« 高層ビル | トップページ | Mac Pro »

2008年1月12日 (土)

ヴィヴァルディ「四季」

Vavaldi_2

クラシック音楽ファンならベートーヴェンの「運命」と同じくらいポピュラーな曲なので、先ず知らない方はいらっしゃらないと思います。耳タコになっていて、もう聴きたくない・・・なんておっしゃる方もいらっしゃるでしょう。実は私もそうです。

ところが最近車の中で良く聴いているのがこの曲。演奏は写真のチョン・キョンファのヴァイオリンと指揮、セント・ルークス室内管弦楽団。女流ヴァイオリニストのチョン・キョンファは私にとって大のお気に入りのアーティスト。発売されるレコード、CDはすべて購入して来た。やや線の細い音色ですが、その美音と節回しに長年魅了されております。当然このCDも大分前に発売と同時に購入しており、購入時に一度聴いてラックの中に収まっている。

当時、車の中でも聴けるようにとCDを焼いてケースの中に入れて置いたものの、あまり聴く機会もなくそのままになっていたのですが、最近聴き直してみたらすっかり気に入ってしまい、ここ二週間くらい繰り返し聴いている。購入当時は「え、チョン・キョンファがヴィヴァルディの四季?」と思ったものですが、最近はさすがにチョン・キョンファらしい素晴らしい演奏だ、と聴き飽きている「四季」がとても新鮮に感じているのです。

私が初めて聴いたヴィヴァルディの「四季」はご多分に漏れずイ・ムジチ合奏団によるフィリップス盤。随分昔ですがフェリックス・アーヨが独奏ヴァイオリンを担当している超ベストセラー盤。見開きのジャケットには全曲のスコアが付録に付いているという豪華版。そのスコアで音符を追いながら何回もレコードを聴いたものでした。当時、室内管弦楽団で「四季」を録音しない団体は無い、と言っても良いくらいで、いい加減食傷してしまった。

しかしチョン・キョンファによるCDはまるで初めて聴くかのような演奏で、「春」の第一楽章の一音から水温む日を待ち兼ねたような爽やかな全合奏から始まる。艶やかなヴァイオリン・ソロは蠱惑的と形容したいほどの音色で、車を運転しながらも聴き惚れてしまう。で、カーオーディオで何度も聴いているのに自宅のオーディオ装置でも再び聴きたくなり、改めて全曲を自宅で聴きました。やはりチョン・キョンファの演奏は並外れたものと再認識。

そうそう、もう大分前の事ですが、ジャズしか聴かないというゴリゴリのジャズ・ファンの友人に拙宅でチョン・キョンファのヴァイオリンを聴かせた事があるのですが、友人はその後チョン・キョンファのレコードを買い漁るようになり、しきりに私に「いいよ〜、いいよ〜、しっとりした美音は何とも言えないね〜・・・」とすっかり彼女のファンになってしまった経緯があります。そういえば最近、彼女の新録音が出て来ないなぁ・・・。

« 高層ビル | トップページ | Mac Pro »

コメント

 チョン・キョンファ、聞いてみたいです。
 繰り返しますが、KONDOHさん、是非「解説者」の道へ。

僕はアーヨではなくロベルト・ミケルッチの時代のイ・ムジチの演奏会に行ったことがあります。
アーヨのゆったりとした演奏に比べるとミケルッチの神経質そうな演奏にイ・ムジチの演奏ではないと中学生の僕は感じてしまいました。
バロック期の音楽は原則古楽でしか聞きませんが、四季だけはアーヨ、カラヤン、アカデミーの3枚は持っています。
キョンファの演奏は聴いたことがありませんです。

pyosidaさん、こんばんは。
チョン・キョンファは名盤揃いですが、私が好きなレコードはシベリウス、ブルッフ(二種ある旧録音)、サンサーンスの各協奏曲(以上、英デッカ)、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ、それと小曲を集めた「Souvenirs」(以上、英EMI)などです。
いつもお褒め頂いてますが、雑誌の評論家と違い、ただ単に好き勝手書いているだけであります。

ritomoさん、こんばんは。
ミケルッチが独奏を担当してからはアーヨ時代とはうってかわって、テンポの速い落ち着きのないものに変身してしまいましたね。まさにおっしゃる通り、神経質な演奏でした。
バロック音楽は80年代くらいから徐々に古楽器による演奏団体が台頭して来ましたが、私は何故か古楽が苦手なんです。そういえばカラヤンが四季のレコードを出した時はビックリ仰天でした。カラヤンよ、お前もか! という心境でした。(笑)

 チョン・キョンファ、HMV Japanで検索して、サンプルを聞きました。イ・ムジチのは見ることはできませんでしたが、他のものは色々ありました。
 バッハの無伴奏ソナタもありました。サンサーンス、聞きたかったのですが、試聴できず残念でした。

彼女の録音は駄盤がありませんので、どれも楽しめると思います。バッハのソナタも若き日の録音ですが、いいですよ。私はレコードで持っています。サンサーンスはヴァイオリン協奏曲第3番ですが、これも若い時の録音です。カップリングのヴュータンもいいです。なんかいいです、いいですばかりで・・・。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高層ビル | トップページ | Mac Pro »