« 京都紅葉撮影 その一 | トップページ | 京都紅葉撮影 その三 »

2007年12月 6日 (木)

京都紅葉撮影 その二

初日の夜はホテルで北京オリンピックのアジア代表を決める野球を見ていました。お風呂から上がって来たら丁度日本が逆転されるところ。悔しくなってそのままテレビに噛り付いていたら、あっという間の再逆転。あぁ、これで大丈夫だなぁ・・・と思ったら急に睡魔が・・・。翌朝六時半くらいまでぐっすりと睡眠。ホントは早起きして出掛ける予定が少々遅くなってしまった。朝食をさっと済ませて電車を乗り継いで龍安寺へと向かう。

Fuukei_81

空は雲が多いものの幾らか青空も覗いているので今日は雨は大丈夫かな・・・と思いながら龍安寺到着。此処も散り紅葉を見ながら境内へと入ったら・・・、なんとまたまた雨が・・・。しかしめげずにカメラ、レンズを多少濡らしながら撮影。こういう時は防塵防滴のカメラ、レンズが欲しくなりますねぇ・・・。おしどり池とも呼ばれる鏡容池の周りもいい雰囲気でした。しかし雨が少々強くなったので諦めて石庭を鑑賞する事に。

Fuukei_83

なかなか落ち着いた雰囲気を味わい、心が洗われる気持ちとなる。此処で腰掛けながらゆっくりと撮影させて頂いている間に雨も小降りとなった。外国の観光客が多い場所ですね。

Fuukei_82_2

お庭を鑑賞した後に再び外に出てみるとパラパラ程度の小雨。散り紅葉の見事さに眼を奪われながら歩く。するとほんの僅かな時間、雲間から日が差し、モミジのトンネルが太陽光を浴びて輝くような色に。近くを歩いていた女性たちから「わ~・・・、綺麗・・・!」と感嘆の声が上がる。その見事さに見とれていた私は慌ててカメラを構えるも、あっという間に日差しは雲に隠れてしまった。上の写真ではその感動をお見せする事が出来ませんが、或る程度ご想像頂くという事でご容赦を。

この後またまた雨が気持ち強くなったので池の周りを歩いて龍安寺を後にした。そして今度は歩いて仁和寺へと向かう。龍安寺を出て歩き始めると雨は完全に止んでくれたので、もう大丈夫だろうと思い歩を進めました。ところがですねぇ・・・、自分は仁和寺へ歩いていたつもりだったのですが、途中の道路脇に略地図の看板が立っていたのでそれを見ると、あいや~・・・、なんと逆に歩いていたではないですか。ホントにドジですねぇ・・・。方向音痴もいいところ。(笑) 前日、ホテルへ向かった時も下りる駅を勘違いしちゃったし・・・。

で、その地図を見ると自分の歩いて行く方向に有名な金閣寺の絵が描いてある。道行く人の中で地元の方と思しき人に金閣寺までの時間を尋ねると、「此処からなら 10分くらいでしょう」との事。ええい、こうなったら中学の修学旅行で一回見ただけの金閣寺を、記念写真として撮って来ようと思い、そのまま金閣寺へと向かう事にした。到着して拝観料を払って中へ。入ると此処も終焉を迎えていましたがかなりのモミジがあるのにビックリ。京都の仏閣は何処も見事ですねぇ。そのまま金閣寺へ歩いて行くと、またまた雨が降って来たのです。

Fuukei_84

さぁ、誰でも知っている金閣寺です。定番のアングル。京都撮影旅行の記念写真として、こういう写真が一枚や二枚あってもいいでしょう。雨は強くなって来るので早々に一周して外へ出ると一気に雨が上がって、今度は見事な青空が顔を出して来たんですねぇ・・・。金閣寺前のバス停で路線を確認すると仁和寺前を通るバスがあるのでしばしベンチで休憩。やがてバスが来たので乗って一路仁和寺へ。仁和寺前で下車して境内の中へ。入った途端、またまた雨が・・・。(笑) ホントなんですよ、龍安寺も金閣寺も私が境内へ入ると雨、外へ出ると雨が止むのです。仁和寺へ入る前はまったく雨は降っていなかったのですが、境内へ入った途端の雨。お天道様は私をずっと見ていたのでしょうか?(笑)
続く・・・。

