« 今日の一枚(18) | トップページ | 最近買った本 »

2007年11月10日 (土)

GR DIGITAL II

Grd_2

リコーから GR DIGITAL II が間もなく発売される。生産が完了した現行の GR DIGITAL もかなり人気のあったデジタルカメラだったようである。発売後二年間モデルチェンジがないコンパクトデジカメは珍しいですね。それだけユーザーは不満なく使われていたという事なんでしょうか・・・?

実は私、この GR DIGITAL を昨年春に購入していたのですが、僅か一ヶ月で手放してしまった。今迄随分とカメラを売ったり買ったりして来ましたが、一ヶ月で手放したのは恐らくこのカメラだけであろうと思う。手放した理由というのが単純で、その時所有していた某家電メーカーのコンパクトデジカメと同一被写体を撮影し、それをエプソンの PX-5500 で A3 ノビにプリントして見比べた結果、手放す決心をしたのでした。

GR DIGITAL の画質に大きな不満があったから・・・というわけではなく(取り立てて素晴らしいとも思いませんでしたが)、GR DIGITAL の売価の半分の価格で購入していた家電メーカーのデジカメに対し、画質的に何らアドバンテージを感じなかったからなんです。逆に言うとその家電メーカーのデジカメが思った以上に優れていたという事になりますね。ただ思うに、1/1.8 インチや 1/2.5 インチサイズの小さな CCD では画質的にもう飽和状態にあるのではないかと・・・。果たしてコンパクトデジカメに A3 サイズの大きさに耐えられる画質が必要か、と問われると「う~ん・・・」となってしまいますが、銀塩 GR-1 は一眼レフに堂々対抗出来る画質を持っていましたからねぇ・・・。今以上の高画質を望む場合、私はフォーサーズの CCD がベストと思っているのですが・・・。

まぁ、画質評価については人それぞれなので、あくまで私の個人的私感に基づいて・・・という事であります。両者画質的に変わらないなら GR DIGITAL を使う必要もない、と判断し、査定額のいいうちに・・・と手放したわけです。ただ GR DIGITAL を気に入って使われている方々は、筐体の作りなども評価の内に入っているのでしょう。銀塩 GR-1 の延長上のデザインですしね。

以下の写真は GR DIGITAL で撮影したものを一切のレタッチをせず、リサイズのみ施したものです。デフォルトの設定では、かなり白飛びしやすい画質でした。

Grd_01

Grd_02

Grd_03

DATA : RICOH GR DIGITAL

« 今日の一枚(18) | トップページ | 最近買った本 »

コメント

KONDOHさん、今日は。私もGR-Dに関して同感です。銀塩GRを愛用してたので、巷の噂につられて購入しました。私は、ファインダーを覗いてシャッターを切らないと調子が出ないので金輪際コンデジに手は出すまいと思いますね。

船体真っ白に飛んでますね〜〜(^^;)

スカルピアさん、こんにちは。
共感頂きまして、有難う御座います。GR-D のユーザーさんの多くは銀塩 GR-1 シリーズのユーザーさんだったと思います。GR-1 は一眼レフの画質に負けず劣らずでしたので、それを考慮すると GR-D の画質には少々不満があります。あくまで、私は・・・という事ですが。

raotaさん、こんにちは。
極小 CCD の弱点、ダイナミックレンジの狭さが露呈していますね。撮影者はこの点を考えて露出補正が必要になって来るわけです。GR-D を使われる方は技術的には上級の方ばかりだと思いますのでこれでいいのかもしれませんが、シャッター押すだけ・・・の、コンパクトと考えると疑問が残ります。

GD-Rが出る前に、APS-CサイズのCCDを期待しておりました。加えて、ノーファインダー。
 私の場合は、極端で触れることもしておりません。

 1眼並の画質を期待します。KONDOHさんが、言われるように4/3のコンパクトカメラも魅力的ですね。

pyosidaさん、こんばんは。
APS-C サイズのコンパクトはシグマさんが大分前に開発を発表していますが、未だ発売に至っておりませんですね。撮像素子が大きくなると、コンパクトでは技術的に難しくなるのかもしれません。
フォーサーズの一眼レフはファインダーに不満が出てしまいますが、コンパクトにはいいと思うのですけどね・・・。

こんにちは。
僕は見送った派です。既にGR-1sを持っているので、同じようなカメラなら必要ないかなと思ったのです。安ければ別ですけどね。
モデルチェンジをしないのは悪いことではないですが、画質に関してはどんどん改良していかないとダメですね。ファームウェアのバージョンアップでもある程度対処できるでしょうが、言ってみればCPUは同じでソフトのバージョンアップで対処するようなものですから、出来ることに限界があるのでしょう。
ということで、GR-1sとデジタルのCaplioRシリーズがあれば、コンパクトカメラは充分かなと僕は思っています。

ビワさん、こんばんは。
銀塩の GR-1 シリーズは名機でしたから。残念ながらデジタルの GR は嘗ての評価には達していないと思います。モデルチェンジして、さぁ・・・どうなのでしょうねぇ・・・。

KONDOHさん、こんにちは。
私も同感です。私も同じように購入し液晶と実際の写りの乖離に違和感がありスグに売却。しかし、あまりに一般でのブログ等で評価がいいので自信がなくなり、もう一度購入しました。結局G7、D-LUX3等と画像を比較して私の使用目的には合っていないため、あまり使わなくなってしまいました。(みなさんはモノクロでの使用が多いようですね。)
GR-D2はどうなんでしょうね?改善されていれば、薄くて持ち運びにはいいのですが。。。

MASAさんも購入・・・直ぐ売却でしたか。同じだったのですね。
確かにいろいろな方のブログ等で評価がいいので、画質評価は人それぞれだという事を感じています。コンパクトデジカメ・・・という範疇で考えれば今の画質でもまぁ・・・許せるのですが、GR と名乗る以上は・・・と、私自身はそれ以上を望んでしまうのです。GR-D2 も採用している撮像素子ではおお化けするほどの期待は・・・と感じています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚(18) | トップページ | 最近買った本 »