« 来年への期待 | トップページ | 初撮り »

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
昨年三月に本ブログを開設して以来、夏の旅行中に二日間だけお休みを頂きましたが、毎日続けられたのはひとえに皆様のお陰と感謝しております。本年もまたどうぞよろしくお願い致します。

Cd

さて、昨年最後の買い物(昨日の大晦日)は上記写真の DVD と CD でした。左側のボックスものは、故 朝比奈隆氏が NHK交響楽団を指揮したライブ映像を DVD 化したもので、DVD 6枚と特典の CD が 2枚付いています。NHK エンタープライズからの発売で、曲目は朝比奈氏十八番のベートーヴェン、ブルックナーです。いや~・・・、ファンとしては涙が出るほど嬉しいものを発売してくれました。これからじっくり楽しみたいと思います。

右側上の CD はフルトヴェングラーが指揮したバイロイトでの第九です。これは本ブログの昨年 7月 28日付けで紹介しました、ドイツ・バイエルン放送局が最近発見した、まさしくバイロイトでの編集無しの実況録音テープを CD 化したものです。このテープが発見された事によって従来から名盤として聴かれて来た英 EMI のバイロイト盤はリハーサルとライヴを繋ぎ合わせたテープではないかと疑われてしまったわけである。

最初、新発見のテープはフルトヴェングラー協会が会員の為に研究目的で CD 頒布されたのですが、ようやく独オルフェオから正式に一般発売されました。それが上記写真の CD です。毎年 12月になると各地でベートーヴェンの第九交響曲が演奏されますが、私はここ数年自宅でレコード、或いは CD で大晦日の晩に聴くのが習慣になっており、昨年大晦日(と言っても昨日ですね)はこの CD を聴きました。全曲を聴き通してから英 EMI 盤と違いを指摘されている部分を改めて聴き比べてみました。なるほど新聞記事の通りで、やはりこれが正真正銘の切り貼りの無いライヴテープなのかな・・・と、感じました。しかしこれまた嬉しい音源が正規に発売されて良かったです。

もう一枚は 1960年代初期、ジョン・コルトレーン・カルテットのピアニストとして名を馳せたマッコイ・タイナーがリーダーとして米インパルスに録音した「リーチング・フォース」というピアノ・トリオ盤。限定盤として税込み 1,000円として発売されています。昔、友人宅で米インパルスのオリジナル盤で聴かせて頂いた事があり、その時はなかなかいいなぁ・・・という印象が残っており、およそ二十年振りにこの演奏を聴いたのですが、可もなし、不可もなし、という感じでした。当時と今の感受性の違いが原因でしょうかねぇ・・・。

とまぁ・・・、ブログのタイトル通り、今年も自由気まま、勝手気ままにカメラ、音楽、映画と書き綴って行きたいと思いますので、改めてよろしくお願い申し上げます。

« 来年への期待 | トップページ | 初撮り »

コメント

あけまして、おめでとうございます! 見ると一番乗りでした。(笑)
本年も どうぞ、宜しくお願い致します。 m(__)m

KONDOHさん、明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします。
マッコイ・タイナーはかなり聞いています。青年期には『Atlantis』『Enlightenment』が好きでしたが、いまだと聞けても『Echoes of a Friend』くらいですね。
まだコルトレーンと演っていたときの方がマトモだったなあとか・・・自分が歳をとったからかもしれませんね。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
僕もカラヤンの第9を聞いてしまいました。
今年も一緒に遊んでください。

miyackさん、明けましておめでとうございます。
一番乗り、有難うございます。
本年もよろしくお願い致します。

クッチさん、明けましておめでとうございます。
マッコイ・タイナー、昔聴いた時とイメージが違うので戸惑いました。若い時と今とでは感受性が違うからなのでしょうね。歳は取りたくない・・・(笑)。
本年もよろしくお願い致します。

ritomoさん、明けましておめでとうございます。
カラヤンの第九ですか。一年の締めくくりに第九って、日本だけの行事のようですが、なんか相応しい楽曲だと思います。
本年もよろしくお願い致します。

