« 大気光学現象 | トップページ | モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3、5番 »

2008年3月29日 (土)

朝比奈生誕100年

Asahina_11

今年は故朝比奈隆さん(1908-2001)の生誕100年にあたる年。以前も本ブログで書いているように、私は朝比奈さんの熱烈信奉者です。したがって発売されるレコード、CDはすべて購入して来た・・・つもり。(笑)

お恥ずかしいですが上の写真は朝比奈さんのCD専用キャビネットを写したものです。このガラス扉付きキャビネットには例外の二枚を除いて、朝比奈さん以外のCDは入っていません。例外の二枚とは朝比奈さんを高く評価している音楽評論家(兼合唱指揮者)、宇野功芳氏がオーケストラを指揮したライブCDが手前のスライド棚最下段に入っています。スライド棚の奥にも当然CDが隙間無く入っており、レコードについては隣室に保管しています。朝比奈さんの音源については自分の音楽ライブラリーの中で、唯一のコレクションと言ってもいいかもしれません。

私が16歳でクラシック音楽に興味を持ってから間もなく、朝比奈さんが指揮した(オケは失念しました)ベートーヴェン「運命」の超絶的名演をNHK-FMで聴いてからは、すっかり朝比奈信奉者となってしまい、以後都内で開かれるコンサートには出来得る限り聴きに行き、レコード、CDについては発売されるものは前述のようにすべて購入するようにしていた。お元気だった頃、購入したレコード、CDにはすべて朝比奈さんのサインをジャケットに頂いていた。更にはコンサートで演奏された曲目のスコア(総譜)にもサインを頂いていた。ほとんどミーハーですね。(笑)

今年はカラヤンも生誕100年。各レコード会社が100年を記念して旧録音を再発売している。朝比奈さんと言えばブルックナーとベートーヴェン。日本にブルックナーの交響曲を広めた第一人者と言って良いでしょう。したがってブルックナーのレコード、CDは私でもわけが分からなくなるくらい発売されており、再発売と気が付かずにうっかり購入してしまった事もある。ブルックナーの最高作、交響曲第8番については、渋谷ジアンジアンの経営者が私的に楽しむ為に録音した全集中の一枚が、未だに自分にとってのお気に入りです。コンサートでは勿論圧倒的名演を聴いているのですが、音源では未だにジアンジアン盤を凌ぐものはないと思っている。

今の時代、「テクニックは最高」のアーティストは無数に居ますが、「味」のあるアーティストは極端に少なくなっているのが残念。「味」を「個性的」と言い換えてもいいですが、音楽界のこういう現象はもしかしたら「音楽大学、音楽院」の弊害なのかな・・・とか思っています。

« 大気光学現象 | トップページ | モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3、5番 »

コメント

 コレクション、お見事ですね。
 お世話になっている方で、朝比奈さんという方がいらっしゃいます。雪村いずみさんと遠い親戚にあたると言われていました。
 指揮者の朝比奈さんとも、遠い遠い親戚かも知れませんね。

pyosidaさん、こんばんは。
今思うとお恥ずかしいものをアップしてしまったなぁ・・・と。(笑)
朝比奈隆、チョン・キョンファ、両アーティストのみ発売されたものはすべて購入するようにしています。他は興味を持ったものしか購入していないのですが・・・。

はじめまして。
僕はクラシックにさほど詳しいわけではないですが、朝比奈隆が最晩年にサントリーホールで振ったブラームスの交響曲を聴きました。
とてもいい演奏だったし、アンコールが終わってオケが引き上げた後も、何度も壇上に出てきてファンの拍手に応える姿が印象的でした。

YOさん、はじめまして。
サントリーホールで朝比奈さんのブラームスをお聴きになりましたか。オケが引き上げた後もステージに呼び戻されるのはいつもなんです。若い人に熱狂的ファンが多いのです。
小沢征爾さんも知名度(海外も含めて)では朝比奈さん以上ですが、私にはもう一つ食い足りないんです。演奏が綺麗すぎると言うか・・・。
ブログ、拝見しました。ライカをお使いなんですね。これからもよろしくお願い致します。

朝比奈隆についてはもっと早く知っていたら…と思いました。
実は、僕も小澤征爾は今ひとつです。

もしよかったら、相互リンクお願いできませんでしょうか。

YOさん、リンク致しました。
よろしくお願いします。

ありがとうございました。
よろしくお願いします!

このようなブログ拝見して感激です。
朝比奈さんの伝記を書いている人がいます。中丸美繪さん

タニノギムレットさん、こんばんは。
ご訪問、有り難う御座います。私にとって朝比奈さんはクラシック音楽を聴く上で、神のような存在の指揮者でした。ベートーヴェン、ブルックナーでの名演の数々、本当に素晴らしいものでした。

Dear Sir,

the picture shows a fascinating collection of Takashi Asahina's recordings. I am quite envious.

