« 「星の旅人」 70歳の若大将 | トップページ | 今日の一枚(6) »

2007年8月 3日 (金)

昆虫写真

夏と来れば昆虫の季節ですが、昆虫写真ではなんと言っても海野さんが有名ですね。図鑑写真として撮影されていた昆虫を被写体にして、ひとつの写真分野を築いた人、と言っても過言ではないでしょう。フィッシュアイレンズを使っての写真は初めて見た時にはとても新鮮だった。

私が子供の頃はご多分に漏れず、捕虫網を持ってセミやトンボを駆けずり回って追いかけていたものです。トンボは俗に言う赤トンボやシオカラトンボ、ムギワラトンボなどは普通に捕まえられるが、なかなか捕まえられなかったのがギンヤンマ、オニヤンマというやや大きめの種類。これらを捕まえると同じ仲間に自慢出来たものである。

私が子供の頃でも住んでいる周辺ではなかなかカブトムシ、クワガタを見つけるのは至難で、縁日で買ったりしていた。夏はまさに昆虫少年であったわけである。
写真を趣味にするようになってからは、トンボやセミを被写体にして撮影する事を時々している。ただ最初から昆虫を目的として撮影に出掛けるわけではなく、散歩時に見つけた時に撮影する程度である。何しろ私が住んでいる横浜の街中では昆虫といってもトンボやセミ、蝶々くらいなので、なかなか昆虫写真と言っていいような写真は撮っていない。散歩時のお遊び程度である。

Semi_01

Semi_02

Semi_03

三枚目の写真はクマゼミであるが、私の住んでいる横浜では見られない種類であり、この写真は昨年夏、北九州を訪れた際に撮影したもの。先月、京都で蓮の写真を撮影していた時に随分と鳴き声が聞こえて来たなぁ・・・。

« 「星の旅人」 70歳の若大将 | トップページ | 今日の一枚(6) »

コメント

KONDOHさん、おはようございます。
大阪市内でも朝夕は蝉の鳴き声が響き渡っています。クマゼミですが、私の子供の頃はアブラゼミの方が多かったような気がしますが、最近は蝉の態系も変わってきたのでしょうか、大阪ではクマゼミが圧倒的に多くなっています。横浜では見られないというのはKONDOHさんのブログで初めて知りました。

九州でもクマゼミは確かに増えている印象です。
クマゼミが良く鳴くのは午前中です。昼からはアブラゼミなどの声を聞くように思います。
ここ数年、ヒグラシの鳴き声を聞くことがありますが、今年はまだ聞いていません。

Kazuさん、こんにちは。
クマゼミはもともと関西から西日本に生息する種類のようですが、昨年だったか・・・新聞で都内でクマゼミの鳴き声を聞いたという記事を読んだことがあります。環境の変化でクマゼミも徐々に北上しているそうですが、まだ都内や横浜までは来ていないと思います。私もまだ鳴き声は聞いたことがありません。
私の住む横浜ではアブラゼミとミンミンゼミが主流です。八月後半になるとヒグラシが鳴き始めます。

ritomoさん、こんにちは。
写真のクマゼミは ritomoさんにご案内頂いた小倉城裏で撮影したものです。月日の経つのは早いですね。

大量発生している私の所では山に入ると体にセミがとまったりします
昨日も帰りの車の中オナカのあたりからヒグラシか這い上がってきました
途中でクルマを止めて逃がしてやりましたが
ちょっと焦ります

体にセミが止まるというのが凄いですね・・・。相当な数なんですね。横浜はどうなんだろう・・・?
しかし、もしお腹でヒグラシが鳴いたらビックリしちゃいますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「星の旅人」 70歳の若大将 | トップページ | 今日の一枚(6) »