« 津和野 | トップページ | ノスタルジー »

2008年2月24日 (日)

秋芳洞

Akiyoshi_01

昨日の津和野に続いて今日は山口県の秋芳洞。秋芳洞は秋吉台の地下100メートルの地下に在る鍾乳洞。国の特別天然記念物に指定されている東洋最大規模の鍾乳洞だそうである。もちろん私は初めて入りました。この鍾乳洞を見学した後に昨日の津和野に行ったのでした。もう二年半の月日が経っています。

Akiyoshi_02

Akiyoshi_03

まぁ、とにかく中に入ってビックリで、自然の力というものは凄いですね。

Akiyoshi_04

鍾乳洞、鍾乳石について調べてみたら、鍾乳洞とは石灰岩が雨水、地下水の浸食で出来た洞窟で、つららのように出来ているのが鍾乳石と言われるもの。そんな事、今更調べるまでもなく常識! なんて、言わないで下さいね。(笑)

天井から落ちたしずくがまた洞窟の底で再結晶化が始まり、そこから次第に石灰岩が隆起し、それが高く成長したものを石筍というそうです。で、上から伸びて来た鍾乳石と下から上がって来た石筍が繋がると石柱と呼び、鍾乳石が1cm成長するのに約70年、石筍は約130年を要するというのだから大変な年月が掛かるものですねぇ。改めて自然の驚異を感じます。二枚目の写真が石筍で、三枚目の写真右端が石柱だと思います。秋芳洞の中ではあちこちにこういった現象を観る事が出来ます。

Akiyoshi_05

この写真は鍾乳洞から流れ出て来た水が川のように流れて行くところを撮影したもの。修学旅行の勉強を兼ねた見学をした思いの秋芳洞でした。

DATA : Canon EOS Kiss Digital N + EF-S 18-55mm/f3.5-5.6 USM

« 津和野 | トップページ | ノスタルジー »

コメント

KONDOHさん、おはようございます。
秋芳洞は定番ですが、近くの大正洞も魅力的ですよ。若い頃、この近くに住んでたので津和野同様、よく遊びに行きました^^

スカルピアさん、こんばんは。
大正洞は申し訳ありません、知りませんです。小さい頃の遊び場所ですか、凄いですぅ。

こんにちは。
秋芳洞は行ったことがあります。ここを見ていると、人間の歴史なんてチッポケなものですね。
人間が長い歴史を歩んできたと言ったところで、石柱や石筍にしてみれば、ちょっと伸びただけ。
富や権力を手に入れたところで、ほんの一瞬のできごとなのに、人間ってバカだなあと思ってしまいます。

ビワさん、こんばんは。
確かにおっしゃるように人間の営みは自然界の長い歴史に比べればちっぽけなものですね。
秋芳洞のような大きな鍾乳洞を歩くと、ただただ自然界の不思議さに眼を奪われます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 津和野 | トップページ | ノスタルジー »