Moreover, I am thinking that you could help me with your Asahina-knowledge, if you might be inclined to do so: I am putting together a discography of every Beethoven Symphony Cycle ever recorded -- and of course Maestro Asahina holds the record of most LvB cycles recorded. However, I have found it difficult to gather all the relevant information and confirm it. Might you be able to suggest any errors in the information I have so far?

I would be tremendously grateful.

Sincerely, Jens F. Laurson

Takashi Asahina 1 Osaka PO Hirata Kyoko, Ihara Naoko, Hayashi Makoto, Shuichi Takahashi, CHORUS? Green Door? Gakken/Tower

Takashi Asahina 2 Osaka PO Tsunemori Hisako, Tanaka Mamiko, Hayashi Makoto, Toshimitsu Kimura, Osaka Philharmonic Choir JVC Sy.5 replaced with 1982 performance

Takashi Asahina 3 Osaka PO Okura Yukie, Fujikawa Kayoko, Hayashi Makoto, Toshimitsu Kimura, Osaka Philharmonic Choir JVC live

Takashi Asahina 4 New Japan Philharmonic Kiyomi Toyoda, Kyoko Akiba, Makoto Hayashi, Keizo Takahashi, Shin Yukai Choir fontec SACD

Takashi Asahina 5 Osaka PO Junko Ioka, Ihara Naoko, Tetsuya Ohno, Michio Tatara, Osaka Philharmonic Chorus Canyon live? Studio?

Takashi Asahina f ??? ??? JVC 9th from 1996 with Keiko Kataoka, Naoko Ihara, Kazuo Kobayashi, Futoru Katsube, Tokyo Ntl. University of Fine Arts & Music Chorus

Takashi Asahina 6 Osaka PO Okabo Kumiko (Artist), Setsuko Takemoto (Artist), Tsutomu Tanaka (Artist), HayashiMakoto (Artist), Takuya Iwaki (conductor) Canyon CD & DVD

Takashi Asahina 7 individ? Osaka PO, same as Exton

Takashi Asahina 7 Osaka PO Emiko Suga, Ihara Naoko, Kei Fukui, Tatara ?, Osaka Philharmonic Chorus Exton NHK SACD

Takashi Asahina 8 NHK SO Tokyo No Ninth, live? fontec Incomplete 1, 3, 4, 5, 7, Egmont

Thank you very much.

I will answer about the record you asked.

No.1 Kyoko Hirata(S), Naoko Ihara(A), Makoto Hayashi(T), Shuichi Takahashi(Br), Isikawa-ken ongakubunkakyokai gohdohgassyoudan Rec. 1972/12/27 Osaka Festival Hall by Gakusyu Kenkyusha

No.2 Toshiko Tsunemori(S), Mamiko Tanaka(A), Makoto Hayashi(T), Toshimitsu Kimura(Br), Osaka Philharmonic Chor Rec. 1977/12/29 Osaka Festival Hall by JVC

No.3 Yukie Okura(S), Kayoko Fujikawa(A), Makoto Hayashi(T), Kimura Toshimitsu(Br), Osaka Philharmonic Chor Rec. 1985/6/30 The Symphony Hall by JVC

No.4 New Japan Philharmonic Kiyomi Toyoda(S), Kyoko Akiba(Ms), Makoto Hayashi(T), Keizo Takahashi(Bs), Shin Yukai Chor Rec. 1988/12/15 Suntory Hall by fontec

No.5 NHK SYMPHONY ORCHESTRA Keiko Kataoka(S), Naoko Ihara(A), Kazuo Kobayashi(T), Futoru Katsube(Br) Tokyo National University of Fine Arts and Music chorus Rec. 1986/4/25 NHK Hall by fontec

No.6 Osaka PO Kumiko Okabo(S), Setsuko Takemoto(A), Makoto Hayashi(T), Tsutomu Tanaka(Br), Takuya Iwaki (chorus master) Rec. 1977/7/6 The Symphony Hall by Canyon

No.7 Osaka PO Emiko Suga(S), Naoko Ihara(A), Kei Fukui(T), Michio Tatara(Br), Osaka Philharmonic Chorus Rec. 2000/12/29(Disc 1) & 2000/12/30(disc 2) Osaka Festival Hall by Exton

No.8 NHK SYMPHONY ORCHESTRA Beethoven Sym. No.1, 3, 4, 5, 7, Egmont by fontec

that's all.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大気光学現象 | トップページ | モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3、5番 »