« 鎌倉 | トップページ | M-HEXANON 28mm/f2.8 »

2007年11月14日 (水)

鎌倉 その二

昨晩午後八時から本日午前十時まで、サーバーのメンテナンスの為コメントの読み書きと本日のブログをアップ出来ませんでした。

で、本日は休日ではないので簡単に・・・。一昨日鎌倉で撮影したフィルムですが、ritomoさんのところの掲示板で低温現像についてのコメントがあり、モノは試しと鎌倉で撮影したフィルムでやってみたのですが、見事に失敗です。

T-MAX 現像液の液温を測ってみたら 15℃ でした。本来なら 20℃ に上げて現像処理するところですが、そのまま処理してみたところ硬いネガが出来てしまいました。現像時間は 9分半です。まぁ、大した写真でもないし、勉強の意味で試したものですから仕方ないですね。参考までに載せてみます。

N35mm_02

N35mm_10

N35mm_15

H28mm_02

DATA : Konica HEXAR RF + NOKTON 35mm/f1.2 ASPH.(1~3枚目) + M-HEXANON 28mm/f2.8(4枚目)、Kodak T-MAX400、15℃、9分半

« 鎌倉 | トップページ | M-HEXANON 28mm/f2.8 »

コメント

いきなりチャレンジしたんですか?先を越された(笑)
自分は流石にテスト現像を踏んでからにしたいと思います。
と言いつつ、昨日も24℃をキッチリ守って現像した自分・・(^^;)

raotaさん、こんばんは。
チャレンジしましたが、一回目は失敗ですね。低温現像、やはり難しいですね。私みたいに経験の薄い者は基本通りやった方がいいのでしょう。(笑)
ところで最近また raotaさんのページに書き込み出来ません。なんなんでしょうねぇ・・・?

こんにちは。
デジタルカメラをモノクロモードで撮った感じでしょうか。多くの人はメリハリがあっていいと感じるかもしれません。最近はみんなデジタルカメラのハイコントラストな画像に慣れちゃってますからね。

ビワさん、こんばんは。
なるほど、おっしゃるようにデジカメのモノクロモードで撮影したような感じの描写に見えなくもないですね。フィルム現像も奥が深いです。

低温現像って減感しない場合は、かえってコントラストがあがるような気がしますが、私の思い違いでしょうか?データが公開されていないので、自分で試してみるしかないのでしょうね。私はあまり減感はしないのでしが、これは・・と思ったのに失敗したり・それが次回への奮起になると思います。以前に試したものを私のところにアップしました。参考にもならないと思いますがお暇だったら見にいらしてください。

なおりんさん、こんばんは。
早速拝見させて頂きました。おっしゃるように私の場合はコントラストが上がっております。まったく初めての経験で、何の知識も無く実行しましたので今回のような結果になりました。
なおりんさんの写真を拝見した限りでは減感した方がコントラストも上がらず良いように感じます。参考にさせて頂きます。有難う御座いました。

こんにちわ KONDOH さん:
9.5分は低温現像では短すぎと思います。
15℃でも、液温が上がりやすい環境なのか、現像液の濃度の問題と思いますが如何でしょう。
私のブログのポルシェの写真は、35mmのT-Max100でカメラの自動露出で、14℃で27分で行っています。
T-Max400の場合は、14℃で25分で行っています。


stakaさん、こんにちは。
stakaさんの真似してやってみました。現像時間が分からないので 20℃ の時間を目安にして時間を延ばしてみましたが良いネガは出来ませんでした。当然ですね。
ポルシェの写真、拝見しました。さすがだと思います。アドバイスの通りにまた挑戦してみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉 | トップページ | M-HEXANON 28mm/f2.8 »