« Noctilux-M 50mm/f1 | トップページ | キヤノン L レンズ »

2007年12月 1日 (土)

ファインダー倍率について

カメラを選ぶにあたって私はファインダーを重視する事はこちらで何回かコメントして来ました。先月号だったか雑誌「CAPA」の中でカメラマンの馬場さんがデジ一眼のファインダーについて書いておりました。そこでキヤノン 40D とソニー α700 のファインダーに関して 40D の 0.95倍が α700 の 0.9倍より小さいのはおかしい、と書いておりました。残念ながら各社のファインダー倍率は結構サバを読んでいる事が多いですね。有名なところではコンタックス RTS III の 0.8倍が AX の 0.7倍より小さかったり・・・とか。(笑)

各社デジタル一眼のカタログでファインダー視野率/倍率を見ると、どのカタログも 50mm レンズ無限遠での計測になっています。これはおかしいのではないかと思うのです。銀塩一眼レフなら標準レンズ 50mm(対角 45mm) で計測するのは分かるのですが、APS-C デジ一眼を 50mmレンズで計測するのは如何なものかと。APS-C だけでなく、更に小さい撮像素子のフォーサーズも 50mmレンズで計測しています。

私は光学上の計算(数式)についてはまったく知識に乏しいのですが、計測レンズを銀塩 50mm に照らし合わせればフォーサーズだったら 25mmレンズで計測すべきではないのでしょうか? フォーサーズはフルサイズの 2倍に相当する画角になるわけですから、倍率 1.15倍の E-3 は実際のところは 0.575倍の倍率になるのでは。40D の 0.95倍は 0.63倍に。この辺は知識に詳しい方にお教え頂きたいところです。そうした場合、倍率は各撮像素子で違いが出て来るのでは・・・。何か数字のマジックに騙されているような気がするのですが・・・。

« Noctilux-M 50mm/f1 | トップページ | キヤノン L レンズ »

コメント

KONDOHさん、おはようございます。
ファインダー倍率は、仰る通りですよ。結局自分でのぞいて納得できるか、ですね。
ところで、D3は逝かれましたか^^?
私は、マップでローンシュミレーションだけ試してみました^^ゞ

スカルピアさん、おはよう御座います。
フルサイズを除くデジ一眼の倍率は騙されているような感じを受けますねぇ・・・。
D3、まだです。私も購入シュミレーション中です。(笑)

こんにちは。
そうなんですよね。35mm版との換算率を計算に入れないと横並びでの比較はできないのですね。
レンズの焦点距離に35mm版での値を表示しているのは、各メーカー横並びで比較する際に、ちょうどよい指標がないからです。
なのに、ファインダー倍率は横並びで比較しにくい状況になっています。フォーサーズは1/2で済むので計算は楽ですが、1/1.3とか1/1.5とか1/1.6とか、少なくとも僕の頭では暗算できません。
もっとも、フィルム時代から倍率はアテにならなかったですね。特にニコンは数値以上に狭いことが多かったし。

ビワさん、
私も今回の記事をアップする前に電卓を叩きました。(笑)
カタログ上のファインダー倍率ほど当てにならないものはないですね。ニコン F5 も発売当初のカタログは 0.75倍くらいだったと思いますが、あちこちから指摘を受けて途中から 0.7倍に訂正されました。
結局は自分で覗いて確認するのが一番ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Noctilux-M 50mm/f1 | トップページ | キヤノン L レンズ »