« NOKTON 35mm/f1.2 ASPH. | トップページ | 山田洋次の世界 「隠し剣 鬼の爪」 »

2007年10月27日 (土)

Mac OS X Leopard

Leopardavailable_20071026
昨日の午後6時から、Macファン待望の Mac OS X Leopard が発売された。各地でイベントなども開催されたようですが、Windows の新版が出る度のお祭り騒ぎほどではないようですね。私はまだ購入していないのですが、手持ちの MacBook用にいずれは購入する予定です。

しかし現在の Mac OS X 10.4 も非常に安定した OS ですね。或る意味 Windows より安定していると言って良いと思う。1月に MacBook を購入して以来、一度もフリーズした事がない。OS 9 の時はフリーズするのが当たり前、という当時から考えると大変な進歩ですね。Leopard は更に進化しているらしいので、楽しみにしたいと思う。出来れば Leopard を搭載した iMac を購入したいと思っているのですが、予算がなくなっちゃったし・・・。(笑)

« NOKTON 35mm/f1.2 ASPH. | トップページ | 山田洋次の世界 「隠し剣 鬼の爪」 »

コメント

Mac OS 9時代から比べると、OS自体の安定性というのは格段に進歩しましたね。それがMac OS Xのいいところだと思います。私は、Windows Xpも使用していますが、やはり、Mac OS Xの方が、使っていて面白いです。もともとはPC/AT互換機で自作PCまで使っていましたが、Mac OSの物作りに今はぞっこんです。
さて、レバードですが、今は各サードパーティも製品発売後に確認作業をしていると思いますので、インストールは焦らなくてもいいと思います。そのうち、Mac Fan、Mac People等でレパードと各ソフトの対応表などがでると思います。それからでも遅くはないと思います。

Kazuさん、こんにちは。
インストールされたようですね。おっしゃるように私はしばらく静観しようかな・・・と考えています。
インテルMac になってから処理速度も上がりましたし、それでいて OS も安定しているしと、今は win より Mac の方が数段魅力がありますね。

 レパードですが、BootCampを一応使っている者とすれば、Windowsの使用感がまず気になります。

 OS9以前のOS6.07からの使用ですが、Macのフリーズは、日常茶飯事でしたね。
 おかしなもので、OS9を使っていてフリーズすると「やったぁ、きたー、懐かしい。」と感じてしまうのでした。

pyosidaさん、こんにちは。
レパードはビスタを正式にサポートしているらしいですね。しかしインテルの CPU を使うようになってからは、Mac と Win の垣根が取られたように感じます。
私にとって最初の Mac は PowerBook G4 でした。あの薄い初代のタイプですが、今の OS X とは偉い違いを感じています。

Leopard、良さそうですね。
先日、仕事場用にiMacを買ってしまったので、アップデートはどうしようかと考えています。古いソフトが動かないと困るので自宅用のiBookにでも入れて動作を確かめてからですね(^^)

今、使用しているソフトのレパードへの対応状況を調べているのですが、おおむね問題ないように思われます。ATOK2007がバグっているようです。アップデーターは11月下旬にリリースされるとか。それまでは「ことえり」かな。アドビは対応状況まだ発表していません。ノートンも不明ですね。キャノンのプリンタドライバーは今のところ使えるとか、後にレパード用のドライバ、リリースするそうです。あと、スキャナも私のはレパード対応しているみたい。OSのメジャーアップデートは毎度のことながらめんどくさくて、時としてお金もかかるのですが、カスタマズしているときが楽しいですね。

 KONDOHさん、こんにちわ。
 私がMacBookを購入したのも、Windowsが使えるMacだったからです。
 でもLeicaを使っている方は、不思議とMacを使っているようですね。
 OSX以前の話ですが、フリーズ多発という欠点を持ちながら、なおも使い続けたのは、Macを好きになった者の性でしょうか。
 KONDOHさんが、Leicaに惚れたので様々なことを許してしまうのに、似ているかも知れません。

coib-wtさん、こんばんは。
iMac、買われたのですか。夏に散々迷って止めてしまったのですが、改めて欲しくなっております。そのうちレパードが搭載されて出て来るのを待ちたいと思います。

Kazuさん、
ATOKは一太郎で慣れてしまって、その後ずっと ATOK だけ使っていましたが、今は Win 標準を ATOK 風にして使っております。
コメントを読んでいますと、やはり細かなバグ等が出ているのですね。いろいろなアップデート待ちのようで、今しばらく待ってみます。

pyosidaさん、
ライカファンはほとんど Mac のようですね。私は長らく Win だけだったのですが、先に申した PowerBook G4 が初の Mac だったのです。しかし処理速度の遅さに嫌気が差して売却。今年一月 MacBook を久しぶりに購入したのですが、感心しております。ホントは夏発売の iMac を購入して Win から乗り換える予定だったのですが、ブログに書いた通りの結果で一時諦めておりました。でも、やはり Mac に乗換えを検討中です。

