« ニコン vs キヤノン | トップページ | iMac »

2007年8月25日 (土)

プッチーニ/歌劇「トスカ」

オリンピック、フィギュアスケート大会で金メダルを獲得した荒川静香さん、演技の曲として選んだのがイタリアの作曲家、プッチーニの歌劇「トゥーランドット」であったのは記憶に新しい。以来、「トゥーランドット」はすっかり有名になりましたが、プッチーニの歌劇で私が一番好きな曲が「トスカ」である。

プッチーニの歌劇と言えば「蝶々夫人」がもっとも有名ですが、私はこの「蝶々夫人」、結構退屈しちゃうんですよねぇ・・・。他では「ラ・ボエーム」もわりと好きですが、なんといっても「トスカ」が大好きである。この曲を初めて聴いたのは随分昔で、まだ十代だった頃に行き付けのレコード店「ヤマハ(横浜駅西口)」が定期的に開催していた「輸入レコード、バーゲンセール」で格安で入手した米RCA盤、エーリッヒ・ラインスドルフ指揮のレコードであった。今はもう手元に残っていないが、主役トスカにはジンカ・ミラノフという往年のソプラノ歌手が歌っていた。輸入盤であるから歌詞対訳なんてものは当然無く、ちんぷんかんぷんのイタリア語でありながらまったく退屈する事なく最後まで聴き切った事を覚えている。それ以来、すっかり「トスカ」が好きになってしまったのである。

実際のステージでは大分昔、NHKが招聘した「イタリア歌劇団」で「トスカ」が上演された際、主役トスカをライナ・カバイヴァンスカという容姿端麗のソプラノ歌手が歌い、ステージが非常に華やかだった事を忘れない。レコードでも名演盤が数多く残されていて、私も何組か購入している。

Tosca_01

Tosca_02

このレコードはオペラ好きなら知らぬ人はいないと思いますが、マリア・カラスが歌った「トスカ」の全曲盤。所謂チョー~・・・有名(笑)なレコードです。トスカの恋人、カヴァラドッシにジュセッペ・ディ・ステファーノ、敵役スカルピア男爵にはティト・ゴッビという、録音時(1953年)のドリーム・キャストである。もちろん私はこの人たちの現役を聴いているわけではないのですが(年齢的に当たり前です)、レコードで声だけを聴いている分には「すっげぇ~・・・!」と大感動してしまうわけなのです。ここでスカルピア男爵を歌っているティト・ゴッビには脱帽ものである。もうとにかく凄い・・・の一語。ティト・ゴッビがリゴレット(ヴェルディの歌劇)を歌っているレコードも持っていますが、この人はホント凄い歌手です。この「リゴレット」ではヒロインのジルダをこれまたマリア・カラスが歌っているのですが、名盤です。

この「トスカ」のレコード、ビクトール・デ・サバータがミラノ・スカラ座管弦楽団を指揮しているのですが、ダイナミックな部分とメロディを歌わせる部分との対比が大変上手く、歌手、指揮者、オーケストラ、と三拍子揃った名演盤である。

Tosca_03

Tosca_04

こちらは対照的にやや叙情的な解釈の「トスカ」で、晩年のヘルベルト・フォン・カラヤンが指揮した独グラモフォン盤。主役トスカを歌っているのは発売当時「えっ!」と思ってしまったカーティア・リッチャレッリ。マリア・カラスとは声質が全然違い、嫉妬深くて気の強い性格のトスカを演じるには少々可愛過ぎるのでは・・・と思わせるリッチャレッリ。カラヤンは概して従来の慣習(オペラ界での)を破る声質の歌手を起用する事があり、このレコードもそういった感じである。その代わり、カラヤンが指揮するイタリア・オペラに関し、オーケストラの部分では駄演が無く、いつも素晴らしい演奏を繰り広げてくれる。カラヤンのイタリア・オペラ、「トスカ」以外にも「ラ・ボエーム」「アイーダ」「オテロ」「ドン・カルロ」「仮面舞踏会」etc....枚挙に暇が無いほど名演が残されている。「トスカ」もステレオ録音初期、英デッカにレオンタイン・プライスを起用して名演を残しているので、このレコードは自身二度目の録音になる。

最近、久しぶりにアナログ・レコードを引っ張り出し、「トスカ」を聴いて感動してしまった。「星は光りぬ」他、トスカやカヴァラドッシのアリアの数々を聴いて、やはりオペラはいいなぁ・・・と、しばらく忘れていた感動を呼び起こしてくれた。

« ニコン vs キヤノン | トップページ | iMac »

コメント

我が家にはカバイヴァンスカ、ドミンゴ、ポンスだったかのLDとアラーニャ、ゲオルギューのDVDなんぞがあるようですが、家内のお気に入りなので、よく知りません。
ところで、何を隠そうスカルピアさんはトスカに刺し殺される可哀想な悪役、警視総監スカルピアからHNをいただいたのは有名なことです。

ritomoさん、おはようございます。
おお・・・、カバイヴァンスカのLDをお持ちでしたか。オペラの場合ステージでは歌手の容姿、演技を見ながら聴くわけですから、時々歌と容姿のギャップがある歌手もいるわけで・・・、そこが生で聴く(見る)時の難しさです。
例えば「ラ・ボエーム」での主役、薄幸のお針子ミミを巨漢のソプラノ歌手が演じたら、どうしても不自然ですし・・・。
そうでしたスカルピアさんはこのオペラからHNをお使いなんですよねぇ・・・。トスカのHNをお使いの女性の方っていらっしゃらないでしょうかねぇ・・・(笑)

おはようございます。
トスカで流れるスカルピアのテーマが格好良くてHNに拝借しました^^;

スカルピアさん、おはようございます。
登場するときの音楽、劇的でとても印象的なメロディですよね。一度聴いただけで忘れられなくなるようなメロディです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニコン vs キヤノン | トップページ | iMac »