吹奏楽少年だった中学生の頃、沖縄であった九州大会に朝比奈さんがいらっしゃって、我々の演奏に「A」(最上級)の評価を下さいました。それ以来のファンでありました、、、。
マッコイ・タイナー (p) は、名人芸ですね。リリシズムよりもモーダルな進行で一気に弾きまくる、、、そういう感じであります。

新年あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げます。

新年早々カメラではなくて音楽の話題のようですが、私も昨年末にCDを購入しました。もともとジャズはBill Evansのコレクターなので一つはコレクターアイテム「Tony Scott & Bill Evans A day in New York 」、もう1枚はKeith Jarrett,Gary Peacock,Jack DejohnetteのTrioによる2001年のMontreuxでのライブ盤でした、Four,My Foolish Heart ほかスタンダードナンバーがずらりの2枚組です。相変わらずうなり声は混じりますが、随分と少なくなりました。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
大阪は寒いです。正月寒波のようです。

あけましておめでとうございます。
旧年中はいろいろお世話になり有難うございます。
デジタルから大判まで精力的なKONDOHさんには頭が下がります。
本年も変わらず御付き合いの程よろしくお願い致しますm(_ _)m

KONDOHさん、あけましておめでとうございます。今年も、カメラ、音楽、写真などなど気ままに楽しめたら良いと思ってます。私は、ローライで四角い写真を沢山撮りたいです。デジタルは、SLRは様子見ですけど、四角い写真が撮れるGR-DⅡを注文してしまいました^^;;
今年もよろしくお願いします。

野本さん、明けましておめでとうございます。
おお、朝比奈さんにAの評価を頂いたのですか。素晴らしいです! トランペットを吹ける野本さんが羨ましいです。マッコイ・タイナーは結構好き嫌いが分かれるピアニストだと思いますが、今回のCDはまた聴き直します。今年もよろしくお願い致します。

tamuraさん、明けましておめでとうございます。
ジャズがお好きだとは知りませんでした。ビル・エヴァンス、私も大好きです。若い時は良さが分からなかったのですが、今は良く聴きます。今年もよろしくお願い致します。特に撮影オフで・・・。

Kazuさん、明けましておめでとうございます。
暮れから一気に寒波が来ましたので寒いですね。今年もライカネタで楽しみたいです。どうぞご自愛下さいませ。今年もよろしくお願い致します。

colb-wtさん、明けましておめでとうございます。
デジタルから大判、いえ・・・単なる物好きであります。興味を持つと何でも自分で試さないと気が済まない性格が災いして、もう大散財しております。今年もよろしくお願い致します。

スカルピアさん、明けましておめでとうございます。
今年はローライ二眼に是非逝きたいと思います。GR-D II に逝きましたか。使用感などまたお教え下さいませ。今年もよろしくお願い致します。

kONDOHさん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
ところでカメラ・映画その他、KONDOHさんの博識には唸りっぱなしです。特にクラシックの造詣の深さにはもう目が点です。私もクラシック少しかじるのですが、何も語れません(笑)。でも第九はその奥深さに聞くたびにつねに示唆を受けています。ちなみにお恥ずかしいのですが私はだいぶ前のフィリップス盤ハイティンク&コンセルトヘボウの全集の第九を愛聴してます。

itamuraさん、明けましておめでとうございます。
ブログは好き放題書いているだけであります。ハイティンク/コンセルトヘボウのベートーヴェン全集は私もレコードで嘗て持っていました。やや速めのスッキリとした解釈のベートーヴェンでしたね。一時、所有していたレコードを大量に処分した際、一緒に手放してしまいました。それでも手元に今1000枚ほど残っております。(笑) 今度はCDが溜まって来ています。もう、どうしようもないです。音楽も好きなんで・・・。
本年もよろしくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

秋津さん、明けましておめでとうございます。
すっかりご無沙汰しております。お元気でしょうか?
本年もよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 来年への期待 | トップページ | 初撮り »