DATA : LEICA R9 + Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH. (1.3枚目)、Elmarit-R 28mm/f2.8 (2枚目)、Summicron-R 50mm/f2 (4枚目) + DMR、SILKYPIX 3.0 (前日分も)

« 京都紅葉撮影 その一 | トップページ | 京都紅葉撮影 その三 »

コメント

Apo-Summicron-R 90mm f2の写真拝見しました。なかなかいいみたいですね。私、Summilux-R 80mmとApo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8持っているのですが、アポズミ90mmが最近気になって、どのような写りになるのか興味がありました。いいなぁ・・・。

竜安寺ですか、石庭いいですね。私も数回行ったことがありますが、紅葉の季節は人で一杯ではなかったでしょうか。
金閣寺ですが、竜安寺からはすぐ近くですので私も金閣寺近辺に行ったときはセットで参ります。竜安寺も金閣寺も庭が広いので撮影には事欠きませんね。

今年の紅葉は実は私も京都に行こうかなと考えていましたが、お流れになりました。大阪ですので近いのですぐ行けると思っているのが、逆にあだになって・・。
続編、楽しみにしています。(^o^)

龍安寺の石庭は外国の方にも有名ですから。
なんちゃらというガイドブックに紹介されたのがきっかけだったとか(超曖昧モード)
ここは方丈から庭に向かって撮れるので、多少混んでいても...静かな雰囲気を味わうことは別として...大丈夫ですね。
庭園も広く、紅葉の時期だけではなく、春の桜、夏の若葉、冬の雪景など、季節にかかわらずいい場所ですよ。
一昨年、石庭の油塀の葺き替え直後は何だか浮いた様な感じでしたが、しっとりした雰囲気になってきたようですね。

金閣寺...私も4、5年は行ってないなぁ...
雪のときに行ってみたいです。

Kazuさん、こんにちは。
私もアポズミを購入時、すでに 80/1.4 とアポマクロを持っていたので迷ったのですが、購入して良かったです。このレンズ、ホント素晴らしいです。恐らく所有している R ユーザーは皆さん誉める事はあっても、悪く言う方はいらっしゃらないと思います。お薦め致します。
ライカ R のスクリーンって必ずしもピン山が掴みやすいとは言い難いのですが、アポズミはピン山の切れが素晴らしいです。多分、いろいろな収差が補正されているからだと思います。

大阪から京都が近いように、私の住んでいる横浜から鎌倉は近いので案外行かないのですね。鎌倉は観光地としても人気がありますが、灯台下暗し・・・という感じでしょうか。

ボン村上さん、こんにちは。
此処はホント良かったです。二日ともアドバイス頂いた場所が良かったので、大変感謝しております。雪の京都も風情があっていいでしょうね。一度撮影してみたいです。雪の金閣寺、いいなぁ・・・。

KONDOHさん、こんばんは。
アポズミの解説ありがとうございます。なにか無性に欲しくなってきたな(^^; ご存じのようにM8購入以来私はライカ沼にどっぷりの状態で、最近はズマリットに逝ったりして散財状態(笑)でも逝きたいなぁ・・・。

Kazuさん、こんばんは。
アポズミを入手してから一年以上経ちましたが、入手して良かったと思っております。いずれ、是非逝って下さいませ。

こんにちは。
カメラを構えると日が陰る。僕も時々経験します。イイと思った瞬間にカメラを構えて瞬時にシャッターを切らないとダメなのかもしれませんが、そんな木村伊兵衛さんのようにはいきません。だいたい見とれている間にチャンスを逃すんです。
金閣寺の写真、確かによくみる絵ですが、それでもやはり美しいですね。一度は実物を見てみたいです。

ビワさん、こんばんは。
如何にシャッターチャンスを逃さないようにするか・・・ですよね、写真は。今回は周りの人たちと一緒に素晴らしい光景に思わず見とれてしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都紅葉撮影 その一 | トップページ | 京都紅葉撮影 その三 »