« 今日の CD | トップページ | 黒澤明の世界 「天国と地獄」 »

2007年10月 5日 (金)

ニコン F5

F5_01

誰でも知っているニコン F5 です。今更改めてご紹介するまでもない・・・というか、すでに旧モデルとなってしまったニコン銀塩一眼レフのフラッグシップ。現行は言うまでもなく F6。多分、F6 が F 一桁シリーズ最後のモデルとなるのでしょう。

今迄自分が使って来た一眼レフカメラで一番好きなカメラがこの F5 です。1996年発売時、その高性能ぶりは絶賛されながらもモードラ部分が外せない、重い、という意見も多く、F5 ジュニアと命名された F100 が後に発売されている。しかし両方使ってみれば F5 と F100 には明確な「格の差」が有る事を感じると思う。F5 のグリップは私の掌にピッタリというか実にしっくり来るので、それほど重くは感じないのである。

F5_02

シャッターボタン周り。電源オンにする為には写真左のロックボタンを押しながらレバーを動かす必要が有り、これが不評で後継の F6 は省かれたようです。F4 にもこのロックボタンは有るので、引き継がれたもののユーザーには使い勝手の面で敬遠されたようで。

F5_03

モードラ内蔵にも関わらず巻き上げクランク付き。しかし万一バッテリー切れに遭遇しても手巻きでフィルムを巻き上げる事が出来る。ですが私は未だ一度も手動巻上げをした事はないです。(笑)

F5_04

背面の AE ロックボタンや AF ボタン、発売当初はもう少し小さかったのですが、初期ロットを購入したユーザーから押しづらいという意見が多く、途中からボタンをひと回り大きくしている。F4 でもそうでしたが、ニコンはユーザーの意見を真摯に聞いて発売してからも使い勝手を良くする為のマイナーチェンジをまめに行うメーカーで、そういうところはキヤノンとは姿勢が違うように感じている。また発売当初はバッテリーの持ちが悪く不評であったが、それも後に改良されている。

初めて F5 を手にした時、シャッターの切れの良さに驚愕した。D2H を入手するまでは F5 で旅客機撮影をしていたが、長らく F5 を超えるカメラが出てくるのかなぁ・・・と考えていた。しかし D2H を使うようになってから初めて F5 を超えたのではないか・・・と感じた。そして F6 を使った時、そのファインダーの優秀さに驚愕し、全世界の一眼レフカメラの中で最高のファインダーではないかと大袈裟ではなく感じてしまった。改めてニコンのカメラ作りの凄さを感じている。今秋発売が予定されている D3 は、またこれらを超えるカメラとして我々の前に登場するのではないかと思っている。恐るべしニコン。

でも私は F5 が好きだぁ~・・・(笑)

« 今日の CD | トップページ | 黒澤明の世界 「天国と地獄」 »

コメント

KONDOHさん、おはようございます。
F5は、絶対外せないカメラですねー。
ここ一番の時は必ず連れて行きます。

スカルピアさん、おはようございます。
これほど信頼出来る(手持ちで)カメラはないですね。過去一度もトラブルに遭遇した事がないです。
中古価格は今激安ですねぇ・・・。やはり銀塩市場の衰退が物語っているように感じます。

KONDOHさん、こんにちは!よいカメラなのに中古は激安!!
新品同様で8万くらいで手に入ります。定価32万ぐらいしてたような・・・?ZFレンズ購入時にさんざん悩んだすえ、F6にしてしまいましたがF5を二台のほうが良かったかも?本当にフィルムを使うことが減りました!!D3にしてしまったら、F6さえも使わないかもしれないくらい仕事内容も変化をしてます。5DからD3にするか、1Dsmk3にするか悩みます?本当に(笑)

フリーランスNさん、こんばんは。
プロの方らしい悩みですね。(笑)
F5 の中古は必要な方にとっては今が買い時だと思います。そこそこ使われたものは 5万円台からありますから驚きです。お仕事の現場ではどんどんデジタル化されていると思いますので、そのうちフィルムはプライベートだけ・・・なんていう日も来るのかもしれませんね。
1Ds Mk3 と D3、甲乙付け難いですね・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の CD | トップページ | 黒澤明の世界 「天国と地獄」 »