« ニコン D3のサブ機 | トップページ | AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED »

2007年12月23日 (日)

ナノクリスタルコート その二

Lens_02l

昨日「デジタルマガジン 1月号」を久々に購入した。「新生NIKKORレンズの実力」という特集が目に付いたからです。今回発売された AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED、AF-S NIKKOR 400mm F2.8G ED VR の三本を旧タイプと比較撮影しています。その後に掲載されていたニコン開発本部設計部のメンバー五人へのインタビューが興味深かったです。

ナノクリスタルコートについてのインタビューを読んでみると、色調を整えるのではなく、反射を少なくするのが第一目的との事。あらゆる波長の光がどのような角度で入って来ても反射が少ないようです。特に斜めの光に弱い撮像素子には大変有効なコーティングなんでしょうね。驚くのがレンズ設計シミュレーション時にゴーストやフレアの原因になる部分を特定出来るそうで、そこにナノクリスタルコートを投入するそうです。ナノクリスタルコートは専用設備で専任の作業者によってコートを行う必要があり、現状では上位レンズの一面にしか使用出来ない状況らしく、やはりコストが掛かるのでしょうね。私の次の目標は上記写真のレンズ、AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED かなぁ・・・。

さて、キヤノンさんの EF 14mm F2.8L II USM に触れると、AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED の方が勝っていると自負しています。これは相当な自信ですね。このレンズの成功には「ガラスモールド非球面レンズ」の製造方法の確立、量産化が大きく貢献しているとの事。なんでもこういった非球面レンズを量産出来るのはニコンさんだけだそうで、研削非球面レンズより高精度なレンズらしいのですが、光学的な事にほとんど無知の私は「へぇ・・・、そうなんだぁ・・・」と思うだけであります。ニコンさん曰く、世界に誇れる非球面レンズだそうです。

その他 AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G に手ブレ防止機能を搭載しなかった理由もインタビューで答えています。何より一番興味深い事は今回の二本により 14mm から 200mm まで F2.8 通しのズームレンズで見事に揃う事なんですが、AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G (IF) だけナノクリスタルコートが採用されていない事について触れ、2008年に新レンズが登場するのですか? との問いに「いえません(笑)」との答え。これが出ないとズーム新大三元(広角、標準、望遠)にならないのでは? と更に突っ込むと、「そうですね(笑)」という返事。私の勘ですが、これは間違いなくナノクリスタルコートを採用した新 AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR (IF) が出るでしょうね。

ニコンさんはこれまで DX フォーマット用のさまざまなレンズを出して来ましたが、DX レンズに関してはしばらくお休みとの事。その理由は、D3 が FX フォーマットで約 9コマ/秒の連写スピード、ISO 感度も最高で 25600 相当といった低輝度にも対応出来るカメラなので、レンズ側も期待に応えようと考えています、との返事。どうやら新設計による単焦点レンズも期待出来そうですね。楽しみ楽しみ・・・。

« ニコン D3のサブ機 | トップページ | AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED »

コメント

そうすっと、、AF-S VR Nikkor 200mm/f2G も新型が出るのかしら、、、。新宿のヨドバシさんで、ちょっと気になったのが、Canon さん、Nikon さんそれぞれ数本ずつの望遠系 (Canon さんは、広角の L レンズもありましたが)レンズが入ったショーケースがあって、その全ての商品なのかどうかちょっと解りづらいのですが、「限定特価」みたいな事を書いてありました。その中に前記のレンズも入っていましたのです。資金が許せばアタシは原則単焦点で揃え直したいなぁ、、、あぁ、、。
24-70mm の Zoom 予約してるんですが、どうしようかしら、、、将来的には変わるんでしょうが、広角側よりも中望遠 - 望遠系の単焦点が比較的早い時期に変わる様な気もしますです、、、う〜む。

AF-S VR Nikkor 200mm/f2G は VR サンニッパと同時に発売されたレンズでして、何故かサンニッパだけナノクリスタルコートが施されておりましたです。数ヶ月前、某有名中古ショップに新同品のAランク品がずらっと並んでいた時がありまして、「え? どうしてぇ・・・?」と首を傾げた時がありますが、まだモデルチェンジ時期には早過ぎるような気が致します。
単焦点のリニューアルは期待出来そうですね。私も単焦点派なので期待大です。

補足です。同時発売は勘違いでして、多少前後しての発売でした。ただ AF-S VR Nikkor 200mm/f2G はスーパー ED レンズというものを初めて採用したレンズではないかと思います。いずれにして写りは文句ないと思います。

こんにちは。
ニコンだからこそ、単焦点を出して欲しいですね。特に28mmF1.4は買い損ねたし。
ただ、FXレンズは全てGタイプでしょうから、F3とかでは使えないんですよね。かといってD3は高根の花なので、F6でも買おうかなあ。(F6は発売当初から欲しいと思っていたのですが、現在の予定だと来年の冬のボーナス時期になりそう)

ビワさん、
これから出てくるニッコールはすべてGタイプになるでしょうから、MFボディでは使えないですね。そうだ・・・、Fマウントも此処はネックでしたね。
F6は素晴らしいカメラです。私は未だにF5に愛着がありますが、F6のファインダーは素晴らしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニコン D3のサブ機 | トップページ | AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED »