« EOS Kiss X2 その二 | トップページ | 秋芳洞 »

2008年2月23日 (土)

津和野

Tsuwano_01

昨日は本ブログの「カテゴリー」を編集していたら操作をミスしまして、各カテゴリーでリンク切れを発生させてしまいました。一時的にトップページを含めて表示がおかしくなりましたので、アクセスして頂いた方にはご迷惑を掛けました。各カテゴリーのリンクにつきましては昨年7月まで修正し終わりました。残りも早めに修正致します。

で、細かいリンクの修正をしていたら少々疲れてしまったので、外付けのバックアップ用ハードディスクのファイルを眺めるともなしに眺めていたら、懐かしい旅行時の写真が出て来ました。広島、山口、島根を廻った時の写真で、この旅行一番の目的地、「津和野」です。お馴染み山田洋次監督の大ヒット作品「男はつらいよ」シリーズ中の一本で、吉永小百合さんがマドンナ役で二回目(同じ役)の出演となった「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」で、島根県の津和野が出て来ます。もう大分前の作品なんですが、この映画を見た時に「一度、津和野に行ってみたいなぁ」と思い、ようやく実現したのが2005年の9月。

Tsuwano_02

この写真の場所が吉永小百合さん扮する歌子が寅さんに悩みを打ち明けるシーンで使われたのです。前作で親の反対を押し切って結婚し津和野に来たものの、最愛の夫が急死し、図書館で働きながらも義理の母との気まずい生活の毎日。そういう時に小さな食堂へ催し物のポスターを貼りに来た歌子がなんと寅さんとバッタリ偶然の再会(映画ですからね(^^;)。嬉しさのあまり涙ぐみながらも大喜びの歌子。で、寅さんと二人で閑静な津和野の町を歩くのですが、此処でのシーンが何故かずっと頭に残っており、一度行ってみたいと思っていたわけなのです。

実は私だけでなく、この映画が公開されてから「津和野」は一気に有名になり、若い女性の皆さん初め、観光客があっという間に増えたのですから映画の影響は大きいですね。調べてみたら映画は1974年8月の公開でしたから、映画を観てから実に31年後に津和野に行く事が出来たのですね・・・。(笑)

DATA : Canon EOS Kiss Digital N + EF-S 18-55mm/f3.5-5.6 USM

« EOS Kiss X2 その二 | トップページ | 秋芳洞 »

コメント

 津和野ですが、12年ほど前に家族で行きました。懐かしいです。
 ただ、その頃はコンパクトのカメラ(誰でも撮れるタイプ)しか持っておらず、写真を撮った記憶もあまりありません。残念です。
 妻が好きなので、もう一度行きたいです。

滅茶苦茶懐かしいですネ
学生時代に行ったきり ~ 何十年前なんだろう(笑)

pyosidaさん、お早う御座います。
津和野は女性に人気の町ですから、是非また奥様をお連れして下さい。

wag-3さん、お早う御座います。
学生時代に行かれましたか。いいところですよね。

KONDOHさん、おはようございます。
津和野は近いので良く行きましたよ〜
大きな鯉が印象に残ってますが、写真が残ってない^^ゞ
桜の季節にスピグラ持って行ってみようかと思ってます。

スカルピアさん、こんにちは。
そうでしたねぇ・・・、津和野はお近くなんですよね。
今度は是非スピグラで撮影して下さい。

こんにちは。
津和野には行ったことがないのですが(萩までは行ったことあります)、写真を拝見すると小京都という雰囲気ですね。鯉が泳いでいるシーン、いいですねえ。

ビワさん、こんばんは。
まさに小京都です。この時萩も行きまして、歴史上の偉人たちの生家なども見学して来ました。
なんと言っても長州は歴史上の偉人を何人も排出している地ですから、やはり一度は見ておくべきだと認識致しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EOS Kiss X2 その二 | トップページ | 秋芳洞 »