« Sonnar T* 100mm/f3.5 その二 | トップページ | お散歩写真 »

2007年11月22日 (木)

Super Wide-Heliar 15mm/f4.5 Aspherical その二

コシナさんから発売されている超広角レンズ Super Wide-Heliar 15mm/f4.5 Aspherical の事については本ブログを始めた頃(3月29日付け)に一度紹介しています。ライカ L マウントの超広角レンズで、値段を考えると大変良く写るレンズです。

開放値が f4.5 という事もあって大変コンパクトで可愛いレンズで、ライカに装着するとアンバランスさがまた見た目に面白い。入手以来それほど使い込んでいるとは言い難いレンズで、デジタルの M8 でしか今迄使った事がなかった。で、先日の鎌倉で初めてフィルム撮影を試みたので、今日はその一部を掲載してみます。

15mm_01

15mm_02

わざと太陽を画角に入れて撮影したものです。二枚目は若干ゴーストとフレアが目立ちますが、まぁ・・・それでもなかなか逆光に強いのではないかと思います。

15mm_03

このレンズ、まるでツァイスのビオゴンのようにディストーションが無いのに驚かされます。私はレンズ性能で何が一番気になるかと言いますと、真っ先にディストーション(歪曲)が気になります。ズームレンズを私が嫌うのは何よりディストーションが目立つからなのです。やはり直線は直線に描写して頂きたいと願うのであります、はい。四隅は若干流れますが、15mm という画角と売価を考慮すると大変優秀なレンズだと思います。最近のコシナさんは元気ですねぇ・・・。

DATA : Konica HEXAR RF + Super Wide-Heliar 15mm/f4.5 Aspherical、Fuji PRESTO 400

« Sonnar T* 100mm/f3.5 その二 | トップページ | お散歩写真 »

コメント

こんにちは。
15mmにもなってくると、撮影も難しくなってくるのはないですか。
コシナの偉いのは開放値をF4.5にしたことだと思います。その代わりレンズ枚数は増えているようですが。
逆にホロゴン16mmは少ない枚数で実現していますが、その代わりF8固定で暗いです。しかも高い。
12mmというのもありますが、そちらはどうなんでしょうかね。

ビワさん、こんばんは。
コンタックス G のホロゴン は使った事があるのですが、さすがの描写でした。ただおっしゃるように開放値が暗いのでほとんど日中でしか使えませんでしたが。その点、コシナさんのは使い勝手で上回ると思います。
12mm は購入していませんが、こちらはもっと撮影が難しいでしょうね。

SWHとHologonを比べてみて、結局Hologonを手元に残しました。
KONDOHさんとは逆のパターンですね ((^_^;))

raotaさん、こんばんは。
思わぬところでホロゴンの突っ込みが・・・。(笑)
両者同じ描写でしたらホロゴンの価格は詐欺になってしまいますぅ。

まぁ、そうですよね(笑)でも・・・

もしSWHが良かったらそっちを残すつもりでしたよ。
お金に困っていた学生時代だったので(^^;)

ホロゴンは何か他に欲しいものが出来た時にコンタG 一式売り払ってしまいました。ホロゴンだけでも残しておけば良かったかな・・・とは今も思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Sonnar T* 100mm/f3.5 その二 | トップページ | お散歩写真 »