« 梅の季節 | トップページ | シグマ DP1 »

2008年2月 2日 (土)

超弩級レンズ?

2470

年内発売を発表したソニーさんのフルサイズ機。その他PMA08ではα200、α350や交換レンズなど、一気に新製品を発表し、意気の上がって来た同社。今回の新製品の中でも興味を惹かれたのが上記写真のレンズ、Carl Zeissブランドの大口径標準ズームレンズ Vario-Sonnar T* 24-70mm/f2.8 ZA SSM ですね。AFには超音波モーターを内蔵しているので、ジーコジーコと音を立てる事もない。

重さは955gでフィルター径は77mm。定価は252,000円(税込み)。ニッコールの24-70mm/f2.8Gの重さは900gなので、更に重い事になる。しかしそれにしてもこの堂々たる姿はなんと形容したら良いのでしょう。もう少しデザイン的にはなんとかならなかったのだろうか、と思ってしまう。発売が予定されているフルサイズ機に装着した姿はさぞかし目立つ事でしょうね。どんな描写なのか大変興味があります。フルサイズ機、どのくらいの価格で発売されますかねぇ・・・?

« 梅の季節 | トップページ | シグマ DP1 »

コメント

僕の心配はNIKKORと中身が同じじゃないかと言うことです。

まさか^^; ZeissとNIKKORが中身が同じ?!

ritomoさん、スカルピアさん、こんにちは。
レンズ構成を調べたら全く違ってました。構成枚数、EDレンズの枚数、非球面の枚数、それぞれ違いますので、関係はなさそうです。

KONDOHさん、こんにちは。
良かったです。近頃は、外注流行だからあり得ると思いましたけど、いくら何でもZeissとNIKKORが中身が同じじゃシャレにならんですよね^^;

スカルピアさん、こんばんは。
私の勝手な想像(根拠無し)ですが、コニカミノルタ時代の設計者によるものが基本ではないかと思っているのですが・・・。どうなんでしょうかねぇ・・・。

KONDOHさん、今晩は。
プラナー85/1.4ZAは、ミノルタのレンズと同じらしいので、このレンズもその可能性がありますね。ミノルタにはなじみが無いのでピンと来ませんが、使うと良いレンズなんだろうな〜

もともとミノルタンなおいらとしては、ここまでの話の流れ気になるなぁー(^ω^)

スカルピアさん、raotaさん、
85/1.4ZAはミノルタ時代、限定で発売されたリミテッドレンズとほぼ同じらしいですね。ツァイスオリジナルで24-70/2.8が出るとはどうも考えられないです。
もっとも何処が設計してもツァイスが認めればツァイスレンズだと思います。そしてライカも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅の季節 | トップページ | シグマ DP1 »