私もMacを使ってます。
仕事用のはWinですが...(^_^;)

ブートキャンプは便利そうですね。
でも、それを仕事用のWin機の代替えには少々怖いですが(^_^;)

ボン村上さん、こんばんは。
私の周りは皆さん Mac ですねぇ・・・。Mac はハードウェアのデザインがとにかく素晴らしいです。あぁ・・・、テカテカ液晶だけ X ですねぇ・・・。

私がMacを初めて買った頃は、アプリがというよりもOSが...(^_^;)
ただどうしても使いたいソフトがあったので...DarkCastle...ってゲームじゃん(^^ゞ

でも「素」で使う分にはそこそこでしたし、英語版のOSは結構安定していたんですよね。
当時は漢字Talkって言っていたんですが、そいつが不安定で...爆弾マークが(--;)
私は漢字Talk7が出るまでは長い間英語版OSでした。
そのおかげで各ショートカットキーの意味も分かりましたが。

こんにちは。
僕はMacもWinも両方使っていますが、どちらも安定しています。OSXはUNIXのコマンドが使えるのが便利かなと思っています。あと、ユーザインタフェースが独特なので勉強になりますね。

漢字Talk、懐かしいですね。Win しか使っていなかった私でも知っています。
しかし英語版 OS を使っていたなんて、時代の最先端を行ってたんですね。

ビワさん、こんばんは。
いや~・・・、Mac 使いの方、多いですねぇ・・・。
全世界で見たら Mac のシェアは恐らく数パーセントだと思うのですが、こちらのブログではほぼ100パーセント。驚きです。

ビワさん、こんばんは!
仕事用のWinはバイ菌君対策やセキュリティーのための暗号化ソフトなんかで完全武装...もう、重くって重くって(--;)
Macはお遊び用なので、バイ菌君対策だけ。
OS X以降はUNIXベースなのでもの凄く安定してますよね。

KONDOHさん、どうもです。
最先端と言いますか、単にゲームソフトとの相性を考えてのことだったりして(^^ゞ

ゲームだと Win の分野かと思っていましたが、Mac でゲーム・・・って、あまりイメージが湧かない・・・。(笑)

結構ありましたよ、それもマニアックなヤツ(^_^;)
好きだったのは、
DarkCastle、BeyondDarkCastle、Ishido(石道)、Life&Death、Prince of Persia、SimCity...VirtualValery(内容は秘密)
もう覚えてないですけどいっぱいやってました。
それにPDS(今ならフリーソフトっていうのかな)で面白いのがありましたよ。
Macの場合、白黒でもグラフィックの素晴らしいモノが多かったですねぇ、今考えると。

う〜ん、みんな知らないですぅ。
でも、グラフィック関係は Win より Mac の方が進んでいましたからね。

すごい。mac率100%なんて初めて見ました(笑)
初めて使ったのは研究室にあるLC475と漢字Talkでした。
それ以来macです。部屋の愛機がiMacG5なので、LeopardがPowerPC系でどれだけ快適に使えるかが気になってます。

raotaさん、お早う御座います。
写真をやっている方で、如何に Mac 使いが多いかが分かりますね。もともと Win より Mac の方が画像、グラフィック関係は進んでおりましたから当然かもしれません。

僕は2機共にアップしました(^^;)
その結果、ご承知のように仕事用の一番大事なソフトが使えなくなりました(^^;)
まあ、Macが無くても仕事は何とかなるので、構いませんが・・・(;_;)
今のところ、レパードの操作系は悪くありませんよ。

KONDOHさん、失礼します。
 もう皆さんはここを見ていないと,推察するので,書くのですが・・・。
 統計を取ったわけではありませんが,90年代にMacを使っていた方は,少し○○○○な方が多かったようです。
  ド○○ーであれ、ミ○ジ○○○であれ、一癖も二癖もある人が多くて,一言で言うと○人。
 KONDOHさんは、そうでなくてよかったですね。

  私の場合は,一時Macが10数台ありましたよ。
 今はかなり処分しましたが,それでもまだ5台は残っています。
 2000年代で,Macを使っている人の傾向は随分違うと思います。初代iMacあたりで、ぐっと層が広がったようで、ごくごく普通の方も仲間入りをされ,iPodあたりでは。大幅に変化したようです。

