« 黒澤明の世界 「用心棒」 | トップページ | ニッコール AF 50mm/f1.8D »

2007年10月21日 (日)

JBL

Jbl_01

或る意味、私の憧れのブランドのひとつ、JBL。それほどオーディオに関心のない方でも JBL はご存知なのではないかと思う。最近はカーオーディオの分野にも進出していますし。昔は JBL のスピーカー、イコール ジャズ・・・という方程式があったように、ジャズファンに人気のブランドですね。

Jbl_03_2

そういえばジャズ喫茶の多くが JBL を使っていましたねぇ・・・。私自身はクラシック音楽を中心に聴いていた時から白いコーンのスピーカーユニットに憧れを持っていて、いつか手に入れてみたいと思っていた。そしてクラシック音楽といえばタンノイですね。これまた私の憧れのブランド。

JBL、タンノイ、いずれも憧れのブランドとして長い間いつか手に入れてみたい・・・と思いながら、未だに自分で購入した事がないというお粗末。ただ JBL だけは LE-8T のユニットを、その昔サンスイ電気が代理店をしていた頃に自社製組格子のエンクロージャーに収めた SP LE-8T を、ジャズ仲間の大先輩から譲り受け、モダンジャズを楽しんで聴いていました。とても 20センチ一発のスピーカーとは思えない音でしたね。

Jbl_02_2

という事で自分の JBL 体験はそれだけ。タンノイも未だ購入した事がない。長い間、カメラ機材には大枚使って来たのに・・・。いえ、言うなればカメラにお金を使っていたので憧れのスピーカーまで資金が回らなかっただけなのですが・・・。

Jbl_04

まるで怪獣の名前のような「パラゴン」。一度も音を聴いた事がないですねぇ・・・。

Jbl_05

これも有名なスピーカーでしたね、オリンパス。

いつか・・・、いつか・・・、と思って、もう何年になるのだろう・・・。(笑)

« 黒澤明の世界 「用心棒」 | トップページ | ニッコール AF 50mm/f1.8D »

コメント

 JBLもTannoyも魅力的ですね。
 TannoyのTurnverryを聞きに行ったのですが、アンプなども買い換えが必要なようで、相場は100万といわれました。
 KONDOHさんと同じで、私も「いつか・・・」と思っております。
 より正確に言うと、「いつか」という希望だけは捨てないで置こう・・・。CDデッキも数十万でしょうか。

pyosidaさん、お早う御座います。
タンノイの場合、夢ですが Canterbury/SE が欲しいです。ホントに不可能な夢です。(笑)
オーディオブームが遥か昔に衰退して、今は超高級オーディオの世界だけが細々と残っているような感じですね。たまにオーディオ誌を見ると、「0」が一桁多いのでは・・・と感じてしまうビンボー人です。

KONDOHさん、こんにちは!実は以前にオーディオ狂いしていて、家にはJBL4341モニターやら何んとハーツフィールドなど
最近ではお目にかかれないものまである始末!もちろん、マランツの真空管アンプやらマッキントッシュのアンプやら・・・しかし、最近はゆっくり音楽を聞く時間はまったくなし!!名機は、ならんでいるだけに(笑)ジャズのレコードも沢山あるのですが、もっぱら車の中で聞くCDがメインに・・・仕事が外なのでしかたないですが(笑)そのうち、また聞く機会がくることを願って!
タンノイなども魅力的ですよ!(最近のモノは解りませんが)本当にオーディオは寂しいくらいブームが衰退して・・・ターンテーブルで回るレコードレーベルを横にジャズを楽しんでいた時代が懐かしい。カメラもフィルムからデジタルに変わったようになぜか寂しいこの頃ですね!

「パラゴン」・・・その昔、マツダコレクションに有ったのがパラゴンだったと記憶してます・・・。フェーラリコレクションを見ながらパラゴンを聞くなんて・・・。

フリーランスNさん、こんにちは。
凄いラインナップですね。カメラがお好きな方はオーディオもお好き・・・という方が多いですね。JBL は今でも新製品が次々出て来るようですが、いつまでも続いて欲しいです。
デジタルよりフィルム、CD よりレコードが好きです。

harasawaさん、こんにちは。
パラゴンは買う余裕があったとしても、置くスペースが必要ですからねぇ・・・。JBL は名機が多いです。

私は「先立つもの」、「狭い部屋」という制約があったため、大きなスピーカーとはまったくご縁がありません(^^ゞ
いまだに...もう...25年ほど前に買った「BOSE 301MM」ってヤツを使ってます。
後はもっぱらヘッドフォンでした。
今使っているのは「STAX」ってとこのヤツと「SENNHEISER」ってヤツです。
ん〜そう言えばここ数年、家でレコードどころかCDすら聞いてないなぁ。

ボン村上さん、
おお、STAX と SENNHEISER ですか。STAX は静電型イヤースピーカーですね。
オーディオは予算と部屋が必要ですから、本格的にやるとなると大変です。昔、オーディオブームの時は家電メーカーまで参入していましたが、今は iPod になっちゃいましたから・・・。(笑)

私もすっかりiPodです(^^ゞ
若い頃と時間の使い方が変わっちゃって...なんせ忙しないです(--;)
じっくりと音楽を聴く...そういうことが少なくなっちゃいました。

STAXも20年ほど前に専用のアンプと共に買ったモノです。
この会社...一度潰れちゃって...確か直ぐにでしたが元社員の方々が再建されたとか。
音は繊細な感じがします...ってよくわかってないのと、元々「じゃかぁしゃい!!!」って言う感じの音楽が中心なので。
じゃぁ、なんでSTAX? いつもの如く「欲しかったから」(^_^;)って言うことで。

おっしゃるとおり STAX は倒産しちゃいまして、有志で有限会社を立ち上げて今に至っているようです。かつてはトーンアームなんかも出していたんですけどね。
ヘッドフォンではなく、イヤースピーカーと言っていたところが、ある種の拘りを感じますね。

 KONDOHさん、Canterbury/SE ですか。
 カメラで言うと、中版あるいは大版(判)並のスピーカーですね。
 しかし、KONDOHさんは4×5判も実現されたので、Canterbury/SE も可能性大ではないでしょうか。
 私の場合は、バロックが主なのでターンベリィで十分ですが、交響楽や大作を聞かれるので、納得致します。

pyosidaさん、こんばんは。
いえいえ、あくまでも適わぬ夢・・・という事であります。実際はスターリングでも充分と思っています。

今はタンノイのペア5万だったやっすいモニター使ってます。
いつかはAPOGEE。。と思ってたら、会社が無くなってしまいました(^_^;)
パラゴン、いいですね〜

raotaさん、お早う御座います。
APOGEE、無くなってしまったのですか。確か音楽評論家の黒田恭一さんの愛機だったような・・・。
たまにオーディオ誌を見ると新興メーカーが登場していますが、続けるのは難しいのでしょうねぇ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒澤明の世界 「用心棒」 | トップページ | ニッコール AF 50mm/f1.8D »