« ノスタルジー | トップページ | ライカ M8 と・・・(2) »

2008年2月26日 (火)

ライカ M8 と・・・

H28mm

気が付けばライカM8を入手したのが一昨年の12月26日なので、今日で早1年2ヶ月が経過した事になる。思えばマゼンタ被りで騒がれているのを承知で購入したわけで(勿論私だけではないですが)、当初はそのマゼンタ被りを同梱されていたRAW現像ソフト、Capture One LEのマゼンタ被り軽減プロファイルを当てて処理していた。

その後、独ライカ社よりUV/IRフィルターが航空便で送られて来た。しかし、そのフィルターを装着して撮影すると今度は広角レンズでシアンドリフトが発生。これを軽減する為には6bitコードが刻まれている対応レンズが必要と、随分手間が掛かるデジタルカメラでした。手持ちレンズをライカ社で6bitコーディングされたマウントと交換して頂くと、レンズ一本で一万数千円も掛かる。ホント手間もお金も掛かるカメラです、M8は。よくこんなカメラと付き合うものですね・・・。(笑)

しかしそれでもM8が気に入っているのですが、何故なんでしょうねぇ・・・。ボディの作りが気に入っているから? ライカ純正レンズに惚れているから? 画質が良いから?
どれも当たっていますが、正確には「ライカが好きだから」が正解なのでしょうね。(笑)

DATA : LEICA M8 + M-HEXANON 28mm/f2.8、SILKYPIX 3.0

« ノスタルジー | トップページ | ライカ M8 と・・・(2) »

コメント

 うわぁ、すごい写真ですね。
 よい被写体、カメラとレンズ、技術だと思いました。

 私などは、力量が伴わないので、M8に触れても大丈夫かと思っております。

M8は本当に魅力的なカメラですね。
私もM8購入以来、強烈なライカレンズ沼にはまりましてライカレンズを物色して、散財しました(笑)
でも、M8でそのライカレンズで写真を写しているときが何とも言えず、楽しいものです。マゼンタ被りの一件がありましたが、それでもなお、M8は人を惹きつける何かがあります。私もKONDOHさんと同じく、「ライカが好きだから」というのが正解なのかも知れませんね。

pyosidaさん、こんにちは。
M8は素敵なカメラです。pyosidaさんは5DでライカRレンズを楽しんでおられますが、次は是非M8の良さも享受してみては如何でしょうか?

Kazuさん、こんにちは。
KazuさんのライカM&Rレンズの入手ペースは凄かったですね。それだけライカは人を魅了するものが有ると言う事だと思います。ライカ沼、嵌るとなかなか抜け出せないですね。

ライカM8が今年の9月のフォトキナでフルフレーム・アップグレードするという噂がネットで流れています。
http://www.amateurphotographer.co.uk/news/Leica_Camera_sacks_CEO_Steven_K_Lee_news_182225.html
今思えば、これは私の想像ですが、ズマリットシリーズの広角レンズが35mmであったのもその伏線だったのかも知れませんね。フルフレームになるとブライトフレームも従来のものとなると思いますので、楽しみなことだと思います。

M8に関してはコメントのしようがありません。KONDOHさんのおっしゃるとおりですから(^^;)

Kazuさん、こんばんは。
フルフレームのアップグレードですが、実現したとしたらどのくらいの金額になるものですかねぇ・・・。勿論大歓迎ですが、自分が出せる金額かどうかが・・・。(笑)

ritomoさん、こんばんは。
M8は手が掛かりましたが、それに見合う成果を出してくれる素晴らしいデジタルカメラだと思います。

こんにちは。
これはどこで撮影されたのですか。相当に気合いが入った「壁画」ですね。
ライカ(特にM)は車で言えばフェラーリみたいなもので、国産車と同じレベルで論じてはいけないですね。手間がかかるほど愛おしいというか。
アップグレードですが、フォビオンのフルサイズだったら広角もバッチリなんですけどね。通常のセンサーだと厳しそうです。

やはり、1回目のは書き込まれていました。たまにあるんですよ。申し訳ありませんが、後の方を削除していただけると助かります。

ビワさん、こんばんは。
お手数掛けました。時々サーバーのせいでしょう、私もブログ更新時にアップ出来なかったと思って再度アクセスすると同じ記事が二度アップされたりします。
さてライカ、おっしゃる通りで、国産カメラとは同列に論じられる製品ではないです。しかし国産では味わえない良さも持っているのがライカでして、嵌ると抜け出せなくなります。(笑)
M8のフルサイズ化ですが、技術革新で案外可能になっているのかもしれません。まぁ、気長に待つ事に致します。
写真の撮影場所ですが、横浜・桜木町のガード下です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノスタルジー | トップページ | ライカ M8 と・・・(2) »