« 今日の一枚(2) | トップページ | 飛行機撮影 »

2007年7月16日 (月)

今日の一枚(3)

名画「カサブランカ」だったか、「君の瞳に乾杯!」という名セリフがありましたが、ヘップバーンみたいなこういう瞳の女性に出会ったら同じセリフを言いたくなる気持ちも分かるような・・・。(^^)

P75mm_03

DATA : BRONICA S2 + Nikkor P 75mm/f2.8  Kodak 160VC

« 今日の一枚(2) | トップページ | 飛行機撮影 »

コメント

バルドーもローレンもモンローも出てきた時は、凄く美しい女だったのでしょうが、今見ますと、時代の美人感覚のズレか、感動が薄いですね。

ヘップバーンは別格でしょうかね?

こんにちは。
ヘップバーンの瞳には、イタズラっぽい感じとか愛らしさとか、そういうものを感じます。

ラ・ペルラさん、こんばんは。
時代時代で好まれる美人像って違いがあると思うのですが私、バルドー、ローレン、モンローは子供の頃から苦手のタイプなんです。モンローの映画は未だに一本も見たことないんです。バルドーも昔見たショーン・コネリーの西部劇に出ていたのを見たくらいで・・・。ローレンも一本だけ。
可憐なタイプが好みです。 ヘップバーン、大好きです。(笑)

ビワさん、こんばんは。
「ローマの休日」のヘップバーンは良かったですねぇ・・・。今までに何回見たことか・・・(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚(2) | トップページ | 飛行機撮影 »