« 今日の一枚(6) | トップページ | 伊丹空港 »

2007年8月 5日 (日)

Apo-Macro-Elmarit-R 100mm/f2.8

Ame

ライカ一眼レフ用レンズの中望遠マクロ。アポレンズを採用した贅沢な設計によるマクロレンズで、このレンズを入手する前は開放値が一段暗い Macro-Elmar-R 100mm/f4 を使っていた(本ブログで紹介済み)。もちろん 100mm/f4 の方にも文句はない。

前に同じ焦点距離で開放値が更に明るい Zeiss Makro-Planar T* 100mm/f2 ZF を紹介しました。良く写るんですが(当たり前ですね)何かイマイチ琴線に触れるものが感じられなかった。たまたま自分が入手したレンズが「ハズレ」だったのか、単純に好みに合わなかったのかは分からないが、自分はやはり表題のレンズ(AME)が好きである。開放付近の滲むようなボケが好きなんですねぇ・・・。AME があれば中望遠マクロレンズは他に必要を感じません、と言っても良いくらいのお気に入りです。まぁ、多少言い過ぎのきらいはありますが・・・(笑)。

Ame_01

Ame_02

※ 注・・・Macro と Makro は、それぞれのレンズ表記(英語と独語)に従っています。

« 今日の一枚(6) | トップページ | 伊丹空港 »

コメント

あははは・・・、まったく・・・、おっしゃる・・・とおりですね。

ritomoさん、こんにちは。
AMEへの思いは、痘痕もえくぼというやつであります。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚(6) | トップページ | 伊丹空港 »