 個人的には,PowerMac、G4やG3にしろCPUの交換等が簡単に出来た機種が好きでした。マックエバンジェリストと言われる程、熱心な方が多いのも特徴でした。

 伏せ字,失礼します。

ritomoさん、こんばんは。
ブログでお仕事用のソフトが使えなくなった事は読ませて頂きました。OS を変えるとよくある事ですね。操作系は良いですか。私は現状、MacBook だけなので、いずれインストール致します。

pyosidaさん、こんばんは。
伏字が分からないのですが、いずれにしても以前は画像処理に関しては Mac の方が遥かに進んでいました。現在は Win も負けてませんが、趣味で使うパソコンは Mac の方が面白そうです。

はははっ、見てたりして(^_^;)
それに...80年代から触っている私って...

やりたい事が直接、それに直感的に指示できる考え方に賛同しただけなんですけどねぇ。
その考え方を仕事にも取り入れることで随分と良かった面も多かったですよ。
ユーザーインターフェースってのが、どれほど顧客の満足を引き出すことか...

それに画像や音を満足に扱えるハードって当時は少なかったですものね。
その人が○人ってことではなく、やりたい事が実現できるモノの選択肢が他になかったんでしょうね。

ボン村上さん、こんにちは。
私の初めての Mac は大分前の初代 PowerBook G4 でしたが、解説本などの類を読まずとも使う事が出来ました。インターフェイスは Win などより遥かにやさしかったです。Win がどんどん Mac の真似をしていたように感じています。
おっしゃるように趣味で使うパソコンは Mac の方が面白いです。

そうですねぇ、初めて買ったMacはPlusっていうディスプレイ一体型のモノでしたが、本体も箱から出して、電源とキーボード、マウスを繋ぎ、後はシステムの入ったDiskを入れてスイッチオン。
これでよかったですから...

インターフェイスはMacもWinも似ておりますが、これも使うのが「人」っていうことで結果的にそうなっちゃったんでしょうね。
他のキーボートとマウスを使うシステムもどれも似たような感じですものね。

昔はコンピュータと音楽、コンピュータと画像・ムービーって特殊なものでしたが、今はどんどん親和性も高まりごくごく一般的...というかアナログなモノが特殊になってますよね。
将来的にはもっと色んなものがデジタル化されて、そのうち体の一部も...

あぁ、私は衰えた記憶力を補うためにメモリーカードを頭に挿したい...

そういえばディスプレイ一体型って、Mac は早くから出ておりましたね。それが現在の iMac にまで続いているわけですね。
今思うと、Win の前 MS DOS 時代、コマンドをいちいち打ち込んでいた時代があったなんて、隔世の感があります。
頭にメモリーカード、私も・・・・。(笑)

 ボン村上さん、こんにちわ。
 まだ見ておられたのですね。すっかり、安心しておりました。
 私はClassicから入りました。Plusは、音楽家・建築関係・医者の方々が多く使っていませんでしか。

 ボン村上さん、伏せ字、解読されましたね。
 当時のMS-DOSの世界からすると、簡単に操作できること、独創的に使いこなせることで、圧倒的な差でした。
 と同時に、ちょっと○人(自分も含めて)が多くいませんでしたか。

初代Mac発売時のキャッチコピーは「The Computer For the Rest of Us」だったと思います。
テレビや冷蔵庫と同じようにみんなが使えるということに目を向けていましたからね。
ただ...価格はみんなが使えるようなモノではなかったですが。

簡単に使えるとなると「いろいろ接続」したり「拡張しなければ使えない」ということではなく、一体型での提供ということになったんでしょうね。
それが良い悪いではなく開発側の考えだったんでしょう。
その後拡張性のある機種も販売されましたが、KONDOHさんの仰るiMacのような一体型ということに続いているのかも知れませんね。
でも、当時はオプションとするのが当たり前だったSCSIボードを内蔵していたり、ADBポート(今の感覚だとUSBポート)があったりと汎用で使える規格ポートを積んでいた事も革新的でありました。
ハード、ソフトの一体デザインってのも良いですよね。

私は音楽関係でも建築関係でもお医者さんでもありませんが、何故か持ってました。
pyosidaさんのように十数台...ってことはありませんが、Plus、SE30、IIfx、LC、iMac、PB1400、iBook G4★、PB G4(12)★と...★が現役マシンです。
今でも「Plus」「IIfx」「iMac(ボンダイ)」は記念にとってあります(^o^)
私は結構DOSも好きでしたよ、Macの前はDOSでしたし。
一度設定すると安定してくれましたし、動作もキビキビしていましたね。
出張が多かったので、IBM TP220とかHP200LXなどはボロボロになるまで使いましたです。

