて撮影してみた。今迄カラー、モノクロとも撮影していましたが、ネガを使っての撮影。リバーサルだとどういう感じかな・・・という思いというか、期待を持っての撮影。PKR らしい、渋めの発色ですね・・・。
38mm_39

38mm_44

38mm_45

38mm_46

CONTAX T2 / Zeiss Sonnar T* 38mm/f2.8  Kodak PKR

2007年6月13日 (水)

Elmarit-M 90mm/f2.8 (type II)

Elmarit90mm
先月末、Elmarit-M 90mm/f2.8 (type II)と眼が合ってしまった。最近、ユーロ高の影響でライカ製品の新品価格は上がる一方であるが、中古価格は下がっているのであろうか・・・?
某ショップに新同品が超格安(半年保証)で並んでおり、悩んだ末に購入する事にしてしまった。ライカで 90mm は必ずしも使いやすいとは言えないのですが(特に M8 では)、こういう機会もそうそうないだろう・・・という事と、一本くらい 90mm を持っていても良いだろう・・・と正統的理由を無理やりこじ付け、自分を納得させて入手する事にしました。
Summicron-M 90mm/f2 もあまり変わらない価格で出ていたが、レンジファインダーで使うには大きい・・・という理由で Elmarit-M 90mm/f2.8 を選んだ。しかしコンパクトな割には意外とズッシリ来るレンズで、さすがしっかりした作りである。
Elmarit90_02

Elmarit90_03

Elmarit90_05

DATA : LEICA M8 + Elmarit-M 90mm/f2.8 (type II) UV/IR Cut filter

2007年6月 8日 (金)

Planar vs Planar

昨日ハッセル用 Planar T* CFE 80mm/f2.8 を紹介しましたが、今日はローライ用 PQ Planar 80mm/f2.8 HFT と同一被写体を撮り比べたものを見て頂きます。両者は今更申すまでもなく同じレンズ設計で、ハッセル用はツァイスの T* コーティング、ローライは独自の HFT コーティングという違いですね。鏡胴の内面処理の違いも当然有りますが・・・。使用したフィルムはどちらも富士のベルビア 100。使用したボディはハッセルが 503CW、ローライは 6001 です。二枚の写真、どちらがハッセル用、或いはローライ用でしょう・・・?
尚、絞りとシャッターは同一で撮影していますが、機械的動きの違いがあるのか、1/3段 くらいの微妙な露出差が出ておりますが、これは無視して下さい。リサイズ時に若干のシャープネスを加えておりますが、その他のレタッチは一切施していません。
80mm_1

80mm_2
さあ・・・、如何でしょうか? 両プラナー、見分けがつきますでしょうか・・・?

2007年6月 7日 (木)

Planar T* CFE 80mm/f2.8

ハッセルブラッドの標準レンズ Planar T* CFE 80mm/F2.8 です。
Cfe80mm
何も説明の必要のないレンズですね。もちろん CFE は現行のタイプで、絞りリングを「F」にセットするとフォーカルプレーン用の 2000、200系ボディでも使える。以前、久々にこのレンズを 203FE で使った際、絞りを「F」にセットするのを忘れて未露光フィルムを作ってしまったのは記憶に新しい。なんともお恥ずかしい失敗をしたものである。(笑)
写真は最近撮影したものではないので申し訳ないですが、描写については現行タイプらしいコントラストと発色が見られると思います。
Cfe80mm_01_1

Cfe80mm_02

Cfe80mm_03

Cfe80mm_04

DATA : HASSELBLAD 503CW + Planar T* CFE 80mm/f2.8  RVP 100

2007年6月 2日 (土)

Planar T* FE 110mm/f2 その三

今日も引き続き Planar T* FE 110mm/f2 です。横浜・山手の洋館を見学した時の写真で、今回もすべて手持ちで撮影しています。
P110mm_74_1

P110mm_79

P110mm_78

P110mm_23

P110mm_72
この一枚だけ山手通りを歩きながら撮影したものです。端整な写りをするレンズだと思います。

DATA : HASSELBLAD 203FE + Planar T* FE 110mm/f2  Kodak 160VC

2007年6月 1日 (金)

Planar T* FE 110mm/f2 その二

以前に紹介したハッセル用 Planar T* FE 110mm/f2 で花を撮影したものを掲載してみます。開放手持ちでの撮影は無謀であるのを承知でトライした写真もあります。室内で撮影したものが中心ですが、一枚だけ外で撮影しております。室内ではシャッタースピードが遅くなりますし、このレンズできっちり撮るには、やはり三脚に据えて撮るべきなのでしょうね。
P110mm_61

P110mm_63

P110mm_81

P110mm_83

P110mm_71

DATA : HASSELBLAD 203FE + Planar T* FE 110mm/f2  Kodak 160VC

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »