« ユネスコ村 ゆり園 | トップページ | ベネトン »

2007年7月 5日 (木)

マミヤ RB67 Pro SD

Rb67_01

大判カメラについて多くの皆さんからコメントを頂き、感謝しております。写真をやっている以上、どなたも大判には関心があるという事ですね。時間を掛けていろいろ勉強、検討をしたいと思っています。

さて、その大判に逝く前の中判カメラ、手持ちの中判で一番稼働率の低いのが写真のマミヤ RB67 Pro SD である。普段、中判カメラも歩きながらの市中スナップに使っている手前、この RB67 も手持ちでしか使った事がない。しかし手持ちで使うには如何にも大きく重く、持ち出す時はそれなりの勇気が必要である。実は東京・六本木でこのセットを肩から提げている若い女性を二度見た事がある。二度の機会は間が空いておりましたが、多分同じ女性ではなかろうかと思う。何しろ子供の頃から人の顔を忘れるのが得意で(笑)、一度会ったくらいでは直ぐ忘れてしまうのである。であるから二度見た女性が同じ方かどうかは自信が無い。しかしこのカメラを使っている女性に対し、私は無条件で尊敬する。

自分にとっての中判カメラは、やはりハッセルが一番使いやすい。でも、このマミヤ RB67 も使ってやらないとなぁ・・・。ちなみにレンズは写真の標準 127mm 一本しか持っていない。

Kl127mm_03

DATA : MAMIYA RB67 Pro SD + KL127mm/f3.5L  Fuji RVP100

« ユネスコ村 ゆり園 | トップページ | ベネトン »

コメント

KONDOHさん、こんにちは。
67の画面比率はいかがですか?
私は、以前645を使ってみて、やはり66でないとだめだと思った事があり、噂の4X5も四角じゃないからどうしようかなあ〜と迷っておりまする。

スカルピアさん、こんにちは。
67 と 4x5 はほぼ同じような画面比率だと思うのですが、66 が好きな自分としては 67 はやや中途半端な画角かな・・・と感じています。
横位置だと一見スクエアに見えますが、縦位置にすると結構長方形に見えますね。しかし RB67 を手持ちで縦位置撮影はちょっときついです。(笑)

書き忘れましたが RB67 のバックはリボルビングなので、手持ちでの撮影、縦位置、横位置とも問題ありません。リボルビングなしのウエストレベルで縦位置は・・・というジョークです。ぺこり、ぺこり。

重さで言えば、RBもリンホフも同じぐらいですよ。
と、さらに大判ネタで「押す」。

フィルムもクイックロードを使えばかなり省スペース・軽量化できますよ。
と、さらに「引く」。

レンズを3本ほど持って歩くことを考えれば、大判のほうが軽くなるかも。
と、ダメ押し...

う~む・・・、RB に大判ネタで来ましたか・・・・。
大判のレンズって暗いせいか結構コンパクトですよね。中判用のレンズの方がはるかに大きく重いようで・・・。

僕にはRZ67 ProIIが来ました(^^;)

ritomoさんが RZ67 に逝ったとお聞きしてビックリしました。重さにめげずに使ってあげて下さい。
これは自分にも言っているのですが・・・(笑)

本当に重いですね。これでいったい何を撮れと言うのか・・?
という感じすらします(^^;)

手持ちスナップでお願い致します。(笑)

関西ではRZ、RBを使っている方をよく見かけますよ。
お水取りの時などは約30人中5〜6人は確実に。
え〜、手持ちの方は未だ見たことがございません(^_^;)
風景を撮られる方には、豊富なレンズ、接写に強い、レボルビングで縦横切換が楽、などの利点が多いのでしょうね。
私は密かに...以下自粛...

RZ、RB はやはり三脚に据えて風景などを撮るカメラでしょうね。RZ で風景を撮られていた方を何人か知っていますが、その方々・・・今はデジタルです。
極限状態と言っていいくらい中古価格は安いですから、欲しい方にとっては逆に今が狙い目ですね。

過去ネタにコメントですみません。
RBユーザのBonSaraaです。
写真自体をそんなに撮らなくった最近ですが、本気で気に入ったカメラで、絶対手放さないのはRBのみ。ほかのカメラは買っでも手放し、手元に残っていないことが多いです。
初めは三脚かなーなんておもっていましたが、やっぱり手持ちでいい!と思い、即純正のグリップを購入しました。グリップ無しで撮るより、はるかに使いやすいです。さらに横幅がかさばりますが。
旅行で散歩にはつらいですが、デジタルやAFばかりになると、露出の感覚がなくなり怖いです。
やはり、構図、露出、ピントで撮影のリズムがほしいですから。
突然で、お邪魔しました。

Bon Saraaさん、こんばんは。
RB67、良いカメラですが、終わってしまいました。銀塩の凋落ぶりは想像以上です。
現代はシャッターさえ押せば綺麗に撮れてしまうのですから、中判のピント、露出など、すべてマニュアルのカメラなんて時代遅れなのかもしれません。ですが、そういうカメラで写真を撮る事こそ醍醐味だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ユネスコ村 ゆり園 | トップページ | ベネトン »