« CONTAX T3 | トップページ | 男はつらいよ 「知床慕情」 1987年作品 »

2007年9月 7日 (金)

CONTAX T2 その二

T2_01

昨日はコンタックス T3 をネタにしました。そうなると T2 も挙げなくてはいけません。T2 の事は二度目なのですが・・・(笑)
前作 T は 1984年の発売で、距離計を内蔵したコンパクトなマニュアルフォーカスカメラ。対して T2 はオートフォーカス化し、自動化を進めたモデルである。これが功を奏したのか、高級コンパクトカメラブームを巻き起こしたエポックメーキングなカメラとして現在まで人気を誇っている。特に女性ファンを作った事がベストセラーになった大きな原因だと思う。やはり女性は偉大なのである。(いえ、ホントに)

T2_02

T2 の凄いところはどの文字もすべて刻印である事。どんな小さな文字でもプリントはひとつも無い。こういう拘りのあるカメラ、私は大好きなんです。プラスティックボディにプリント文字では愛着を感じろという方が無理で、道具としても職人気質を感じさせる製品をメーカーの方にはお願いしたい。この後の T3 もすべて刻印です。そうそう、影響を受けたのか、ニコン 35Ti もすべて刻印文字である。

T2_03

当時はコンパクトカメラと言えども立派なカタログを作っていました。価格が価格だからと言ってしまえばそれまでですが、当時の京セラさんの拘りを感じます。1990年の発売から生産が完了する 1997年までの間になんと 26万台も生産されたそうである。ただただ驚くしかない。いろいろなカラーバリエーションが発売されており、今でも根強い人気があるコンパクトカメラである。実はもう一台、ブラックかゴールドが欲しいと思っているのですが・・・。
実は T2 の魅力を私に気付かせてくれたのは時々こちらにコメントを寄せてくれる写友のスカルピアさんなのです。この場を借りてお礼を申し上げます。

T2_04

T2_05

T2_06

CONTAX T2 / Sonnar T* 38mm/f2.8

« CONTAX T3 | トップページ | 男はつらいよ 「知床慕情」 1987年作品 »

コメント

KONDOHさん、今日は。
昔、子供の写真を普及クラスのコンパクトカメラで撮ってました。今見ると写りが酷い!当時T2の事は知らなかったのですが、買えないカメラじゃなかったので多いに後悔しており、その反動で家族を(ほとんど家内ですが…)撮りまくってます。
感心するのは、ストロボ撮影の優秀さです。SLRのストロボは、影が出やすいのにT2、T3、35Tiは自然に撮れる事が多い。新しいクラッセがどんな具合か興味津々です。KONDOHさん、もう逝かれましたか?

スカルピアさん、こんにちは。
現行品として売られている時、私も気になるカメラではあったのですが、新品売価でSLRの交換レンズ一本が買えてしまうので、つい後回しにしていました。しかし自分で使ってみて、初めてベストセラーになった理由が分かります。どんどん奥様を撮って上げて下さいませ。
クラッセ、まだ逝ってません。これも焦点距離で二種類有るのですよね・・・、悩むところ。

私は28mm好きなのでTIARAやTC-1、ESPIO928など。
35mmのコンパクトはμIIを持ってますが、あんまり使ってません(^_^;)
T2のゴールド、そんなに高くないんですよねぇ...逝っちゃったりして、私。

ボン村上さん、こんにちは。
28mm派と 35mm派って、結構分かれますよね。私はどちらかというと 35mm派なんです。
T2、是非逝って下さい。

T2懐かしいです。最初シルバーで後から限定のブラックペイントを買い増して使っていました。ポジでも全く問題なくビックリする程良い写りをしますよね。
おっしゃるように質感が素晴らしく、読んでいるうちに、また欲しくなってしまいました。

MASAさん、こんにちは。
限定のプラックペイントって、一度 T2 が生産完了してから暫くして台数限定で発売されたものですね。
こういった拘りの有るカメラって最近少ないので、今頃私は楽しんでおります。

KONDOHさん、おはようございます。
実はT2購入しました。ちょうど限定の黒があったので入手しました。これで街角スナップや家族の写真を撮りたいと考えています。LeicaのX1は見送りです。なぜって今年はフィルム回帰の年ですから(笑)。

Kazuさん、こんばんは。
おお、T2の限定ブラックですか。
どんどんフィルムカメラが増えておりますねぇ・・・、ご同慶の至りです。
デジタルはこれから幾らでも良いものが安く買えますから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CONTAX T3 | トップページ | 男はつらいよ 「知床慕情」 1987年作品 »