« 今日の一枚 | トップページ | 枻文庫 »

2007年7月11日 (水)

キヤノン EOS 7

Eos7

前々からキヤノンの手持ちレンズ(50mm/f1.4 と 300mm/f4L IS)を生かすため、安い銀塩ボディを一台調達したいなぁ・・・と考えていたのですが、レンズ三本を処分しに行った帰り、上記 EOS 7 を入手してしまった(笑)。バッテリーパック付きの程度 A ランクで 2万円そこそこという、とても安価な価格。デッドストック品のような、ほとんど使用感の無い綺麗なボディです。ネットで調べてみたら発売年は 2000年 10月、発売時の価格は素のボディで 93,000円でした。キヤノンの旧製品はホント安いですよね・・・。この安価なボディでコマ速は毎秒 4コマです。充分ですね。私が一眼レフで一番嫌うのはブラックアウトの長いボディなんですが、秒 4コマというコマ速のせいか、ブラックアウトも気になる長さではない。

測距点は 7点で、キヤノンお得意の視線入力付き。しかし多分視線入力は使わないなぁ・・・。驚いたのはミラーアップ機能が付いていた事。結構本格的なボディである。とは言いながら裏蓋を開けてフィルムレールを見るとプラスティック。こんなところにコストをケチっているのですね。まぁ、このカメラに今更百本も二百本もフィルムを通す事は無いので、耐久性も大丈夫かな・・・。一応これでキヤノン EF レンズでもフィルムを楽しめる事が出来るようになった。

« 今日の一枚 | トップページ | 枻文庫 »

コメント

KONDOHさん、今晩は。
ちょいと型の古い銀塩カメラの保護は、子犬子猫の里親探しみたいで微笑ましいですよ。
私も行きつけのカメラ屋で棚ざらしになっている古いカメラを見ると、この次も居たら持って帰ろう!って思ってます。
EOS7もKONDOHさんに引き取られて良かったですね。

僕は去年の秋にEOS7sを新品で買いました。最後の銀塩EOSという名目で。
EOS中級機の伝統なのかシャッター音が小さめなのが気に入っています。フィルムレールは僕もがっかりしました。
重さが丁度よいので、最近はEOS-1Vより出番が多くなっています。

スカルピアさん、
棚を見ているとキヤノン銀塩ボディは可哀相なくらいのプライスが付いています。ちょっと傷が付いているようなのは 1万円を下回るものもあります。そのお店では 1万円以下は半年保証が付かないので 1万円以上で物色していました。キヤノンはライバルのニコンとは比べられないくらい銀塩は安いですねぇ・・・。それだけキヤノンユーザーはデジタルにシフトしているという事ですね。

ビワさん、
実は EOS-1VHS の程度の良いのがあったので EOS 7 と比べたのですが、今後の撮影本数を考えたら EOS 7 で充分との結論を出しました。ちなみに 1VHS も 10万を下回っているのです。新品価格を考えるとほとんど捨て値のような気がしました。
EOS 7、おっしゃるようにシャッター音が小さいです。昔使っていた EOS 55 も同じような印象が残っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚 | トップページ | 枻文庫 »