« 京都紅葉撮影 その六 | トップページ | ナノクリスタルコート »

2007年12月18日 (火)

イルミネーション その二

イルミネーションのその二です。今回は横浜・みなとみらい 21地区で撮影してみました。今回もすべて手持ちで撮影しています。ISO 感度は 1600~4000 での撮影。

Minato_01

Minato_02

観覧車の下にクリスマスツリーを模したイルミネーションがありました。後一週間でクリスマスですね。広角レンズを仰角で使うと上すぼみになるのが・・・。

Minato_03

Minato_05

Minato_06

今回も使用しているカメラはニコン D3 ですが、撮影していてとにかく感触の良さは筆舌に尽くし難い。シャッターを押した時の感触がとても切れが良く、こういう感動を覚えたのは銀塩フラッグシップ機 F5 以来です。F5 は未だに銀塩カメラの最高峰として愛着があり、デジタルと銀塩でこの二台を超えるものが有るの? と申したいくらい素晴らしいカメラであります。(あくまで個人的感想ですが)

Minato_04

最後はランドマークタワーの中に入っての撮影。これまたクリスマスツリーを模したシャンデリア。豪華ですねぇ・・・。夜間の撮影がこんなに楽しく出来るのは D3 のお陰です。夜に外へ出るのが億劫で嫌いだったのに・・・。(笑)

DATA : NIKON D3 + AF-S NIKKOR 24-70mm/f2.8G ED、ISO 1600~4000

« 京都紅葉撮影 その六 | トップページ | ナノクリスタルコート »

コメント

KONDOHさん、おはようございます。
例えば、光があればフィルム、無ければデジタルといった使い分けができそうですね。
ところで、KONDOHさんの画像はRAW を加工ですか、それともjpeg で撮りっぱなしですか?

この感度でしたらノイズをほとんど感じないですね。これは武器だと思います。凄いな・・・値段もか(^^;)

スカルピアさん、こんにちは。
ライカデジタルを使うようになってからはRAWで撮ってます。D3もRAWで撮るようにしていますが、今回のイルミネーション撮影で初めてRAW+JPEGをやってみました。ご覧頂いたのはJPEGノーマルをリサイズしております。web にアップするだけではJPEGをリサイズするのが楽だと思いまして。

クッチさん、こんにちは。
D3は撮影方法を変えるほどインパクトのあるカメラです。値段もインパクトありますが、1Ds III ほどではないので・・・。
しかし基本は三脚に据えてキッチリ撮る事ですね。今はテストを兼ねてますのでいろいろやっております。

24-70の描写安定していますね。
買って良かったレンズです。
僕はD3のサブボデイにF6が良いなとか考えています。
銀塩が予備カメラと考えるとは、時代が変わっちゃいましたね。

ritomoさん、こんばんは。
D3 のサブに F6 ですか。レンズ交換しても画角に変更がないですから、案外いいかもしれませんね。
ズーム嫌いの私も 24-70 は存在を認めます。(笑) 24~70mm間の単焦点を必要としないくらいの描写かもしれません。でもやはり、f1.4 クラスの AF-S が出たら買います。

フィルム時代は夜景撮影は試行錯誤してようやく見られる絵が手に入る状態だったのに、夜間撮影用カメラだと手持ちでもそれなりにOKなんですね。

ビワさん、こんばんは。
或る意味、デジタルがフィルムに勝る点かもしれませんね。デジタルがフィルムと同じ事しか出来ないんでは、新しいメディアの意味がないようにも思われます。
しかしクッチさんへのレスにも書いた通り、今はテスト撮影の段階なので、しっかり撮るには三脚に据えて低感度で撮るべきだと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都紅葉撮影 その六 | トップページ | ナノクリスタルコート »