« イルミネーション その二 | トップページ | ニコン D3 で飛行機撮影 »

2007年12月19日 (水)

ナノクリスタルコート

24_70

ニコンさんから D3 と一緒に発表、発売されたレンズ群すべてに「ナノクリスタルコート」なるコーティングが施されている。(一部、既出のレンズにも施されています) ニコンさんの web でどういうコーティングなのか調べてみたら、光学的な難しいお話が延々と続いていましたが、最後の方に分かり易い以下のような説明書きがあった。

「ナノクリスタルコートは、反射防止多層膜に比べて反射率をさらに低く抑えるとともに、より広い波長域、角度範囲での反射防止を可能としました」とあり、フレアーやゴーストの低減に非常に効果的です、との事。

ニコンさんは数年前から、「スーパーインテグレーテッドコーティング」というレンズ・コーティングを施しているのはご存知の通りで、古くから発売されているマニュアル・ニッコールの Ai レンズにも途中からこのコーティングに変えている。多分、ニコンさんにしても自信のレンズ・コーティングなのでしょう。そしてさらに「ナノクリスタルコート」である。ニコンさんのショールームで「コーティング無し」「マルチコート」「ナノクリスタルコート」の三枚のレンズが並べて置いてあるのを見た時、成る程「ナノクリスタルコート」の透過率は半端じゃないなぁ・・・と、感じたものである。

ただかなりのコスト高になるようで、今のところは高級レンズといって良いものだけに「ナノクリスタルコート」が施されているようである。僅か一面だけにしか施されていないようであるが、ニコンさんの弁によると一面だけでもかなりの効果が有るとの事。で、私が持っているレンズで「ナノクリスタルコート」が施されているのは上記写真の AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED の一本。そういえば今回発表されたレンズから表記方法が変わっていますが皆さんは気が付いたでしょうか? 例えばこのレンズも従来の表記方法だと、AF-S Zoom Nikkor ED 24-70mm F2.8G となるはず。今回から「Zoom」の表記が消えた他、ニッコールのアルファベットが大文字になり、ED や VR が一番最後に表記されるようになりました。

何度か書いていますが私はズームレンズ嫌いで、嫌いだった原因はレンズが大きい事、歪曲が目立つ事、明るいものでも F2.8 が限度という三つの事柄によるものでした。今迄私が購入した F2.8 通しのズームレンズで購入の経験があるのはニコン、キヤノン両社の 70-200mm ズームレンズだけという珍しい人間です。しかしこの二本も描写に不満が出て直ぐ手放してしまいました。多分、こういう事を書くと猛反発をされる方もいらっしゃると思いますが、莫迦の戯言とお聞き流し下さいませ。

しかし今回発売された AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED は結構気に入りました。結構・・・というより大分気に入ってしまいました。歪曲は例によって広角側で多少目立ちますが、ズームという事で許せる範囲です「おお、偉そうに・・・(笑)」。やはりフルサイズ・デジタルで使う事を念頭に於いて設計されているだけあると思います。レンズ鏡胴もスリムでなかなか良いです。今度、フィルムで使ってみようと思いますが、コシナツァイス ZF と同じくフィルムだとカリカリになるかもしれませんね。

24_01_2

24_02

これはテレ側 70mm の開放で、ピントは真ん中のカモメに合わせて有ります。画面が少々傾いているのはご容赦。

24_03

24_04

この二枚は共にワイド側 24mm での撮影です。絞りも共に F4.5 であります。

DATA : NIKON D3 + AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED、WB 太陽光、Capture NX

« イルミネーション その二 | トップページ | ニコン D3 で飛行機撮影 »

コメント

うむう・・何か文句あるかあ・・? といわんばかりの写りです。
3枚目の水面の写り込みのクリアーさには驚きますね。
僕もはやいところまじめに使わないといけませんです(^^;)

ritomoさん、お早う御座います。
さすがニコンさん最新設計のレンズだと思います。この勢いで是非単焦点レンズを出して頂きたいと願っています。

こんにちは。
デジタルになって各社ともにコーティングに力を入れるようになってきましたね。特に最近はズームが中心で、レンズの枚数も増えて、しかも微妙に隙間を空ける構成が多いですから、いかに透過率を上げるか、そして余分な反射を防ぐかに腐心しているようです。でも、あんまりきれいに写りすぎると、反動で古いレンズに戻る人も出てきそうですね。

ビワさん、こんばんは。
もう、デジタルではレンズの味がどうのこうのと言う必要がないと思ってます。とにかく綺麗にスッキリ写れば良いと。味云々はフィルムで楽しめば良い・・・と、思うようになりました。しいてデジタルで味云々を言う場合はライカ DMR で・・・、と思っております。

KONDOH さん、お早うございます。
ナノクリスタルコートですが、必ずしも D3 と同時発売のレンズとは限らず、AF-S MICRO NIKKOR 105mm/f2.8G ED VR にも 「N」マークが付いています。それともこのレンズ、、、マイナーチェンジしたのかも、、、ですが、、。

野本さん、お早う御座います。
はい、おっしゃるように D3 と同時発表されたレンズがナノクリスタルコートの最初というわけではなく、VR マクロ、VR サンニッパもナノクリスタルコートです。私のブログの書き方は少々誤解を受ける書き方でした。
今回の発表の仕方をみると、これからは大々的にこのコーティングを宣伝すると共に、新レンズにはどんどんこのコートを施すのではないかと思う次第です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イルミネーション その二 | トップページ | ニコン D3 で飛行機撮影 »