« 京都紅葉撮影 その五 | トップページ | Nikkor AF 50mm/f1.8D »

2007年12月15日 (土)

超高感度撮影

昨日は午後から横浜・山下町でずっと会議。会議終了後、中華街に移動して忘年会でした。それならとニコン D3 を持参。歩いて中華街に移動する際に高感度撮影を試みた。以下の写真はすべて ISO 感度 12800 で撮影しています。

Iso12800_04

Iso12800_01

Iso12800_02

さすがにノイズは乗って来るものの、それでも鑑賞に堪えられる絵が出来ていると思う。やや立体感にも欠ける感じはするものの、D3 の作り出す絵は驚異的だと思います。今まで ISO 12800 でまともに見られるデジタルカメラが果たして有ったのかどうか・・・。ただただニコンさんに脱帽。

Iso12800_03

+2/3 補正して撮っていますが、やや白飛びが出ていますので補正し過ぎだったかな・・・と反省。ただお店の照明と裏壁の絵との明暗差はかなりありましたので、プラス補正を掛けないと裏壁の顔が暗くなるしと・・・、まぁ、ご容赦下さい。改めて D3 が高感度に強いという事を実感したテスト撮影でした。

DATA : NIKON D3 + AF 50mm/f1.8D、ISO 12800、14bit RAW、Capture NX

« 京都紅葉撮影 その五 | トップページ | Nikkor AF 50mm/f1.8D »

コメント

はぁ〜〜・・・これが12800ですか。
もう(゚o゚)ポカーンとするしかないくらい上出来の写りですね


raotaさん、こんばんは。
もう、驚きますよね・・・。或る意味デジタルの利点を最大限生かしたカメラと言えると思います。

S5proがISO3200で低ノイズでしたから、ニコンはどうするのかと思っていました。
さすがにISO12800ですと微妙なんでしょうが、WEBで見るには堪えられますね。
高感度を売りにしているコンデジとは次元が異なると思います。
ISO6400や3200との比較をぜひお願いいたします

いきなり12800とは・・。
僕もまだ試していない領域でした。
しかし、D3持ってると世界観が変わります・・。

クッチさん、お早う御座います。
S5Pro も一時惹かれたのですが、思い留まりました。発色は富士らしく素晴らしいですね。
ISO 12800 が通常必要かと問われれば「?」となりますが、12800 でそこそこ見られる絵ならば、それ以下の感度はもっと良い理屈になりますので、改めて D3 には感動しました。カメラって、感動が無いと長く使う気にならないのです、私は。(笑)

ritomoさん、お早う御座います。
こちら横浜は5時には真っ暗になりますので、4000 まで試したので今回は 12800 までやってみようと思い、実行しました。D3、おっしゃる通りです。

KONDOHさん、おはようございます。
こりゃ、凄いですね!
こうなると、50ミリのF1.0なんてレンズを出して欲しいですね。それと軽いカメラも。

スカルピアさん、こんにちは。
通常使う感度ではないですが、いざという時に使える安心感は大きいですね。
D300 クラスの大きさで登場すれば、ベストセラー間違いなしだと思います。

こんにちは。
ISO12800、そもそもそんな感度設定のあるカメラって他にあるんですか? D3が発表された頃に、もっと高感度の画像を見たことありますが、本当にそんな写真が撮れるのか半信半疑でした。でも、本当なんですね。
ところで、忘年会なのにD3を持ち出されたのでしょうか。それはそれでスゴイです。

ビワさん、お早う御座います。
D3 の高感度撮影にはまったく驚かされました。フルサイズでありながら 1200 万画素に抑えた恩恵でしょうね。
忘年会には D3 は出しておりません。宴会開始まで小一時間ほどあり、各自自由時間なので、その間にちょこちょこっと撮影に勤しんでおりました。宴会時は小さめのバッグに隠して一切出しておりません。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都紅葉撮影 その五 | トップページ | Nikkor AF 50mm/f1.8D »