« SUPER ANGULON 90mm/f8 | トップページ | ゲートウェイ GT5218j 修理顛末記 »

2007年10月18日 (木)

Summicron-M 35mm/f2

Summicron_01

M8 に装着してあるレンズは球面最終の Summicron-M 35mm/f2 です。レンズに付けてある UV/IR フィルターを横から見るとこんな色になります。この後、ご存知のように非球面化された現行のタイプになる。実はこのレンズ、自身通算二本目の購入でした。今現在二本持っているという事ではなく、その昔初めてライカ M6(Leitz 初期型)を購入した時、同時に購入したのがこのレンズ。しかしその後、わけあってボディと一緒に手放してしまった。しかし四年半ほど前、新同品が驚くような格安で出ていたのを見つけ、再度購入した次第。

Summicron-M 35mm/f2 というとなんと言っても初代 8枚玉が人気ですが、私にとっては中古相場があまりにも高価でとても手が出ない。8枚玉の当たりレンズで写されたモノクロ写真を見た時は武者震いするほどの印象が残っている。Summicron-M 35mm/f2 については未だ私は球面 7枚玉しか使ったことがない。しかし写りには全く不満はなく、現行の非球面タイプの新同品に店頭で三回ほどぶつかっているが、7枚玉になんら不満がないので非球面には手を出していない。まぁ、実情は入手する資金がなかっただけなのですが・・・。(笑)

Summicron_02

この写真は昨年末 M8 を入手した際、最初のテスト撮影時のもの。当然 6bit コーディングなどは勿論、UV/IR フィルターもない状態での撮影。広角レンズを使用した際のマゼンタ被りがいろいろと指摘されていた頃である。しかし抜けの良い描写だと思うのですが、如何でしょうか?

Summicron_03

陰と陽。こういうシーンを見ると撮影したくなっちゃいます。

Summicron_04

何度か書いていますが、路地裏のゴチャゴチャしたところについカメラを向けてしまう癖があるので、こういう写真を随分と写していますねぇ・・・。いずれにしてもデジタルで撮っても不満のない写りをみせてくれる Summicron-M 35mm/f2(球面最終)だと思う。

DATA : LEICA M8 + Summicron-M 35mm/f2 (type III)、SILKYPIX 3.0

« SUPER ANGULON 90mm/f8 | トップページ | ゲートウェイ GT5218j 修理顛末記 »

コメント

一枚目の写真、抜けがいいですね。Summicronってこれと言った特徴が見つけにくいのですが、撮ってみると安定していてう〜んとうなずいてしまう。ライカの基本はやっぱりSummicronかな。

Kazuさん、こんにちは。
私、35mm はこれしか持っていないので他と比較出来ないのですが、気に入っております。
いつかズミルックスは手にしたいと思っているのですが・・・。

こんにちは。
一枚目の写真、とても気持ちの良い写りですね。ライカのカタログに載せてもいいのでは、と思うほどです。
自販機の写真は、影の形が面白いかも。

ビワさん、こんばんは。
お褒め頂いて恐縮です。ユーロ高とはいえ、20%も値上げしちゃって売る気あるのかなぁ・・・という思いの M8 です。
国産デジタルは時間が経つと価格は下がって来ますが、逆に値上げとは・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SUPER ANGULON 90mm/f8 | トップページ | ゲートウェイ GT5218j 修理顛末記 »