« コダクローム | トップページ | 次世代光ディスク戦争 »

2008年2月17日 (日)

光メディアの寿命

先日、朝日新聞に一般消費者がデジタルコンテンツなどを保存するのに使用しているDVDなどの光メディアの寿命について、とても興味深い記事が掲載されていた。私がこの記事を最初に知ったのは、自分が使っている携帯電話でした。この携帯電話の液晶にはテロップのようにニュースが流れているのですが、そのテロップでこの記事をたまたま眼にしたのです。

その記事(実験)によると我々が家庭用ビデオカメラやデジタルカメラで撮影したコンテンツを保存しているDVD-R、-RW etc...といった光メディアの寿命(読み出し)にはメーカー間に大変な格差があるとの事。実験結果によると長いもので「永遠」、短いものではなんと「数年」で読み出しが出来なくなるそうです。平均的に台湾ブランドのものは寿命が短いようですが、それでも最近は日本ブランドの台湾製が多くなっており、そういったものはかなり品質が良いようです。

ただ同一ブランドのものでも品質にバラツキがあり、出荷時点で水準以下の品質のものも市場に出回っているとの事。台湾ブランドのものの中にはエラーが多過ぎて実験すら出来ないものがあったようで、やはり日本製、或いは日本ブランドの台湾製を選んだ方が無難なようである。ただしその日本製もメーカー間でバラツキがあるようで、何処のメーカーが「永遠」の寿命を持っているかは我々ユーザーが想像して購入するほかないようである。

ちなみに私は国内某メーカー製は絶対買わないようにしている。そのメーカーはもちろん誰でも知っている全世界的有名ブランドメーカーです。理由はカーステレオ用に焼いたCD-Rが一年程で雑音混じりになったり、読み出し不能になったりしたからである。もっとも同社現行のCD-R、DVD-R等の品質は分かりませんが、もうそのメーカー製を購入する勇気はないですねぇ・・・。

ちなみにカーステレオ用のCD-Rは車にずっと置きっぱなし(汎用のケース入り)なので、かなり過酷なテストをしている事になりますね。真夏の車中は相当な高温多湿になりますから。しかしそういう過酷な状態の中でもそのメーカー以外はまったく不具合は出ていません。

ただ私の場合はデジタルカメラなどの画像バックアップのために光メディアは使っていません。CD-Rは音楽CD用(もちろん個人利用)、DVD-R、Blu-rayなどはデジタル放送で放映された映画を録画するのに使用しています。デジタルカメラで撮影した画像についてはすべて外付けハードディスクに保存しています。現在は 1TBをメインにしていますが、これには500GBが二台内蔵されておりますので、ミラーリングで保存。その他にも三台の外付けがあります。しかしハードディスクも消耗品ですから数年経ったら新しいものに移し替えが必要なんでしょうね。結局完全なものはないですから、常に新しいものへと移して行くのがベターなのでしょうか・・・。

余談ですが、次世代光ディスクで孤軍奮闘していた東芝さんがHD-DVD事業の撤退を示唆する発言をしたようで、昨日のニュースになっていました。まもなくどういう形で撤退するかを正式発表するようですが、米大手映画産業のほとんどがBlu-ray支持を掲げている現在、HD-DVD方式が窮地に立たされるのは仕方ないのでしょうね。東芝さんはHD-DVD事業から撤退すると数百億円の損害になるそうです。今思えば一時期ソニー、松下両社のBlu-ray陣営と手を結んで次世代光ディスクを統一する案が出ましたが、結局東芝さんが蹴ったために物別れに終わったようで、手を結んでいれば・・・という結果になったのでしょうか・・・。

« コダクローム | トップページ | 次世代光ディスク戦争 »

コメント

メディアの再現性や劣化に関してはこれまでもいろいろと書かれていますが、元のデバイスが陳腐化する問題もあって結局は決定的なモノはないのでしょうね。
もし迫られるのなら私も外付HDでミラーリングにします。現在はミラーリングにはしていませんが一応HDに待避しています。
私の場合はネガがあればとりあえずなので、飛んでも諦めがつきます(^^;)
それより音楽CDの寿命が気になりますね。

デジタルメディアの保存性については、耐久性以外にもいろいろ問題があるようですね。
ある世界的な博物館がデジタルアーカイブを製作しようとしたのですが、膨大な資料をデータ化しているうちにCDやDVDの規格じたいが時代遅れになって読み出す機器自体がなくなってしまうのを恐れて製作を当分中止したらしいです。
やっぱり最後まで残るのは、アナログなのでしょうね(^^;)

クッチさん、お早う御座います。
ハードディスクもインターフェースが変わる可能性もありますので、これも完全ではないのかもしれません。まぁ、あまり難しく考えると何も出来なくなってしまいますので、結局今あるものでやるしかないでしょうね。ミラーリングしてあれば片方が逝ってももう一台残りますので。音楽CDについては誰も分からないというところが本当なのだと思います。

colb-wtさん、お早う御座います。
おっしゃる通りで、すでに現行のDVDは終焉を迎えようとしていますからね。今のところは上位互換で次世代光プレイヤーで読み出し可能ですが、いつまで続くか分かりません。アナログは不滅ですね。

こんにちは。
CD-RやDVD-Rなどは有機系の材料を使っているので、熱や紫外線には弱いですね。RW系やDVD-RAMは無機材料を使っているので比較的安定していると思いますよ。あと、MOは磁気で記録するので非常に長い時間放置しておくと磁気が弱まりますが、熱には非常に強いですね。

ビワさん、こんばんは。
なるほどそうでしたか・・・。MOは嘗てはバックアップメディアとして活躍していましたが、今は大分ユーザーが減っていると思います。実は私もなんとSCSI接続のMOドライヴを未だに持っています。いえ、今は元箱に入っていて使っていないのですが・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コダクローム | トップページ | 次世代光ディスク戦争 »