« LEICA DMR | トップページ | NOKTON 35mm/f1.2 ASPH. »

2007年10月25日 (木)

大判撮影 その二

150mm_01

初めての大判撮影。これは先週、雨が降ったり止んだりの中で撮影したものです。言わば本格的に撮影した初めてのカットになります。この時は大判初めてのピント合わせに戸惑い、結構時間が掛かってしまった。ようやくこれでいいかな・・・と思ったら雨が降って来る始末。

一度片付けたものの諦め切れずに車で時間を潰し、しばらくして雨が上がった時にもう一度セットしてようやく撮影。二枚撮影したところでまたまた雨が・・・・。結局先週はこれでお終いになった。改めて三日前の月曜日に再挑戦した次第。そちらのフィルムは只今現像に出してあります。

取り敢えず先週の一枚ですが、天候には恵まれなかった中での撮影。発色がイマイチですねぇ・・・。もともと派手な色のない景観なので、まぁ・・・こんなものかな・・・という感じです。曇り空の白い部分が多いので、なにか散漫とした写真になってしまいました。それと厳密に見ると、水平出しに失敗していますね。ごく僅かですが左下がりのようです。お恥ずかしい・・・。一先ず第一テストの結果です。

DATA : タチハラフィルスタンド 45 + Fuji FUJINON W 150mm/f5.6、Fuji PRO160NC

« LEICA DMR | トップページ | NOKTON 35mm/f1.2 ASPH. »

コメント

KONDOHさん、おはようございます。
ナショジオ2006年8月号に掲載されている写真は、フジのネガフィルムで撮影されていますが、綺麗な色なんです。天候の違いなど条件が異なるので一概に言えないですが、やはり色味はコダックのネガフィルムが好みですね。

スカルピアさん、こんにちは。
今までネガカラーを使う機会が少なかったので、フィルムの傾向も良く分からないのです。クイックロードホルダーを使うとフィルムも限定されてしまうのが欠点と言えば欠点ですね。

いやっ、初めてなのに...ん〜、負けてられませんねぇ。
建物を入れた景色とかは大判で撮ると形が綺麗になりますよね。

ここだと夕方から夜にかけての景色なんか綺麗じゃないかなぁ。
ただ早めに行ってセットアップしておかないとピントが...うぅ。

フィルムですが、普通のフォルダーだと色々あるんですよね。
特にモノクロはQLだと一枚当たりの単価が高く付いちゃうので厳しいです。
撮影自体になれられたら試してみたいですよね。
私は貰ったり、中古の程度の良いものを買って少しずつ増やしています。

ボン村上さん、こんばんは。
とにかく始めたばかりなので、機械にまず慣れないといけないですね。フィルムについては当面富士で行こうと思ってます。
ここの夜景は以前デジカメで撮っているのですが、一度大判でやってみましょう。

こんにちは。
アオリが使えると、ビルもきれいに見えますね。
わずかに左下がりということですが、僕には全然分かりませんでしたよ。

ビワさん、こんばんは。
ビルなどを下から撮影すると普通は上すぼみになってしまいますが、アオリを使うとそれが無くなりますからスッキリ見えますね。
今回は練習の意味で身近な被写体を選びましたが、これから何を撮るか・・・ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« LEICA DMR | トップページ | NOKTON 35mm/f1.2 ASPH. »