« 横浜港大さん橋 その二 | トップページ | 京都 その四 »

2007年6月26日 (火)

Macro-Elmar-R 100mm/f4

現行のライカ R 用のマクロレンズでは 60mm/f2.8 と 100mm/f2.8 が用意されている。100mm は言うまでもなく Apo-Macro-Elmarit-R 100mm/f2.8 で、ライカ R ユーザー間では通称 AME で通っている優秀なレンズ。この AME の先代が表題の 100mm マクロレンズで、ベローズ専用の 100mm/f4 と同じもの。
私は AME を入手するまでは、この開放値 f4 のマクロレンズをずっと愛用していた。しかし AME を入手してからは f4 の方は一回も持ち出していない。可哀相である。(笑)

今日はこの Macro-Elmar-R 100mm/f4 で撮影したカットを掲載致します。 撮影場所は東京・調布、神代植物公園。
Me100_01

Me100_02

Me100_03

Me100_04

DATA : LEICA R7 + Macro-Elmar-R 100mm/f4  Fuji RVP100

« 横浜港大さん橋 その二 | トップページ | 京都 その四 »

コメント

KONDOHさん、おはようございます。
ME100はとても素晴らしいレンズですね。AMEの情緒的とも言える描写と比べると、クールで切れのある描写に引かれています。

ritomoさん、お早う御座います。
ME100 は F値を欲張っていないせいか、開放からシャープですし、おっしゃるようにクールで切れのある描写という言葉が相応しいと思います。
最近、出番がないので使わないと・・・。

小生はAMEから入ったのでMEは所有してゐませんが、これもそれなりに良いレンズのやうですね。

ME は最近使っていませんが、ブログに書いたように AME を入手するまでの主力選手でした。F4 の為、スクリーンのスプリットが時々陰ったりするのがやっかいですが、良いレンズだと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜港大さん橋 その二 | トップページ | 京都 その四 »