« 中判カメラの時間 | トップページ | 京都駅 »

2007年6月16日 (土)

朝比奈隆/シカゴ交響楽団

Asahina_01_21996年5月16日、アメリカ五大メジャーオーケストラのひとつ、シカゴ交響楽団に日本の指揮者界の重鎮、朝比奈隆氏が招聘された時の演奏会が DVD としてお目見えした。曲は朝比奈氏の十八番とも言えるブルックナー/交響曲第五番。この時氏は 88歳。

朝比奈氏とブルックナーと言えば朝比奈ファン、ブルックナーファンなら先ずは聴きたくなる好プログラム。ブルックナーの交響曲がまだまだ日本のクラシックファンにそれほど浸透していない頃から朝比奈氏は取り組み、曲の素晴らしさを日本のファンに教えてくれた第一人者。私も何度も演奏会に足を運んだが、氏の没後、ワクワクさせてくれる指揮者が居なくなり、演奏会へも最近はすっかりご無沙汰である。

さて、シカゴ交響楽団との演奏会。さすが世界を代表するオーケストラだけあって、見事な演奏を繰り広げてくれる。当時、朝比奈氏がシカゴ交響楽団を指揮した事はクラシック音楽界でも当然の事ながら話題になり、ファンとしてはライヴ CD として発売されれば・・・と、願ったものであるが、NHK から正規の DVD として発売された事には大感謝!
Asahina_02

Asahina_03

Asahina_04
シカゴ響は女性奏者が割と多く、日本人らしき奏者も顔が見えた。朝比奈氏らしく、ゆったりとしたテンポで一音一音を大切に指揮して行く。我々ファンは朝比奈氏の事を「オッサン」と呼んで親しんでいたが、もうオッサンの生の姿を見られないのは非常に寂しいことである。ここ二十年くらいの間に巨匠と言われるようなアーティストが次々に亡くなって行き、クラシック音楽界も豪傑が居なくなったような気がするのは私だけであろうか・・・。

« 中判カメラの時間 | トップページ | 京都駅 »

コメント

KONDOHさん、こんにちは。
僕は主に古楽の演奏が好きなので、バロックを中心にディスクを持っています。ディスクにお金が回らなくなって久しくなりますが、まだ通して効いていないディスクが山ほどあります。全く困ったものです(^^;)

ritomoさん、こんにちは。
一緒です・・・。私もまだ聴いていないディスクが結構あります。最近、輸入 CD がかなり安くなっているのでついまとめ買いしちゃうのですが、そういうものをまとめて聴く時間が取れない・・・。でもお店に行くとまた買ってしまう。悪循環です。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中判カメラの時間 | トップページ | 京都駅 »