« 黒澤明の世界 「用心棒」 | トップページ | ザ・ベンチャーズ »

2007年10月28日 (日)

山田洋次の世界 「隠し剣 鬼の爪」

Yamada_01

私が最も尊敬する映画監督が「男はつらいよ」シリーズで有名な山田洋次さんである。山田さんの作品はほとんどすべて観ている。山田さんは最初の作品からジャンルに関係なく、一貫して庶民の生活を描いている。そこに家族愛、兄弟愛、男女の愛とはどういうものか、またそれらを描きながらその時代時代の世相を巧みに風刺した作品・・・、名作を作っているのです。今日はその山田さんの傑作の数々の中から「隠し剣 鬼の爪」を、ストーリーを簡単に追いながら紹介させて頂きます。

2004年製作のこの「隠し剣 鬼の爪」は山田さんには珍しい時代劇で、藤沢周平さんの原作を映画化した時代劇三部作の第2弾である。日本アカデミー賞最優秀賞を総なめにした「たそがれ清兵衛」に続く作品。「たそがれ清兵衛」の真田広之さんに代わって今回の主役には永瀬正敏さん。実直で思いやりのある下級武士を非常に上手く演じている。また、松たか子さんも、けなげに主人に仕える心優しい女中、「きえ」を好演しています。

ストーリーは日本が揺れ動いている幕末の東北地方・海坂藩が舞台。下級武士、片桐宗蔵の家族と、急変する藩の様子を描いた作品である。前述したように主人公の宗蔵に永瀬正敏さん、女中のきえに松たか子さん、山田組の倍賞千恵子さん、吉岡秀隆さんの他に、ベテラン緒形拳さん、小林稔侍さんなど、そうそうたる面々が出演している。

Yamada_02

毎日笑みが絶えない主人公、宗蔵の家も時代の波と共に少しずつ変化が起こり、母(倍賞千恵子さん)が亡くなり、女中のきえも商家に嫁いで行き、宗蔵の家は下僕とばあやの三人となり、寂しい毎日が続くようになる。時代は刻々と動いていく中、或る日宗蔵は偶然きえと出会う。嫁いだ先で幸せな日々を送っているものと思っていた宗蔵だが、やつれて寂しそうなきえに対し、自分が何も出来なかった事を悔やむ。

Yamada_03_2

その後妹からきえが嫁ぎ先で酷い仕打ちを受けて病に伏せている事を知った宗蔵は、商家に押し入り、病の床に伏せているきえを強引に連れて来てしまう。大騒ぎする商家の母に対し、「役人に届けたければそうせばええ! きえはこの俺が刀さ掛けても守る!」と自分の家に置いて、妹の助けを借りて養生させる。

Yamada_04

宗蔵はきえを商家と正式に離縁させ、自分のところで養生させる。きえも次第に元気を取り戻し、宗蔵宅は再び笑みが聞こえる毎日となる。しかしその間に海坂藩・江戸屋敷で謀反が発覚し、幕府に知られるのを恐れ、関係者を隠密裏に処分するという出来事が起きる。その内の重罪人は切腹を認めず「郷入り」という極刑に処し、国元に護送されて来る。ところが処刑人は脱走してしまった。

Yamada_05

楽しい日々が続く或る日、宗蔵はきえに幸せを掴んでもらいたい為、心を鬼にして実家に帰るよう命令する。
宗蔵「もう、体もすっかり元気になった事だし、そろそろ実家さ帰った方がええ・・・」
きえ「わたし・・・、旦那はんのおそばさえ居てお世話する事は、ちっとも嫌ではあるますねぇ。このままではだめなのでがんすか?」
宗蔵「だめだ!」
きえ「どうしてだめでがんすか?」
宗蔵「おめえにはおめえの人生があるではねえか! 俺の女中で一生終わるなんてとんでもねぇ! 実家さけえれ!」
きえ「・・・旦那はんの・・・お言いつけでがんすか・・・それは・・・?」
宗蔵「んだ・・・、俺の命令だ!」
きえ「・・・分かりました。ご命令だば、仕方ありますねぇ・・・」と、寂しく涙を流すきえ。