ん~、○人...私自身は否定いたしませんが、そうかなぁ...
どちらかといえば、自分のやりたい事がハッキリしていたり、他のPCでは出来ないことをやっているとか...
まぁ、見た目に惹かれるとか、DOSが使えないとか...理由としては色々とあったかと。
少々ユニークな方はX68000系な方だったかなぁ、私の知ってる環境では(^_^;)

ボン村上さん、こんばんは。
そうそう、Mac は SCSI が標準で付いていましたね。SCSI なんて懐かしいですが、SCSI 接続の MO ドライヴが箱に入ったまま拙宅に置いてあります。(^^;

 KONDOHさん、この場所、ちょっとお借りします。
 ボン村上さん、私はごくごく平凡な人間です。現役は、DTM専用のPB160(92年製)。妻のゲーム専用のPB1400C。G4-400MHzのCPUを刺したPM7600(仕事用のソフトをOS9で使用)。PMG4。BootCampが使えるMacBookの5台です。
 PM7500当時は、私・妻・息子用の3台を使っておりました。パソコンでテレビを見るのは、ジャンク品のビデオデッキを購入して接続したりしていました。
 SCSIだけでなく様々な機能が付いていたり、増設できたので気に入っておりました。
 つい先日は、G3-300MHzのiMacを処分しました。

 SE30は、購入して残しておきたかったですね。LC475は、持っておりました。Classic、ClassicII、PB520、PMG3などなどどれも懐かしいです。
 90年、Classicで安くなりましたが、それでもHD20Mか40Mで10万円。プリンターが298000円で安くなって248000円、198000円でした。ワープロのソフトが58000円、データーベースが98000円。初めて購入したメモリーの交換は、冷や汗ものでした。
 私にとっては大金が、下手をすると駄目になるかも知れないと言う緊張感、今でも覚えています。

 うーん。自称冷静な私ですが、Macとなると若干熱くなってしまいます。Windows機能訓練質使うのを避けてMacのVirtualPCでWindows98を使っておりました。

平凡...怪しいなぁ(^_^;)十分熱いですけど...

最近はすっかり実用品。
昔のように熱中することも無くなってしまいました。

私もPlusのメモリーを2MBから4MBに増設する際にはドキドキ。
何と言っても抵抗をニッパで切断する必要がありましたからぁ。
それと...SE30の時は静電気を避けるために「裸」になって増設した覚えが...(^_^;)
今となっては何とバカなことをしていたのかと思ってしまいますね。
金額面ではIIfx用のSIMMを増設したときは痛かったですわぁ〜、今では想像できないぐらいの価格でしたからねぇ。

プリンターの価格推移はHPのDeskWiterでしょうか?
当時としては画期的な低価格(^_^;)
私も持っておりました。

ClassicってHD内蔵じゃなかったでしたっけ?
これまたバカな話ですが、外付けの20MBのHD(ジャスミン製)を20回ローンに...
海星みたいなアイコンで繋いだ瞬間幻滅してしまいました。

どれもこれも今となっては笑い話の様なことばっかりです。

 KONDOHさん、またまたお借りします。
 ボン村上さん、裸、分かります。静電気が発生したら、大枚を払ったメモリーが駄目になると、MacFanや日経Macでさんざん脅されていましたので。
 プリンターは、HPのDeskWiterの価格です。

 Classicは198000円でした。でもハードディスクをつけると、298000円になるんです。ハードディスクなしでは、使い物にならないのに198000円と宣伝していましたね。
 LC475の時に、レーザープリンターが破格値となり、購入しました。モニターは純正(中身はトリニトロン)15インチが128000円。購入後、しばらくして70000円になり、軽いショックを味わいました。

 Macだけでなく、パソコン全体は当時、熱かったですね。ショップも書店も、パソコンがメインでしたが、最近では寂しくなりました。
 当時のハイパーカードや、PDS集めなど、興味津々でした。また息子などは、ゲームを探し出しては、遊んでいました。

 OSなど、フロッピーでうん十枚を差し込み差し込み、再インストール。理論上は回復のはずが、フリーズしたまま、真夏の暑い中、比較的冷静な私ですが、2回ほど2階の窓から、パソコンを投げ捨てかけたことがありましたから。

 でも懐かしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NOKTON 35mm/f1.2 ASPH. | トップページ | 山田洋次の世界 「隠し剣 鬼の爪」 »