« Elmarit-R 28mm/f2.8 (type I) その二 | トップページ | 男はつらいよ 「知床慕情」 1987年作品 »

2007年9月 5日 (水)

EF 50mm vs Planar 50mm

昨日、午後から時間が取れたのでキヤノン EF 50mm/f1.4 USM と、京セラコンタックスの Planar T* 50mm/f1.4 とで、ちょこっと撮り比べをしてみました。ボディは久しぶりにデジタル一眼レフのキヤノン EOS Kiss Digital X を使いましたので、画角が 1.6倍相当になります。したがって厳密な比較にはなりませんので、あくまで参考程度にご覧下さい。

尚、撮影は RAW で行い、SILKYPIX 3.0 を使って現像処理していますが、レタッチは一切していません。16bit TIFF で現像処理したものを JPEG でリサイズしております。
最初に EF 50mm/f1.4 USM です。画像をクリックして頂くと横 800ドットの画像でご覧頂けます。

Ef50mm_01

次が京セラコンタックスの Planar T* 50mm/f1.4 MMJ です。レンズ No. は頭二桁が「73」で始まるもの。

P50mm_01

ともに絞り f4、シャッター 1/500秒です。ISO 200。
極端に発色が違いますねぇ・・・。キヤノンの方が一見鮮やかに見えますが、結構イエローにシフトしています。キヤノンのレンズは昔からイエローが強いと感じていますが、この写真は少々極端なので驚いています。次の写真ではこれほどイエローは強くないので。理由が分かりません。ヤシコンは少々青味が強いかなぁ・・・。

ではもう一枚の比較を。最初はまたキヤノンです。

Ef50mm_02

こちらがヤシコン。

P50mm_02

どちらも絞り f4、シャッター 1/250秒です。
如何ですか? 最初の写真ほどハッキリした差はありませんが、それでもキヤノンはイエローに僅かですがシフトしていますね。或る意味キヤノンらしさが出ている感じです。この写真を見る限りはヤシコンの方がノーマルの感じを受けます。そうそう、キヤノンは専用フードをして撮影していますが、ヤシコンの方はフードを忘れた為、レンズ剥き出しで撮影しております。その為か、ちょっとフレアが出ていますね。

コシナさんからニコン用に ZF マウントでカールツァイスレンズが新設計も含めて順次発売されていますが、全部処分したヤシコンが懐かしくなり、またちびりちびりと買い戻している自分に、ホント呆れております。(爆)

« Elmarit-R 28mm/f2.8 (type I) その二 | トップページ | 男はつらいよ 「知床慕情」 1987年作品 »

コメント

 とても参考になりました。50mmは、とても気になる焦点距離ですね。

pyosidaさん、こんにちは。
ホントは開放とか逆光とか、比較する事は多いのですが、比較する為に購入しているわけではないので、厳密にはやっておりません。
50mm は大好きな焦点距離です。

KONDOHさん、こんばんは。ぼくのZFは処分することにしました。処分した浄財?で、大判のレンズを一本と、全紙用イーゼルマスクを購入します。やっぱりあのガチガチの写真、好きになれません。
それと、ハリーアレン、今はあまり聞いてませんが、以前、テナーのレッスンでコピー譜を練習したことがあり、親近感のあるジャズメンの一人なんです。取り上げていただいて嬉しくて・・・

ヒロさん、こんばんは。
実を言いますと私も ZF レンズは P50mm だけを残して、他は全部処分しちゃっているのです。今頃ヤシコンを手放した事を後悔してまして、最近また買い戻しています。ZF、おっしゃるように硬くて・・・、多分デジタルには向いていると思います。そのうち P50mm も手放すと思います。ヤシコン P50mm のまぁまぁのが手に入ったので・・・。

ハリー・アレン、いいですよねぇ・・・。ヒロさんはテナーをやられるのですか。私はもっぱら聴くだけなんです。楽器が出来る人が羨ましいです。

賛否両論あるでしょうが、P50/1.4は古いヤシコンのほうが趣があると思いました。私は。新しいのは高性能だけど味気ないです。ZFは85/1.4だけ残そうかなと…Ikonも使ってみたいし、でもライカはあるし、困ったなあ^^ゞ

スカルピアさん、こんばんは。
ZF、良く写ります。まったく文句の付けようがないほど。でもフィルムでは硬いですねぇ・・・。フィルムで撮るならやはりヤシコンの方が良かったです。あぁ~・・・(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Elmarit-R 28mm/f2.8 (type I) その二 | トップページ | 男はつらいよ 「知床慕情」 1987年作品 »