Yamada_06

脱走した処刑人の親友であった宗蔵に謀反人を抹殺するよう藩命が下る。果し合いで親友を斬った宗蔵はご家老(緒形拳さん)の元に報告に行くが、罪を減じるよう願いに来た親友の妻を騙して手篭めにした家老を許せず、「隠し剣 鬼の爪」で家老を斬る。緒形拳さんがさすがベテランの味で、憎たらしい事この上ないくらいの家老を演じている。さぁ・・・、この鬼の爪とは・・・なんでしょう? これは是非映画を観て確認して下さい。(笑)

つくづく武士の生活が嫌になった宗蔵は藩を捨て、蝦夷に行く事を決める。そして妹夫婦とも生涯の別れを告げる。当時としては蝦夷(北海道)に行く事は事実上、生涯の別れだったのでしょうね。その蝦夷に向かう前に、実家に帰っているきえを尋ねるのである。そこで宗蔵は初めて本心を吐露する。

Yamada_07

宗蔵「きえは・・・もう・・・、嫁入り先は決まったのか?」
きえ「父親がなんぼか話は持って来ましたども・・・」
宗蔵「んだか・・・、まだ決まってはいねえだか。俺は侍が嫌になったので侍を捨てて、蝦夷の地で商売でも始めようかと思っての・・・」
きえ「せば・・・、もう・・・一生お会い出来ないのでがんすか?」
宗蔵「きえ・・、俺と一緒に行ってはくれねえか? どんだ・・・俺と夫婦なってくれねえが?」
きえ「あたす・・・、そげな事急に訊かれても・・・」
宗蔵「俺はお前を好きだ! 初めて会った時から・・・ずっと好きだ! きえ・・・、お前はどんだ・・・?」
きえ「そげな事・・・、わたす考えた事もありますねぇ・・・」
宗蔵「だば・・・、今考えてくれねえが・・・? ・・・どんだ・・・考えてぐれだか・・・?」
きえ「それは・・・、旦那はんのご命令でがんすか・・・?」
宗蔵「・・・んだ・・・、俺の命令だ!」
はにかみながら・・・、きえ「・・・ご命令だば、仕方ありますねぇ・・・」

« 黒澤明の世界 「用心棒」 | トップページ | ザ・ベンチャーズ »

コメント

KONDOHさん、おはようございます。
ほんとに、解説が上手いんだから!!
KONDOHさんの解説読んで満足しました。
 

スカルピアさん、こんにちは。
何をおっしゃいますかぁ・・・(笑)
時代劇三部作、「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」「武士の一分」は家族愛が描かれていますから、是非ご家族でご覧下さいませ。

私...今月と来月前半はず〜っと客先でレビューばっかり...
KONDOHさんにレビュー資料頼んじゃおうかなぁ(^_^;)

ちなみにこの作品はケーブルで見ましたぁ(^o^)
我が家では「時代劇専門チャンネル」、よく見てますぅ。

ボン村上さん、こんばんは。
おお、ご覧になっていましたか。「たそがれ清兵衛」「武士の一分」もいい作品ですよ。
来月は WOWOW で「武士の一分」がハイビジョン放送されます。今から楽しみです。

やはり名解説です。私などは、もう見たような気分になりました。

pyosidaさん、こんにちは。
いえ、「迷解説」なので、是非ご覧になって下さいませ。

こんばんは。出張中の高速バスの中で何も知らずに見ていたんですが、それがこの映画でした。
しかし、親友との果たし合いのシーンで到着してしまいその後、どうなったのか?気になってました。(笑)
KONDOHさんの解説でなんとなくスッキリしました。(笑)

miyackさん、こんばんは。
高速バスで途中までご覧になっていたのですか。果たし合いに勝った後は私の解説の通りです。(笑)
緒方拳さん、この映画ではなんとも憎たらしい役を演じていますが、次作「武士の一分」では主役、木村拓哉さんの剣の師匠役で登場しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒澤明の世界 「用心棒」 | トップページ | ザ・ベンチャーズ »