« ザ・ベンチャーズ | トップページ | 今日の一枚(17) »

2007年11月 5日 (月)

Summicron-M 50mm/f2 (type IV)

50mm_01

ライカ M 型の標準レンズとして永く人気を誇っている Summicron-M 50mm/f2 の現行品。レンズ構成は 1979年に第三世代として発売されたものと同じ 4群 6枚。第三世代まではフードは外付けでしたが、1994年に鏡胴が変更になり、フードは引き出し式の内蔵タイプになったのが現在まで続いている第四世代。第三世代のスリムなデザインから、人間で言えば脂肪が付き過ぎたようなズングリムックリのデザインに変わり、自分的にはあまり好きなデザインではない。

50mm_02

ただ、そのズングリムックリのデザインはともかくとして、描写についてはさすがライカを代表する標準レンズとして、いつも裏切られる事はない。フィルムで写してもデジタル(M8)で写しても、まったく破綻なく写しとめるところにはいつも感心してしまう。世代毎の微妙な違いはあるにしても、ライカ使いには必須のレンズと思われるのは、やはり Summicron-M 50mm/f2 だと思う。

« ザ・ベンチャーズ | トップページ | 今日の一枚(17) »

コメント

おっしゃるとおりですね。
僕はフード外付けモデルを使っています。
内蔵型はどうも好きになれませんです(^^;)

ritomoさん、こんにちは。
私もフード内蔵式はあまり好きではないです。引き出しても短いので、果たしてフードの役割をしているのかどうか・・・?

KONDOHさん、こんばんは。
KONDOHさんのおっしゃるとおりだと思います。
私もSummicron-M 50mm / f2はTYPEⅣなんですが、フィルムでもデジタルでもいい描写をしてくれますね。ライカジャパンはM7とSummicron-M 50mm/f2で標準セットとして売り出していますね。まさにその通りだと思います。ボケ方も中庸というか私は好きです。

Kazuさん、こんにちは。
ライカの基本セットと言っても良いかもしれませんですね。ライカジャパンがセットで売っているのも分かります。

下のモノクロ写真、すごくいいですね!現行品もいいなぁ。

MASAさん、こんばんは。
MASAさんのノクチとズミルックスも素晴らしいです。いつかは・・・。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ザ・ベンチャーズ | トップページ | 今日の一枚(17) »